Welcome to uchi-cafe☆Since 2005.5.25☆Moving 2006.4.24☆Moving 2008.7.4☆Photo & Sho by tep-pei

2009/11/11

あいーん。  むじーく。

以前、爆笑問題が出ているNHKの番組に坂本龍一教授が出ていて、
教授のパソコンに入っている曲を流していたんだけども、

その中で、心に残ったグループ。

「相対性理論」

ユーチューブで探したらありました。



『バーモンド・キッス』


歌詞が面白い。


「わたしもうやめた 世界征服やめた
 今日のごはん 考えるのでせいいっぱい
 もうやめた 二重生活やめた
 今日からは そうじ 洗濯 目一杯」

「恋の微熱 37度5分
 平熱 36度2分
 恋の微熱 37度5分
 高熱 38度2分」


意味があるよで、ないような。


たんたんと歌う。


ぴこぴこシンプルサウンドが心地よい。



お勧めな感じっす。
0

2009/11/7

人間って。  むじーく。

RADWIPS。おととしあたりから気になっていたんだけど。

独特の歌詞感。


音のリズムとともに、哲学的発想。

そして、疾走するグルーヴ感がまた心地よく。



そんな持ち味が出ているこの曲。


RADWIPS おしゃかしゃま

カラスが増えたから殺します
さらに猿が増えたから減らします
でもパンダは減ったから増やします
けど人類は増えても増やします




僕らはいつでも神様に
願って拝んでても いつしか
そうさ僕ら人類が 神様に
気付いたらなってたの 何様なのさ



僕が見たことないんだ
あちらこちらの絵画で見るんだ
さらに話で聞いてる神様
はどれもこれも人の形なんだ



偶然の一致か 運命の合致
はたまた 自分勝手スケッチ
あっち こっちそっちってどっち
一体どうなってるんダ・ヴィンチ



来世があったって 仮に無くたって
だから何だって言うんだ
生まれ変わったって 変わらなくたって
んなこたぁどうだっていいんだ
人はいつだって 全て好き勝手
なんとかって言った連鎖の
上に立ったって なおもてっぺんが
あるんだって言い張んだよ



もしもこの僕が神様ならば
全てを決めてもいいなら
7日間で世界を作るような
真似はきっと僕はしないだろう
きっともっとちゃんと時間をかけて
またキチッとした計画を立てて

だってせって急いで競いで
焦ってせーで入って作って出して
増やして出して 出したら増やして
なして どうしてって何でかって
けど出したフリして分かってるクセして
話して聞かしてなんでなんで?

だってバカなんだって
人類なんてそりゃ そうなんだって
分かってるって
だから123で滅んじゃえばいいんだ
だってだってなんでったって




馬鹿は死なないと治らない
なら考えたって仕方がない
さぁ来世のおいらに期待大
でも待って じゃあ現世はどうすんだい
さぁ無茶しよう そんで苦茶しよう
二つ合わさって無茶苦茶にしよう
さぁ有耶しよう そんで無耶しよう
二つ合わさって有耶無耶にしよう



だからなんだって ダメになったって
先があんだって言うんだ
なぜになんだって ポイしちゃっといて
次はなんだって言うんだ
だがしかしbut けれけれどyet
何をどうやっていいんだ
何を言ったって 何をやったって
ダメだダメだって言うんだ



ならば どうすればいい?
どこに向かえばいい
いてもいなくなっても
いけないならば どこに



来世があったって仮に無くたって
だから何だって言うんだ
生まれ変わったって 変わらなくたって
んなこたぁどうだっていいんだ
天国行ったって 地獄だったって
だからなんだって言うんだ
上じゃなくたって 下じゃなくたって
横にだって道はあんだ





投げやりなよで、前向きな曲な気がする。

そして、まさに!の詩、なのだ。



人間の上から目線、エゴから目線、表面的感情から目線、に問題提起。




なんだかんだ言ったって

危害をおよぼすものは排除して

保護だ保護だ言ったって

ぱちんと蚊は殺すだろ

肉も野菜も食べるだろ



人間だって一部分

伝染病が流行るのは

食物連鎖のバランスを

保つためかもしれないね



それでいいのか人間は

それであるから人間か



愛護 同情 排除 保護



ほんとの共生

ほんとの愛情



地球のためには本当は

人間がいなくなればいいんだろう


自然の摂理は本当は

弱い者はいけないし


でも そうも言ってらんないし

人が死ねば悲しいし


どう生きていく人間は

どう進んでく人間は



でも考えたってしょうがない

所詮人間の考えることで

所詮そこまでしかなくて



今を生きてくしかないんだ

大きなながれのなかで

流れ流れて流されて



どうせ辛いことばかりなら

どうせ行くなら楽しんで

エゴがなければつまんない

エゴで生きるしかないのか




誰がこうだ くっついた

そんな話の中にこそ

俗っぽさの中にこそ

生きる術があったりするのか



そして、タモリ倶楽部は今日も面白いんだ。


0

2009/11/5

サカナクション  むじーく。


youtubeで見つけた曲。


サカナクション『ネイティブダンサー』





PVもかっこええ。

なかなかいいんでね?



0

2009/6/19

ばらの花。  むじーく。


くるり『ばらの花』





あめ〜ふりの〜。




雨音を聞きながら、薄暗い部屋で聞きたい曲。



雨音と響きあう音。。。




くるりの曲は、一つの色を基調とした中間色に染められた風景の中に、一つの原色がある感じがする。




これの曲は、青っぽい風景の中にある、真っ赤な赤。




煙っぽい声が、ここちよい。


0

2009/5/19

初花凛々。  むじーく。

五月晴れが続くこの季節。

(厳密には、五月晴れとは旧暦の五月で、梅雨の晴れ間のことを言うらしいのだが、ここはおいといて。)


この季節から、梅雨にかけて、無性にCoocoが聴きたくなる。



『初花凛々』

これはくるりとのユニットSinger Songer の歌。



http://www.youtube.com/watch?v=KpQ21cJQyqk&feature=related


爽やかなこの季節にぴったり。



でも、初期の激しいCoocoや、弱くて強くて切ないCoocoのほうが好きだな。


『強く儚い者たち』 



http://www.youtube.com/watch?v=ANzEREI6Ffw



〜 人は強いものよ そして儚いもの 〜




『Rainng』



http://www.youtube.com/watch?v=Cja0-d4tH1s



〜 帰り道の匂いだけ 優しかった 〜





沖縄のガジュマルの森。

ちょっと薄暗くて、

湿り気のあるむせるような暖かい空気と草の匂い。




そんな感じが、梅雨の季節と重なるのだろうか。



0

2009/5/14

LICENSE  むじーく。

名曲です。

長渕も結構いい曲歌ってるんだよね。


この頃が一番すきだな。




2

2009/4/30

くるり。  むじーく。

くるり「ハイウェイ」



こんな感じで、ふらりとドライブにいきたいね。



まったりビート。



PVも意味がなくていい。



妻夫木くんに似てると言われたこともあるけれど、



それは、今関係ない。



このリズムと声がたまりません。


0

2009/4/27

またか!!  むじーく。

5月5日。


郡山市各所で楽しげな音楽イベントが催されるらしい。



その名も

【郡山DAKARA音楽祭】



「音楽都市 郡山」

だんだん、市民レベルで盛り上がってきた感じがする。

GReeeeNの影響なんかもありながら。



なんだか、わくわくするイベントなんだが、

その日は、9時から21時まで仕事やんか。








ああああああああT0T






(以下、事務局プログより)

「郡山DAKARA音楽祭」は
音楽を演奏する人も音楽を聴きに来る方も全てが参加者のイベント!

「郡山DAKARA音楽祭」は
郡山をもっと明るくする為に市民有志による音楽祭を企画しています。


ボランティアスタッフ(実行委員)&
募金(1口1000円オリジナルバッジ付き)募集中!
楽しい郡山作りに参加してみませんか?





【郡山DAKARA音楽祭】

■日時■

2009年5月5日(こどもの日)
第一部:AM11:00〜PM15:00
第二部:PM18:00〜PM20:00(フィナーレ)



■場所■

福島県郡山市内各所

第一部
・モルティ2F(クラシック、他)
・駅前大通り(路上ライブ)
・うすいデパート前(R&B・ジャズ)
・中町緑地公園(ヒップホップ)
・ゆうちょ銀行(ロック)
・芳山公園(昭和60年代ロック)
・麓山公園(フォーク・ブルース)

第二部
・駅前西口広場(フィナーレ)



■案内HP(ブログ)■

「郡山DAKARA音楽祭」
http://blog.livedoor.jp/k_dakara/

「Blues Is My Soul」
http://soulranbler.cocolog-nifty.com/blog/






お友達のsawaraさんも出演するそうで。。

sawaraさんブログ
http://sawara-onsen.cocolog-nifty.com/blog/


サンソさんも紹介していたり。
http://sansolife.365blog.jp/



いきてぇ。





アートも負けてられんぞ。


なんだか、わくわくする。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/4/20

泣けます。  むじーく。

義理の弟が、着うたをプレゼントしてくれました。


矢野真紀『夜曲』


http://www.youtube.com/watch?v=JCV72lnHW48






作詞・作曲が、JUN SKY WAKER(S)の寺岡呼人なんだね。

いい曲作ります。



矢野真紀の声がまたいいです。

身体と共鳴する周波数の声。


強い優しさを感じる。

後ろ向きになりがちな詩と歌を、決して暗くなく、生きていくつらさを包み込んで見守ってくれるような歌声。


朝や、夜に薄暗い中でじっくり聞くと、体が浄化されるような感覚になります。




みんな、時に方向を見失いながら、涙しながら、孤独を感じながら、痛みを抱えながら。

それでも這い上がって、立ち上がって、涙で流して。


笑いながら、楽しみながら、愛すべき人たちに囲まれて生きて行くんだな。



一見、いつも楽しそうな人も。

一見、成功しているように見える人も。




泣いて泣いて泣いて どうして人は想いが溢れ出るの?

生きる者すべての涙の雨が やがて河になり 大地を今日も流れてる

2

2009/3/10

そんな、大人に、なりたくて。  むじーく。

その男。


こんな登場や。




こんな歌。



女呼んでもんで抱いていい気持ち。なんて。



匂艶THE NIGHT CLUB〜ボディ・スペシャルII

匂い立つようなえろてぃっく歌詞をうたったり。

さらには、こんな歌まで。



マンピーのG☆SPOT

なんて、確信犯的曲名をつけたり。


こんな格好で歌いながら、







白い恋人たち。



月。




YAYA〜あの時代を忘れない。





こんな、沁みる唄もうたい。



さんきゅー ありーなー!










その男。桑田圭祐につき。






こんな振り幅のある、遊び粋男にわたしはなりたい。
0

2009/3/3

STAY DREAM  むじーく。

沁みるね。






「たかがこんな自分がと一度だけからかってみなよ」





長淵剛「STAY DREAM」1986



このころの長淵、好きです。

0

2009/2/24

3月9日。  むじーく。

レミオロメン。





中学の卒業式。

担任の先生が、生徒指導の先生。




当時は不良と呼ばれる最後の世代。

我が中学校も荒れていて、卒業式に不良が問題を起こし、先生はその対応におわれ、出席できなかった。




先生不在のまま式を終え、教室に戻ると、先生は少し遅れて入ってきた。



先生はわれわれに背をむけ、無言で黒板に字を書き始めた。





かつかつ かつかつかつかつ





振り向く先生の眼は涙にあふれ、そこにはこう書いてあった。

















「すまなかった」

















泣いた。


みんな、泣いた。


http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=4LWk7XxY8NY&feature=related


そんな卒業式を思い出した。





歌いながら運転していると、さびの部分で嗚咽です(笑)



0

2009/2/16

僕の背中は自分が思うより正直かい?  むじーく。

どんなときも。 / 槇原 敬之 [1991]



http://www.youtube.com/watch?v=9P1cmihKv2M&feature=related

 僕の背中は自分が 思うより正直かい?

 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ

 旅立つ僕の為に ちかったあの夢は

 古ぼけた教室の すみにおきざりのまま


 あの泥だらけのスニーカーじゃ
 追い越せないのは
 電車でも時間でもなく
 僕かもしれないけど


 どんなときもどんなときも
 僕が僕らしくあるために
 「好きなものは好き!」と
 言えるきもち抱きしめてたい
 どんなときもどんなときも
 迷い探し続ける日々が
 答えになること僕は知ってるから




 もしも他の誰かを 知らずに傷つけても

 絶対ゆずれない 夢が僕にはあるよ

 “昔は良かったね”と いつも口にしながら

 生きて行くのは 本当に嫌だから


 消えたいくらい辛い気持ち
 抱えていても
 鏡の前笑ってみる
 まだ平気みたいだよ


 どんなときもどんなときも
 ビルの間 きゅうくつそうに
 落ちて行く夕陽に
 焦る気持ち溶かして行こう
 そしていつか誰かを愛し
 その人を守れる強さを
 自分の力に変えて行けるように



 どんなときもどんなときも
 僕が僕らしくあるために
 「好きなものは好き!」と
 言えるきもち抱きしめてたい
 どんなときもどんなときも
 迷い探し続ける日々が
 答えになること僕は知ってるから






どんなときも。

15年前に聞いた時にもいい曲だなと思ったけど。



この年になって聴くと、より深く沁みてくる。




だれが、なんと言おうと。

僕が僕らしくあるために。



これからは、自分の思うがままに進んでいくんだ。



そう、思った。






0

2009/2/5

終わりは始まりの始まりなのだ。  むじーく。

なんかいいね。


これ。^^




http://www.youtube.com/watch?v=Sus7YBXoFKw&eurl=http://moon.ap.teacup.com/applet/uchicafe2/postmsg?edit=541

資生堂CMより。



フルコーラスがこちら。

熊木杏里「新しい私になって」



春のような声だ。

http://www.youtube.com/watch?v=NqiFxyNmOKU&eurl=http://moon.ap.teacup.com/applet/uchicafe2/postmsg?edit=541



0

2009/2/2

黒いカバン。  むじーく。

泉谷しげるの歌。

「黒いカバン」1972


反社会的ながら、日常的で、コミカルで。


聞いたあと、すっきりする歌だな。^^




繊細な優しい、ワルオヤジ。

ええね。



携帯では、見れないので、PCで見てね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ