2008/7/22

新淀川夕涼み?釣行記  投げ釣り

 さて、世間は梅雨明け3連休、夏休みということで、高速は大渋滞。皆さん夏を満喫しているのを尻目に、私は、3日連続で仕事。
 ということで、本当は、釣行報告はなしという予定だったのですが・・・連休最終日、仕事が早めに切り上げられることになり、エサを予約。翌日も仕事ですから、上げから下げにかわる9時半までの限定で、新淀川で夕涼み釣行を強行してきました。
 エサを仕入れて、新淀川到着が5時半。まだたくさんの人が釣りを楽しんでいます。偶然にも、1ヶ所、空いており、入らせていただいて釣り開始。周りで遠投している人はいませんのでお祭りはないとは思いましたが、風がきついのでとりあえず2本でスタート。まだ夏の日差しが残っており、ウナギ狙いの隣のおっちゃんとのんびりとお話。「昨日は、キビレも良く上がっていたが今日はこんな〜。風きついしあかんのとちゃうか?」などと言われガックリしていると強風の中左側の竿が微妙な動き。そのうち、道糸がスーッと風に流されていきました。アタリやと思いあわせると乗っています。テトラに出て、大きな抵抗もなくよってきた魚を確認するとキビレではなくマチヌでした。あまり大きくもないので、ゴボウ抜き。計測すると36cm。おっちゃんにあかんでと言われ少し落ち込んでいたのですが一安心。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、その後が続きません。ようやく日が傾き暗くなりはじめますが、好時合いにもかかわらずアタリなし。その後、すっかり暗くなり、釣り人も少しづつ少なくなったので、竿を3本に、更に4本に増やしました。それでも、アタリなし。隣のおっちゃんも、先帰るでと言って家路に着きました。新淀川ではこの時期、真昼間でもキビレが、がんがん釣れることがあるのに、しかも、上げの好時合いに音沙汰なしとは、いったいどないなっているのか?などとぼやきが出ます。9時半の上げの時合いのタイムアップが近づき、新淀川ならという絶対の自信が揺らぎかけた9時前、ようやく、待ちに待った待望のアタリがでました。右から2本目の竿先がグングンと入りました。待っているとさらにグイと竿先を持っていきます。あまり大きくはありませんが、待望のキビレです。ゴンゴンとキビレ特有の力強い抵抗を楽しみ、ぬき上げて計測。36cmのギンピカのキビレです。
クリックすると元のサイズで表示します
 そこから、30分はアタリが連発。投げるとすぐあたるということもあり、しかも、あたっても乗らないこともあるということで、汗だく。35cmと36cmのキビレを追加して9時半予定通り納竿。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 結果は、4時間で35から36cmのチヌ1、キビレ3のランク魚計4匹。型に不満は残るものの期待を裏切らない新淀川夕涼み釣行に大満足でした。
 
にほんブログ村 投げ釣り
釣り情報ポータルFish/up

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ