2007/9/26  13:39


高校生の頃、友人にA面がラモーンズ、B面にジョニー・サンダース&ハートブレイカーズのナンバーが収録されているカセットテープをもらった(友人のオリジナル編集)。

「すげぇカッコいいよ」という友人の言葉は本当だった。

無論、当時(85年頃)はアナログレコードの時代。

陳列スペースのせいもあるのかもしれないが、いまの「CDショップ」に比べると、当時の「レコード屋」の品揃えは、イマイチ貧弱だったような印象がある。

よくRCなんかを買っていたレコード屋でも、ラモーンズやジョニー・サンダースは置かれていなかった。

結局、「輸入盤屋」(←当時はそう呼んでいた)でラモーンズのアルバムにめぐり合うことはできたのだが、ジョニー・サンダースは見つけられなかった。

エンド・オブ・ザ・センチュリー (紙ジャケットCD)
エンド・オブ・ザ・センチュリー (紙ジャケットCD)


やっぱりジョニー・サンダースってマイナーなのかなぁ…なんて思いつつ、しばらく時は過ぎる。

L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes
L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes


で、バイト時代。

世の中はバブル絶頂期。

ユーロビートとか。

ポロシャツえり立てセカンドバッグ金鎖の男とか。

スキーとか。

自分が全然なじめなかった時代。

でも、バイトの仲間にはロックな人も多かった。

そこでは毎日、「ブラック・サバス」とか「ジャック・ブルース」とか「T.レックス」とか…時間が止まったようなロック話が飛び交っていた。

自分より5,6歳年上だったカウンターの女の人。

その人はジョニー・サンダースが来日すると「追っかけ」と化していた。

駅のホームで撮ったジョニー・サンダースの写真を引き伸ばしてフレームに入れたものを見せられたりして。

「すげぇ…バイト先にジョニー・サンダースの追っかけがいるなんて…」

と、当時は妙に感心したものだ。

で、ジョニーはあっという間に亡くなってしまった。

その人の落ち込みっぷりもすごかった。

でも、その人はしばらくしてからまた別の大スターを追っかけて今度はブラジルにまで飛んだ。

ちなみに、ブラジルに行ったときの費用は「ローン」だったそうで。

帰ってきてからは、返済のために一生懸命バイトしていた。

でも、また同じことが起こってしまう。

その人がブラジルまで追っかけたのは「アイルトン・セナ」だったのだ。

アイルトン・セナに捧ぐ~アイルトン・セナ・オフィシャル・トリビュート・アルバム
アイルトン・セナに捧ぐ~アイルトン・セナ・オフィシャル・トリビュート・アルバム



セナの事故の後、セナのことについて話しかけようとしたら、

「ぁーもういい!何言おうとしてるかわかる。言わなくていい!その話はやめてくれ!」

って言ってたな…。

ジョニー・サンダースといえば、その人のことを思い出す。
0

2007/9/22  1:20

ジョニー・サンダースのDVD  ジョニー・サンダース

ジョニー・サンダースが亡くなる直前に行われた日本公演がDVD化され、来月発売されるとのこと。

で、何とAmazonの商品説明文では

「忌野清志郎も特別出演した熱狂のライブが甦る

と書かれている。

清志郎の映像があるなら間違いなく“買い”なんだけどなぁ…。

割引率が高いのは「発売前」だけだし…。

イチかバチか買ってみるかな…。

うーん………迷い中です(情報求む!)。

ジョニー・サンダース ライブ・イン・ジャパン
ジョニー・サンダース ライブ・イン・ジャパン


追記:ココを見る限りでは、アンコールに登場した清志郎の映像が収録されているような気配です。
0

2006/8/19  21:27

機内誌に載っていたミュージシャン  ジョニー・サンダース

今日、長崎から飛行機で帰ってきました。

カミさんが読んでいた機内誌に何気なく目をやると、そこには“Johnny”という文字とギターを抱えた外人のイラストが…。

クリックすると元のサイズで表示します

「ジョニー・サンダースに似てるな…でも、こんな小ジャレた機内誌に載るワケないし」

なんて思ったりしていると、ページの右上に何と「忌野清志郎」という文字を発見。

毎回さまざまな人物が執筆する「旅する耳」という連載エッセイのページで、今回は清志郎がジョニー・サンダースのことについて書いていたのです。

めったに乗らない飛行機でこの巡り合わせ…。

高校時代、RCサクセションに次いでよく聴いていたジョニー・サンダース。

しかも、今回の帰省前にiTMSでジョニー・サンダースのベスト盤を発見し、ダウンロード購入を迷ったり(=実際に店頭で流通している盤よりも収録曲が少ないため)していたこともあって、自分にとってはシンクロニシティのように感じられる出来事でした。

このエッセイに合わせ、機内のイヤホンで聴ける今月分のミュージック・プログラムには、ジョニー・サンダースの「」ユー・キャント・プット・ユア・アームズ・アラウンド・ア・メモリー」がラインナップ。

台風の揺れも帳消しになるうれしさでしたね…。

Born Too Loose
Born Too Loose
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ