ようこそ、月便りへ。 うさの小さな独り言です。(*^^*)
埼玉住まいも二年目に突入。 どこまでも続く田圃に吹く風に癒されております。

2009/9/13

父の夢  日記

父が亡くなってからよく父の夢を見ます。
でも、いつも何か父から報告されるのです。
まだ、何かが残っていたとか。。
父の残した車を妹が乗っているのですが
ちょっとそれを傷つけてしまってへこんでたら
その時は夢の中で父がその車を駐車場から
ロープで引っ張って行こうとしてました
「お父さん何してるん?」と聞くと
父は
「わし、車の始末をつけんとあかんのや」と
言いました。
きっとへこんでる妹に気にすることないから
手放したらいいといってるのかなって
後で思いました。

そして、この前は嬉しそうにやってきて
アタッシュケースを広げて
「もう一件保険が残ってたんや!」と
言うのです。
ちなみにこの夢は母に話しましたが
もう全部父名義は解約したんやけどなあ。。と
言ってたのでこれはただたんに夢だったのだなあ
と思いました。

そして一昨日!
またも元気に私の夢に登場した父は
50代くらい若返っていてはつらつと
仕事をしていました。
「あれ〜おとうさん!」と声かけると
「おお、ちょっと今忙しいんや」と
白いカッターを捲り上げて何やら
仕事をしています。
そして私は相方に
「おとうさんおるよ〜触れるよ〜」と
意味不明な事をいいました。(^^;)
すると相方がにっこり笑って
「お義父さんお久しぶりです」と
手を差し出すと
父もにっこり笑って手を差し出し
握手してました。

それから父はトランクをあけてこういいました。
「こっちに全然服がないから、ちょくちょく
 取りにいったんやで」と中を見せながらいいます。
中には綺麗に並んだ洋服と薬が結構入ってました。
生前、父はクスリフェチでしたから、
きっと向こうにいってもいるんだなあ〜と
思いながら話を聞いてました。
すると父はこう続けるのです。

「せやけどなあ、、水虫のクスリだけは
 どうしてもないんやあ〜」
水虫?( ̄◇ ̄;)
そうなんや〜と思って目が覚めました。
目がさめて相方に話したら
家にある水虫のクスリを供えとけばと
いいます。
我が家には小さなお地蔵さんと父の時計の
ベルトにお水を毎日あげてます。
そこにとりあえず置いてみろと。。
何かそれって変じゃない?(^^;)
と言う私に
とりあえず、お義父さんがそういうなら
そうしておいてあげればいいじゃない。
その方が私の気も済むでしょと
相方はおっしゃいました。

そりゃそうだなって事で
水虫薬を供えました。
何とも、、奇妙な光景で
ございました。(笑)

それにしても夢の中でどんどん父は若返ります。
向こうの世界にいくと年齢が戻ると
故丹波哲郎さんはテレビで言ってたけど、、
ほんまなんかな〜って思った夢でした。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ