2016/1/4  17:07

「まことちゃん」16巻(セレクトじゃないほう)  まんが

年明け、最初に読んだマンガは、サンデーコミックス(“セレクト”じゃないほう)の「まことちゃん」16巻でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ウチには文庫版の「まことちゃん」は全巻あるのですが、途中、唐突に「平成版まことちゃん」の話が混じっている巻があって、前から「何か差し替えられたエピソードがあるのかな」と思っていたのでした。

ただ、思うだけで、なかなかちゃんと調べるということはしないまま……

年末、「まことちゃん」を読み返していたときに、また同じ疑問がわいてきたので、ようやく調べてみました(ネットで)。

すると、オリジナルのサンデーコミックスの16巻に収録されていた2つのエピソードが、文庫版では「平成版まことちゃん」のエピソードに差し替えられているということが判明したのでした。

文庫版に収録されていないのは「でた! 口裂け女」と「ジャングル大決戦」の2編。

小学生当時、サンデーコミックス版はリアルタイムで買い続けていたので、タイトルを見れば、どんな話か思い出せるだろうと思っていたものの、この2つのタイトルからでは、内容が全然思い出せません。

結局、内容を確かめるために、現物(サンデーコミックスの初版)を入手。

どんな話だったっけ? と、興味津々で読んだものの、どちらのエピソードも「こんな話、あったっけ!?」というくらい、印象に残っていない話でした。

それもそのはず。

今回調べてみて、もうひとつわかったのが、小学生当時の自分がリアルタイムで買い続けていたのは、「サンデーコミックスの15巻まで」で、その後は18・19・23巻を買い足しているだけだったということ(ネット上の書影で判明)。

「後のほうの巻は買っていない」ことはわかっていましたが、「15巻まで」だったというのは……我ながら意外。

あ、それで、2つのエピソードですが、どちらも「過激な描写」があるわけでもなく、「まことちゃん」のなかではごくふつうのエピソードという感じ。

ネタバレは避けますが、口裂け女の話のほうは、楳図先生でその題材なら、怖いエピソードになることが予想されるものの、そんなところは全然なく、ごくあっさりした内容でした。

ただ、作品の中で、楳図先生が「半魚人」という作品の執筆時に、編集部から「口を引き裂くシーン」に対する修整要求があり、それを受け入れたということに言及されているのが暗示的といえば暗示的。

「ジャングル大決戦」のほうは、差し替え理由がわかりやすかったです。

「まことちゃん」では、まことちゃんと美香ねえちゃんのケンカが、何かになぞらえて描かれるというパターンが多く、この回では、それが「黒人の部族同士の戦い」のイメージで描かれているのでした(まことちゃんがターザンを「たーらん」というところがかわいい)。

今回、久しぶりに当時のサンデーコミックスを入手して、懐かしかったのが巻末のこういうページ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「できんボーイ」は全4巻だったのか……

【DP3】
1

2011/1/7  23:57

蛭子さん  まんが

18歳からハタチ過ぎぐらいの頃、蛭子さん(蛭子能収)のマンガやギャンブルエッセイが好きでよく読んでいた。

その頃、蛭子さんはまたたく間に有名になっていったが、テレビにおける蛭子さんの扱いおよびそこからもたらされるイメージに関しては、個人的にちょっと不満があったりする(イジられ役の芸人のような存在になってしまっているので…)。

蛭子さんについては、いろいろな「伝説」が喧伝されているけれど、エッセイなんかを読むと、至極真っ当なことを言っているケースが多い(まぁ、むちゃくちゃなことを一生懸命力説しているケースもあるけれど)。

正直エビス
正直エビス

最近は、アマゾンマーケットプレイスなどで、昔売り払ってしまった蛭子さんの本を買い直したり、読んだことのなかった本を買ったりしている。

こんなオレでも働けた (講談社BIZ)
こんなオレでも働けた (講談社BIZ)

自分にとって、蛭子さんの本は、東海林さだお先生の本と同じく、「寝床に入る前に読むと心が落ち着く本」である。

「ギャンブルが好き」で、「群れることを徹底して嫌う」という姿勢が、今も昔もずーっと共通で、とてもカッコいいと思う。

↓去年、長崎のお菓子屋さんにあったサイン色紙。好きなお菓子屋さんなので、これを見つけたときはうれしかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2007/2/25  2:08

本秀康の“アーノルド”  まんが

本秀康の「ワイルドマウンテン」の4巻が今月末に出ることは知っていた。

が、今月すでに、あの超名作「アーノルド」がタイトルになっている文庫が出ていたとは知らなかった。

最近はこのあたりの情報にうとくなっているのがつらいところ。
中野や高円寺をうろついていた数年前までなら、考えられないことだ…。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2007/1/28  18:35

ハムサラダくん、復刻!  まんが

「コロコロコミック」に連載されていた「藤子不二雄物語 ハムサラダくん」が完全版(上・下巻)として復刻されている(まずは上巻からの発売)。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2007/1/1  2:18

隊長のザクさん  まんが

新しい年になりました。

クリックすると元のサイズで表示します


今年がみなさんにとってよい年となりますように!
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ