Welcome to uchi-cafe☆Since 2005.5.25☆Moving 2006.4.24☆Moving 2008.7.4☆Photo & Sho by tep-pei

2008/12/11

連続ブログ小説リターンズ『桜色ノ空』第二話。  ことのは。


「ねっ、いまパンツ見たでしょ。」


「い、いや。見てないよ。」






見ていた。






「うそー。まっ減るモンじゃないし、いっか。」


そう言って、また歩き始めた。





 僕は夢中でシャッターを切った。


木の下。


花壇の前。


道ばた。


路地裏。


田んぼ。


ビルの前。




何処で撮っても絵になった。



明るい笑顔、時折見せる大人っぽい表情。芯の強さとはかなさを合わせ持った彼女。

声を出すのも忘れ、ただただひたすらシャッターを押した。













気が付くと一時間が経っていた。



 「ありがとう。いいのが撮れたと思うよ。ありがとう。」



 「そう言ってもらうと、うれしいね。だけど、ちょっと心配。あんなのでよかった?」



 「もちろん。」


 
 「ねえ、いつもこうやって女子高生撮ってんの?」



 「いや。今日が初めてだよ。いつもは女子高生どころか、物しか撮らない。」



 「ふーん。そんな風にみえないけどなー。遊んでそうに見える。」



首をちょこっと傾けて、鑑定するかのように僕を見ながら言った。



 「それは心外だ。」



 「うそうそ。真面目そうだよ。じゃなきゃ、写真のモデルなんて引き受けるわけないじゃん。こう見えても人を見る眼は自信があるんだから。」




もてあそばれているような感覚を覚えながら、まんざら嫌な気もしなかった。



 「おじさん、今から時間ある?」


 「おじさんって。まだ二十代だ。」




 「後半でしょ。おじさんだよ。暇ならさ、どこかドライブしない?」


 「別に用事もないけど…。いいのか?知らない人についていって。」




 「もう充分ついてきてるじゃん。行こうよ、いい天気だしさ。」


 「ううん。いっか。一期一会だ。」



 「イチゴイチエ?なんだかよくわかんないけど。じゃ決まりっ。私いいとこしってんだ。」





このまま別れてしまうのは、惜しい気がしていたので、彼女の誘いはワタリニフネだった。


(つづく・・・)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ