2008/7/24

有田川KISU・UNAGI→和歌川BOUZU釣行記  投げ釣り

7月22日有田川 → 7月23日和歌川 中潮
 7月23日は、3連休の代休ということで、釣行を計画。禁煙2ヶ月の記念釣行ものびのびになっており、一発狙いで袋まで走ることも考えたものの前日、淀川夕涼み釣行を強行した疲れも残っていて、断念。近場でいろいろ考えた結果、梅雨も明け、水も安定しているということで有田川のマイポイントで、型物のキス狙いを計画。加えて、下げに変わる9時以降和歌川に転進して大型のチヌを追加と・・・妄想を膨らまし、大阪を出発。前日釣行の際に予約していたエサを受け取り、高速を走らせ有田川右岸のマイポイントに7時半に到着。この場所は、キビレを狙っていて、たまたま見つけたポイントで、16号の丸セイゴに27cm弱のキスが釣れたのが、きっかけでした。それ以来、毎年、26cmオーバーのキスを狙って釣っています。たいした実績ではありませんが、自己記録の27,6cmのキスも一昨年、ここで上げたものです。有田川のポイント解説は、出尽くした感がありますが、ここでキスとはどこにも書いておりませんのでいつ行っても空いています。
 さて、さっそく第1投。3本目の竿を準備していると、今投げた2本目の竿に、コンコンコンとシャープなアタリ。早速来たかな?とあわせて巻き始めると確かに乗っています。手前まで寄せて覗くと・・・うーん残念。小チヌ(キビレ)・・・いわゆるチンチン・ババタレ26・7cmです。お帰り願って再投入。今度は、1本目の竿にシャープなアタリ。結果は、本命のキス。しかし、残念ながら20cmジャスト。針を飲み込んでいましたので、確保。なかなか4本の竿を出せませんが、ようやくすべての竿を投げ終えたところで、また右側の竿にアタリ。これは、またババタレ(マチヌ)26cm。お帰り願って投げ返します。竿を立てかけ、糸ふけを取っていると隣の竿に大きなアタリです。目のさめるようなアタリで竿先が30から40cmほど持っていかれました。次を待っていると暫くして再度、ククーンと竿先をひったくるアタリ。間違いなく乗っています。軽くあわせて慎重に巻き取ります。大アタリの割りに、軽い手ごたえ間違いなく良型のキスです。しかも、手前に来て大型のチヌとは違い重々しくはありませんが結構、激しく抵抗。覗き込むと狙いどおりのキスがついています。慎重に抜き上げると結構な良型です。楽しみに計測すると27.8cm。2mmですがキスの自己記録更新です。期待を裏切らないマイポイントに感謝。
翌日、うれしくて、少し縮みましたが、20cmジャストののキスと並べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
その後は、相変わらずチンチン・ゴンズイと続き、最後にいいアタリで、ウナギ75cmをゲット。これもお持ち帰りです。
クリックすると元のサイズで表示します
 ここで、潮が下げに変わり、タイムアップということでで有田川から和歌川へ転進。
10時、和歌川に到着し、第1投。下げの好時合、この間、1ヶ月の釣行でパーフェクトの実績ポイント。しかも、狙い通り自己記録の大型キスを確保してのマチヌ狙い。絶対の自信で、フグの猛襲をものともせずルンルンで投げ返します。しかし、・・・投げ返せど投げ返せど、フグの猛襲・・・。結果釣れたのは、ウミヘビ・ゴンズイ・フグのみ。チンチン・ババタレにも見放されての完全BOUZU。自信を木っ端微塵に粉砕されて午前2時、エサ切れ納竿、帰宅しました。投げ釣りはホント、むつかしいですね。
 朝、ん?昼起きると私を待ち構えていたのは、我が家の同居人アンド山の神!土用の丑にあわせて、持ち帰った天然物のウナギの蒲焼とキスのお造りを嬉々として、しかも、あっという間に腹におさめてしまいました。もちろん、さばくのも調理するのもすべて私ですが・・・。ウーーワン!
にほんブログ村 投げ釣り
釣り情報ポータルFish/up

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2

2008/7/22

新淀川夕涼み?釣行記  投げ釣り

 さて、世間は梅雨明け3連休、夏休みということで、高速は大渋滞。皆さん夏を満喫しているのを尻目に、私は、3日連続で仕事。
 ということで、本当は、釣行報告はなしという予定だったのですが・・・連休最終日、仕事が早めに切り上げられることになり、エサを予約。翌日も仕事ですから、上げから下げにかわる9時半までの限定で、新淀川で夕涼み釣行を強行してきました。
 エサを仕入れて、新淀川到着が5時半。まだたくさんの人が釣りを楽しんでいます。偶然にも、1ヶ所、空いており、入らせていただいて釣り開始。周りで遠投している人はいませんのでお祭りはないとは思いましたが、風がきついのでとりあえず2本でスタート。まだ夏の日差しが残っており、ウナギ狙いの隣のおっちゃんとのんびりとお話。「昨日は、キビレも良く上がっていたが今日はこんな〜。風きついしあかんのとちゃうか?」などと言われガックリしていると強風の中左側の竿が微妙な動き。そのうち、道糸がスーッと風に流されていきました。アタリやと思いあわせると乗っています。テトラに出て、大きな抵抗もなくよってきた魚を確認するとキビレではなくマチヌでした。あまり大きくもないので、ゴボウ抜き。計測すると36cm。おっちゃんにあかんでと言われ少し落ち込んでいたのですが一安心。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、その後が続きません。ようやく日が傾き暗くなりはじめますが、好時合いにもかかわらずアタリなし。その後、すっかり暗くなり、釣り人も少しづつ少なくなったので、竿を3本に、更に4本に増やしました。それでも、アタリなし。隣のおっちゃんも、先帰るでと言って家路に着きました。新淀川ではこの時期、真昼間でもキビレが、がんがん釣れることがあるのに、しかも、上げの好時合いに音沙汰なしとは、いったいどないなっているのか?などとぼやきが出ます。9時半の上げの時合いのタイムアップが近づき、新淀川ならという絶対の自信が揺らぎかけた9時前、ようやく、待ちに待った待望のアタリがでました。右から2本目の竿先がグングンと入りました。待っているとさらにグイと竿先を持っていきます。あまり大きくはありませんが、待望のキビレです。ゴンゴンとキビレ特有の力強い抵抗を楽しみ、ぬき上げて計測。36cmのギンピカのキビレです。
クリックすると元のサイズで表示します
 そこから、30分はアタリが連発。投げるとすぐあたるということもあり、しかも、あたっても乗らないこともあるということで、汗だく。35cmと36cmのキビレを追加して9時半予定通り納竿。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 結果は、4時間で35から36cmのチヌ1、キビレ3のランク魚計4匹。型に不満は残るものの期待を裏切らない新淀川夕涼み釣行に大満足でした。
 
にほんブログ村 投げ釣り
釣り情報ポータルFish/up

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1

2008/7/17

またまた、和歌川釣行記 その4  投げ釣り

7月14日 中潮 
 またまた、和歌川釣行・・・ドジョウ4匹目!?

 本来なら、禁煙2ヵ月記念釣行を予定。しかし、翌日の休みは、延ばし延ばしにしてきた我が家のボウボウ状態の庭木の剪定をしなければ、山ノ神が怖いということで、記念釣行は持ち越し。半夜釣行で、のんびり淀川でキビレ爆釣・・・というのも考えましたが、結局、和歌川でチヌ=クロダイ狙い。キビレは、結構ねらって釣れるのですが、チヌを狙って釣るのは結構むつかしいので、釣れたクロダイではなく、釣ったクロダイをめざして和歌山へ。
 仕事を早めに切り上げて、和歌川現地到着が7時40分。ゆっくり下げています。このポイントは下げがいいのですが、大潮に向かう時期のこの時間の下げは、大きく潮が引きませんので(中州もはっきりあらわれません)、あまり良くないように思います。しかも、この3週間の釣行実績からいくと今週は、キビレの番?かななどと思いながら遠投開始。
 あいかわらず、フグの猛襲です。ビビッ、ブルブル、コン、ビビッ、ブルブル、コン・・・、すべて投げ終え、最初の竿をあげますときれいにエサがありません。次の竿は、10cmほどのミニてっちり。根気よく打ち返します。
 ビビッ、コン・・ン!?1時間程たった頃。左側の竿に、フグと違う待望のあたり。初アタリという事で急いで竿を取って大あわせ!シャー・・・・?????え!・え!。ドラグの閉め忘れでバッククラッシュ。ドラグを閉め、リールから出た糸の塊をほどき始めます。すると握った道糸を通じてゴンゴンと魚信が伝わり、確実にそれなりの魚がついていることを知らせてくれています。焦りますが、仕方ありません。ようやく、糸がほどけて、再度戦闘開始。大きくあわせて勢いよく巻き取りはじめました。しかし、すぐにパチン!と音がして軽くなりました。え!・・・道糸が、切れて風に吹かれて流れています。ガイドか穂先ライトに道糸が絡んでいたのだと思います。痛恨のたか切れ。アチャーやってしまったと後悔したものの後の祭り。ゴンゴンと100m先から元気に魚信を送ってくれていたお魚さんの顔を拝見できませんでした。
 気を取り直して、再度フグを相手に、黙々と投げ返し。ようやく、10時前右側の竿にそれらしきアタリ。クイクイと竿先が動き、その後、ゆっくりと竿先を持っていく妙なアタリ。スズキ?エイ?と半信半疑であわせを入れるとゴンゴンゴンのキビレ特有の頭を振る魚信。そこそこのサイズですが、手前まで寄せて魚体を確認して一気にゴボウ抜き。計測すると36cmのキビレ
クリックすると元のサイズで表示します
 やはり今日は、キビレかなと思いつつも、ランク物1匹確保した余裕で投げ返し、次を期待し、穂先を見つめます。しかし、アタリは続きません。しかも、フグに加えて、うちわサイズのエイが参戦してきました。
 エイを3匹ほど処理して、かなわんなと思っていると左側の竿にチョコチョコとした大型のチヌらしき?アタリ。ようやく来たかなとのんびりと構えているとガンガンガン!と一気に竿を持っていきました。あわてて、倒れかけた竿を押さえて、やり取り開始。間違いなくのっています。重量感ある生体反応でそこそこの型です。やり取りを楽しみながら手前まで寄せて覗き込むと良型のチヌ。目測で40cmはあります。階段を下りて魚体を確保。計測結果は、44.6cmのマチヌ=クロダイ。やっぱりチヌはカッコいいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
 50cmには程遠いですが、狙って釣った大型クロダイに大満足。0時過ぎ納竿としました。
 次週こそ禁煙2ヵ月記念釣行を実行します。乞うご期待を!
にほんブログ村 投げ釣り
釣り情報ポータルFish/up

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
0

2008/7/10

和歌川釣行記 その3   投げ釣り

7月9日和歌川 中潮
  柳の木の下のドジョウ・・・・・・3匹目!?

 柳の木の下のドジョウをねらって、3回目の和歌川へ釣行。梅雨末期の不安定な天候で、大雨洪水警報が奈良県あたりにでており、大阪でも昼ごろ土砂降り。しかし、一時的な雨で、あまり影響なしと勝手に判断。仕事を終えて、10時、和歌川に到着。潮は、濁りもなく、雨の影響はなさそうです。10時40分満潮ということで期待して第1投。投げるとすぐにアタリ。ビビッ、ブルブル、コン。あわせるも手ごたえなし。回収するとエサがありません。どうもフグが湧いています。暫くするとフグと微妙に違うあたり。ビビッ、コン、・・・コンコン。あわせると軽い感じですが何かのっています。手前まで寄せて抜き上げると小チヌ26cm。いわゆる、チンチン・ババタレというやつです。
クリックすると元のサイズで表示します
暫くして、さらに同サイズをもう1枚追加。ちょっと変わったあたりで、ウナギを確保。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、狙いのチヌ=クロダイの大人や先週遊んでいただいたキビレも行方不明。遠近、右左に投げ分けますが、どこへ投げても、あいかわらず、ビビッ、ブルブル、コンで、エサ取り=フグの猛襲。
 残りエサも少なくなり、あと1投か2投で今日は、エサ切れ納竿。柳の木の下で撃沈!かな・・・とあきらめかけた午前2時半ごろ。左遠投の竿に、アタリ。チョコチョコ、クイクイ。フグ?チヌ?期待をこめて見つめているとグイと竿先が入りました。100m先からの信号です。やっと来たかな、と半信半疑であわせるとドーンと確かな手ごたえ。例の重々しい重量感たっぷりの引きです。チヌ、しかも、そこそこの良型と確信。慎重にやり取りし手前に寄せてくるとユラ〜と魚体を表しました。まさしく居つきのチヌ。目測50cm近い良型。手馴れた階段で抜き上げようとするとそこから大暴れ。何とか抜き上げ計測。47,7cmのマチヌ=クロダイ。残念ですが、これでは、魚拓をとっても50cmには届きません。あと1cmが・・・遠いですね。しかし、それでも立派なCランクのチヌ。しかも、結構な手ごたえをいただきました。感謝し、写真を撮ったあと、下あごに針掛りを確認、はずして放流しました。
クリックすると元のサイズで表示します
 この後は、何事もなくエサ切れ納竿。しかし、柳の木の下の大きなドジョウ3匹目を確保。1匹とはいえ、納得の和歌川釣行となりました。今回はじめてわかったのですが、大きなチヌが釣れるこのポイント。私が遠投する距離100mのところ左寄りに干潮になると中州が現れます。最初はわからず、何かなと思っていたのですが、下げるにつれて現れ、どんどん広がっていくことで今回確認。でもなぜかそこで、チヌがつれます。しかも下げ、中州が完全に現れるまでが勝負かな。こんな浅いところでという感じですが、確かにここのチヌ、浅いので日焼けしてると思いませんか?以上、経験則。

 次週は、禁煙2ヶ月記念釣行を予定。これから、予定を立てます。乞うご期待。
にほんブログ村 投げ釣り
釣り情報ポータルFish/up

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
0

2008/7/3

和歌川釣行記  投げ釣り

7月1日和歌川 中潮
  柳の木の下のドジョウは・・・・・・
 今週も天候の条件がOKで釣行へ。もちろん、先週に引き続き、柳の木の下のチヌ=クロダイをねらって和歌川へ。仕事がずれ込み、大阪を出発して、現地和歌川に到着したのは、午後8時過ぎ。早速、準備をして第1投が、8時半。潮は、ゆっくりと下げています。11時が干潮の潮変わりで上げに変わります。先週、真夜中の下げで爆釣ということで、下げ・潮代わり・上げの今日の流れで行けば、50オーバーのチヌは無理としても、最悪でも40前後のチヌの1枚や2枚は間違いないところです。余裕で竿先を見つめアタリをまちます。第1投目は、アタリらしいアタリもなく、エサの付け替え。仕掛けを回収するときれいにエサがなくなっています。エサを付け替え、再度投入し竿先を眺めていると左遠投の竿に待望のアタリです。コンコン・・・んッ!あたり!?と思い集中して穂先を見つめているとコンコンと再度アタリがあり、その後、一気に竿先を持っていきました。急いで竿を押さえて、大きくあわせます。グンとした手ごたえで、間違いなくのりました。大きくはありませんが、一匹目ですので慎重にやり取りをし、手前まで寄せてライトで確認。チヌではなくそこそこのキビレです。針掛りを確認し、一気にゴボウ抜き。計測するとキビレ35.6cm。針を飲み込んでいましたのでキープ。家でぷりぷりのお造りになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
 幸先のいいスタートで、気分良く竿先を眺めていると、今、再度投入した竿=今釣れた竿にアタリ。・・・・え?うそや!と思っている間に一気に竿先が持っていかれました。あわてて、竿を持ち、大きく合わせます。グンとしっかりとした手ごたえでのりました。巻取りを始めると重量感はさほどでもないのに、時々ギュウーンと走ります。しかも手前でゴンゴンと頭を振り抵抗します。結構な手ごたえを楽しみながら寄せてきて確認すると元気な抵抗の割りに小さい、先ほどと同クラスのキビレです。余裕でゴボウ抜き。計測の結果は実寸36.2cmのキビレ。唇の横にしっかりと針をくわえており元気一杯でお帰りいただきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 釣り開始1時間、しかも15分で2匹のキビレをゲット。今日は爆釣!!!!!!!と思ったのですが・・・・・・・。
 それからは、キビレ・チヌなどまともな魚からの反応は、全くなし。
 右に、左に、遠・近とありとあらゆる手を尽くしてアタックしたものの、アタリがあれば、アナゴ・ウミヘビ・フグだけ。(たった一度だけ、スッコーンと竿が大きくたたかれるアタリがありましたが後が続かずおおハズレ。)3時過ぎエサ切れ納竿。
柳の木の下は、・・・微妙・・・でした。
 
 本当に、投げ釣りは難しいですね・・・
にほんブログ村 投げ釣り
釣り情報ポータルFish/up


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ