2007/5/27  11:44

ジャケットに偽りあり  少女隊

少女隊にもベスト盤はいくつかある。

しかし、新たなベスト盤が出るたびに、ファンを落胆させ続けているのが、86年11月リリースのシングル「バランスシート」が、全然収録されていないということ。

「バランスシート」だって、決してヒットしなかったわけじゃないんだけどなぁ…(あくまでも「少女隊としては」というエクスキューズつき)。

ただ、純粋な「少女隊・シングルコレクション」はリリースされていないので、次に期待するならそこしかない…と思っていた。

で、昨日になってはじめて知ったのだが、なんと去年、待望の「シングル・コレクション」がリリースされていたのだ。

ジャケットには「バランスシート」のシングルジャケも載っている!

ゴールデン☆ベスト 少女隊-フォノグラム・シングル・コレクション-

しかし、ここで炸裂するのがユニバーサル・ジャパンのとんでもない商法。


ジャケットには載っていても、「バランスシート」は収録されていないのだ!



ちなみに、「ナポレオンのくしゃみ」もジャケットに写真はあるものの、収録されていない。


長州力なら言うだろう。


「コレがオマエのやり方か!」


…と。


これが「浜崎あゆみ」とか「サザンオールスターズ」とかだったら、結構な騒ぎになっているはず。

少女隊、明らかに軽く見られてるよなぁ(“Are You Ready!?” もDVD化されないし…
)。

この盤、初CD化の曲もあることはある。

が、ファンのニーズとしては「バランスシート」の方が高いと思う。

果たして、「バランスシート」がCD化されるのはいつの日か…!?
0

2006/6/10  3:44

一心同体、少女隊  少女隊

1986年の終わり頃、アイドルグループ「少女隊」が洋楽のカバーアルバムをリリースしました。

タイトルは“SUPER VARIO(スーパーバリオ)”

●ジョニー・エンジェル
●デイドリーム・ビリーバー
●西暦2525年
●君の瞳に恋してる
●アイル・ビー・ゼア
●フェアリー・ブルー(=雨に消えた初恋)
 …などが収録されています。

「デイドリーム・ビリーバー」のカバーはタイマーズよりも全然早いんですよね。

私はこのアルバムがすごく好きで、「こんなにいいアルバムなのに、何で話題にならないんだろう?」と思ったりしてました。

特に、気に入っていたのが「フェアリー・ブルー」。
必死になってオリジナル曲を調べたものです。
まぁ、カバーアルバムの楽しみ方のひとつですよね。

この「フェアリー・ブルー」のオリジナルはThe Cowsills(カウシルズ)の“THE RAIN,THE PARK,AND OTHER THINGS”というナンバーで、日本では「雨に消えた初恋」というタイトルでヒットしたようです(1968年)。

1986年頃の少女隊は正当派アイドル路線でもなければ、セクシー路線でもなく…あえて言うならば、ややコミカル路線なのか?という感じの微妙なグループでした。

「ザ・ベストテン」や「トップテン」ではなく、「オレたちひょうきん族」の中の「ひょうきんベストテン」にしょっちゅう出てましたし…。

でも、この時期(新メンバー・トモの加入後)の少女隊がいちばん好きですね。

86年2月リリースのアルバム「UNTOUCHABLE」と、この「スーパーバリオ」、そして翌年の「ZOO」と「P-CAN」…どれもいいアルバムだったと思います。
少女隊の絶頂期だったといえるでしょう。

「少年隊」は中年になった今も続いているようですが、少女隊の方は、残念ながらフェイドアウトしてしまいました。
韓国や台湾(香港だったかも?)あたりではかなりの人気を誇っていたようですが…。

私の場合、今でも何かの拍子に「一心同体」という言葉が聞こえると、
つい「一心同体、少女隊」というフレーズを言いたくなる衝動に駆られたりします。
あれは強力なフレーズでしたね…。
誰でも1回ぐらいはつぶやいたことがあるのではないでしょうか(ないですよね、やっぱり…)。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ