Welcome to uchi-cafe☆Since 2005.5.25☆Moving 2006.4.24☆Moving 2008.7.4☆Photo & Sho by tep-pei

2008/12/11

連続ブログ小説リターンズ『桜色ノ空』第二話。  ことのは。


「ねっ、いまパンツ見たでしょ。」


「い、いや。見てないよ。」






見ていた。






「うそー。まっ減るモンじゃないし、いっか。」


そう言って、また歩き始めた。





 僕は夢中でシャッターを切った。


木の下。


花壇の前。


道ばた。


路地裏。


田んぼ。


ビルの前。




何処で撮っても絵になった。



明るい笑顔、時折見せる大人っぽい表情。芯の強さとはかなさを合わせ持った彼女。

声を出すのも忘れ、ただただひたすらシャッターを押した。













気が付くと一時間が経っていた。



 「ありがとう。いいのが撮れたと思うよ。ありがとう。」



 「そう言ってもらうと、うれしいね。だけど、ちょっと心配。あんなのでよかった?」



 「もちろん。」


 
 「ねえ、いつもこうやって女子高生撮ってんの?」



 「いや。今日が初めてだよ。いつもは女子高生どころか、物しか撮らない。」



 「ふーん。そんな風にみえないけどなー。遊んでそうに見える。」



首をちょこっと傾けて、鑑定するかのように僕を見ながら言った。



 「それは心外だ。」



 「うそうそ。真面目そうだよ。じゃなきゃ、写真のモデルなんて引き受けるわけないじゃん。こう見えても人を見る眼は自信があるんだから。」




もてあそばれているような感覚を覚えながら、まんざら嫌な気もしなかった。



 「おじさん、今から時間ある?」


 「おじさんって。まだ二十代だ。」




 「後半でしょ。おじさんだよ。暇ならさ、どこかドライブしない?」


 「別に用事もないけど…。いいのか?知らない人についていって。」




 「もう充分ついてきてるじゃん。行こうよ、いい天気だしさ。」


 「ううん。いっか。一期一会だ。」



 「イチゴイチエ?なんだかよくわかんないけど。じゃ決まりっ。私いいとこしってんだ。」





このまま別れてしまうのは、惜しい気がしていたので、彼女の誘いはワタリニフネだった。


(つづく・・・)
0

2008/12/11

連続ブログ小説リターンズ『桜色ノ空』第一話。  桜色ノ空

『桜色ノ空』      折口 一八十








「写真、撮らせてもらってもいいかな?」




僕が写真を撮るのに、他人に声をかけたのはそれが初めてだった。

幼い頃から引っ込み思案だった僕は、知らない人が来るとすぐ母親の後ろにかくれてしまうような子だった。



大人になってもそれはあまり改善せず、大勢の人の前に出るとうまくしゃべれなくなってしまい、手に汗をかき、どもってしまうことがよくあった。

知らない人に声をかけるなんて思いもよらないことだった。




ましてや女子高生になんて…。


しかし、彼女にはそうさせてしまう何かがあった。




 「いいよ。」




スカートの裾を「ぱんっ、ぱんっ」とはたきながら、彼女は立ち上がった。

まるで、幼なじみか、親戚のお兄さんに声をかけられたように自然だった。




声をかけておきながら、僕は多少面食らった。




空は青く、いつもより暖かい気候が山々の木々を水彩色に染めていた。






「どこで撮るの?」

「そうだな…」





全く考えていなかった。

とっさに声をかけてしまっていたので、イメージも何もなかった。


ただ彼女をカメラに収めたかった。



「じゃ、とりあえず、そこの壁の前に立ってみて。」



スーパーの脇の油に汚れた壁の前に彼女を立たせて、ファインダーを覗いた。



「ね、どんなポーズを取ればいいの?あまり撮られたことないから、どんな顔していいかわかんないよ。」


照れ笑いしながらそう言った。





「普通でいいよ」

「普通が一番難しい」





そうかもしれなかった。





「普通」。





何が普通か。

そんなものないのかもしれなかった。



ただありのままを撮りたかった。




「じゃ、歩ってみてくれる?」

「こう?」



歩くと、春の風にスカートがひらりと舞った。





(つづく・・・)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ