Welcome to uchi-cafe☆Since 2005.5.25☆Moving 2006.4.24☆Moving 2008.7.4☆Photo & Sho by tep-pei

2009/6/2

続・古民家 in 山形  プチ旅

次は、「空気神社」へ向かう。


「空気神社」?


その名の通り「空気」を祭っている神社なんだそうだ。



空気の概念って昔からあったの?

と疑問に思ったら、やっぱりできてからそんなに時間は経ってないそうだ。



参道を歩くと、回すオブジェが建っている。


クリックすると元のサイズで表示します

五行に則って、木・火・土・金・水でできた5本のオブジェ。


頂上に着くと、ステンレスでできた台があった。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが神社。


祭りのときはここで舞が行われるらしい。



拝み方も独特で、2礼、4柏手(春夏秋冬を唱える)、両手をあげ感謝し、1礼。

珍しい。


周りのブナの森が素敵だった。

クリックすると元のサイズで表示します

ツナギバの裏をブナの森にしたいなあ。


気候的に難しいかな?




そして、最近見た県民ショーで、山形に「肉そば」という代物があり、それが美味いとのことで連れて行ってもらった。

『そば処 太郎亭』

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん肉そばを注文。が、中華そばにも惹かれたので、それも注文し、分けることに。

クリックすると元のサイズで表示します

鶏がらのスープなんだけど、これが冷たいのだ!


油が白くならないのが不思議。



美味かったんだけども、

それ以上に、中華そばが美味かった!^^;



麺がほど良い太さで、スープはコクがありつつさっぱりしていて、飽きのこない味。

麺とスープとの相性も◎^^




近くに、棚田百選に選ばれた棚田があるとのことで、連れて行ったもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

あいにくの曇りだったけど、夕日だったり、月明かりだったりしたらもっときれいだろうなあ。


ひめさゆりの咲く丘を登ると、こんな景色。

クリックすると元のサイズで表示します



ほとんど作業もせず、山形観光^^;


帰りは、作業代に含まれている温泉。


「りんご温泉」

クリックすると元のサイズで表示します


ひとっぷろ300円。


安い!


その名の通り、リンゴが浮かんでいる。

弱アルカリ性の温泉で、肌がトゥルトゥル。



満喫して、帰路につく。


喜多方でKとは別れ、ミドサーですき家。

クリックすると元のサイズで表示します

チョー満喫!




秋には、芋堀と本場の芋煮会、稲刈りなどの作業があるそう。

ツナギバと、いい感じに交流できればいいな。
0

2009/6/2

古民家見学 in 山形。  古民家

日曜日。


山形で古民家を改修しているお友達がおるんだけども。


その友人が作業をするというので、見学がてら遊びに行ってきた。


その友人は、女性建築士。

ほぼ一人で作業している、パワフルな女子。



我々ツナギバ一同4人。

こちらも女性建築士Kと、絹さやむきで結束を固めたミドサー独身3人衆。

いざ、山形!




郡山6時半出発。

喜多方でKを拾つつ、車に揺られること4時間弱。



着きました。

最上川沿いの斜面に建つ集落の一角。

古民家撮ろうとしたら、Kが満面の笑みで通って邪魔しやがった。
クリックすると元のサイズで表示します

Kの後ろの家。


かやぶきの家は、雨漏りがするほどボロボロだったらしく、防水シートが張ってある。

中は、改装してあるけど、囲炉裏も残っており、その上には竹の格子があって、昔はその上で干しこんにゃくを作ったりしていたそう。

長年いぶされて、竹がいい具合に黒くなり、艶が。

広さはツナギバと同じくらいだけれど、細かいところに雪の多い地域の知恵が見える。



囲炉裏の天井が低かったり、屋根の角度だったり、中二階があったり、戸が二重になっていたり。

そういうのが面白い。




ついたら、Sさんと、昨日から作業に来ているお二人が草むしりをしているところ。

前日は、近隣の方々と交流会をしたそうで、沢山の山菜料理が。

クリックすると元のサイズで表示します

作業もせず、とりあえずもてなされるままにいただきました^^;

蕨や筍、ウドなど旬の山菜が美味いこと!!


箸は、葦で作った特製。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、山形独特の鍋。


コクのあるスープは、サバ缶が入っているとのこと。

これは美味。

蕎麦に合いそう^^



食べるだけじゃ心苦しいので、持って行ったツナギバつなぎに着替え、草むしりに合流。


雨が降った後なので、むしりやすく作業ははかどる。


やっぱり、労働はいいね〜。

無心で汗をかく。



作業が終わり、昨日手植えをしたという田んぼに連れて行ってもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

昔ながらの棚田。

 
足跡の残る田圃にはオタマジャクシが泳いでいました。


いい風景だ。




いったん戻り、また少し山菜料理をいただいて、近くの名所に案内してもらう。

最上川にかかる吊り橋。



その麓に、草に埋もれたなにやら物体たちが!

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニーっぽい感じの原始人?

なにが目的だ!

おまえら!




で、吊り橋。

クリックすると元のサイズで表示します

たけ!





下を覗くと、遥か下に最上川。


一番恐怖を感じる高さ。


欄干も微妙な高さ。


女性陣が悠々と歩く中、足がすくむ俺^^;



とりあえず往復し、また次の場所へ。。。



(つづく。。。。)

0
タグ: 古民家 アート 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ