2009/12/2  6:33

新機種CM  

ボクシングの亀田vs内藤戦。

あれだけの視聴率をとれれば、TV中継をスポンサードしていた企業も大満足でしょう。

ただ、流れていたCMは、ほぼSANKYOのパチンコ機「マクロス」一辺倒でしたね。

3分間のラウンドが終わるごとに、パターンこそ違うものの、パチンコ機のCMが集中的にオンエアされ続けました。

自分は、長いことパチンコ屋でバイトしていましたし、今でもときどきパチンコを打ちますが、さすがにああいうCMの集中投下には違和感というより嫌悪感を覚えます。

かつて、タバコや消費者金融のCMに関して、さまざまな規制が入ったように、パチンコ関連のCMについても、そろそろ何らかの規制が入ってもおかしくない時期だと思います。

「事業仕分け」の表現を借りるなら、「縮減」よりは「廃止」の方向が望ましいかと。

1/60 マクロス 完全変形 VF-1J 一条輝機 with スーパーパーツ
1/60 マクロス 完全変形 VF-1J 一条輝機 with スーパーパーツ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ