2008/4/15

吹上浜→松帆の浦 釣行記  投げ釣り

 4月14日(月)小潮→4月15日(火)長潮
@淡路島吹上浜

 はじめての釣行場所。右も左もわかりませんので諸先輩方の情報を参考に釣り座を構え午後7時第1投。だれもいない浜、聞こえるのは打ち返す波の音だけ。8時30分の干潮の潮代わりまで集中するが音沙汰なし。えさもそのまま。時期がまだ早いのかなと思いつつ車に忘れ物をとりに。戻ると右側の竿が倒れております。竿を持ち聞き合わすとぐいぐいと魚信。あわてて、まきとり開始。浜にずり上げてみると少しやせておりましたが、狙いの
クロダイ45.6cm。一人でにんまり
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、後が続かず11時納竿。松帆へ移動。場所を確保し、仮眠。

A松帆の浦 
 朝5時起床。朝5時30分、松帆で第1投。6時30分ようやくアタリ。真中の竿が、ゆっくりと20cmほどおじぎをする。おお〜カレイや〜、しかも大物(?)とさらに、もう1度おじぎをしたところで、おおきくあわせて、巻き取り始めるが、意外と軽い。さほど抵抗もなくあがってきたのは、肥えたアイナメ34.3cm。(ポンはうれしいけど複雑)さらに、アタリを取れずに29.6cmのマコを追加。これで、朝の潮どまりの時合いは終了。昼過ぎの潮どまりに期待し、ゆっくりのんびりと暑いくらいの日差しを満喫。
 12時過ぎ、潮が緩み始め30号のおもりが止まりはじめます。さあーこれからやと気合を入れて竿先を見つめといると真中の竿がゆっくりともどりました。あたり(?)と信じてしばらく見つめ続けるとだいぶたってから、ぐぐーと竿先を押さえるカレイ独特のアタリ。大きく竿をあわせると確かな手応え。必死で巻き取り開始。何とか駆け上がりをクリアーすると良型のカレイが海面下を滑ってきます。浜にあがったのは、実寸35.6cmのマコガレイ。さらに、しばらくして、右端の竿にコンという小さなアタリで30.5cmのマコを追加。クロダイ1、アイナメ1、マコガレイ3充実納得の納竿。
 先日、はじめて、デジカメを購入。小生のようなおっさんには、なかなか使いこなしきれません。とりあえず、釣果写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2008/4/1

松帆釣行記  投げ釣り

 ゆうたろうの投げつり奮戦記いよいよスタートです。
 いい加減な小生のこと、気分に任せて、日記を綴っていきたいと思います。大目に見てください。
 とりあえず、直近の釣行記です。
4月1日(火)長潮 松帆の浦 
 戻りガレイをねらって、昨年12月に良型カレイを釣り上げている松帆の浦に釣行。期待大。
 朝6時半頃、第1投を投げ終えて、穂先を眺めているとちょんグーッとアタリ。さらに、ぐいぐいと引くアタリをあわせてアイナメ34.6cm)ゲット。さらにアタリ不明でマコ(32.6cm)を確保。その後、潮が川のように流れ昼からの地合にかける。
 1時頃、潮が緩み始め餌を付け替え遠投開始。30分程、穂先をにらみ続けると、ようやくコンとアタリ。穂先を押さえ込むのを待つが、音沙汰なし。しかし、カレイに違いないとあわせを入れると間違いなく乗っている。しかも良型の手ごたえ。何度かの締め込みと駆け上がりをクリアし、マコガレイを砂利浜にずりあげる。
クリックすると元のサイズで表示します
 狙いどおりの良型。ひょっとして40cmオーバーかと計測(残念ながら38.8cm)しているとガシャッと竿が倒れる音。振り返ると、竿が海に向かって倒れ、リールのところで引っかかりぶらぶらシーソウ状態。あわてて、竿をおさえて、巻き取るが巻き取れない。一瞬根掛りと思ったが、竿をゆっくりとあおるとようやく動き始める。何度かポンピングで抵抗をかわし、駆け上がりをクリアすると海藻の合間にゆらゆら赤い魚体を確認。何が掛かったのか???どきどきしながら目を凝らすと予想外のコブダイの大物(51.7cm)。初のコブダイランクものをゲット。
クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ