2007/8/26  23:15

ジュリー in 大宮ソニックシティ  歌謡曲

久しぶりの大宮ソニックシティ(たぶん、当代・林家正蔵の襲名披露興行以来…)。

今日はジュリーのコンサート初体験。

手を伸ばせば届きそうな距離(2列目)でジュリーの魅力を思いっきり堪能してきた。

クリックすると元のサイズで表示します


出てきてすぐに、ジュリーはステージを端から端まで何度も往復して歌う。

2列目とはいえ、端っこの方にいた自分にとってはうれしいサプライズだった(ミック・ジャガーや清志郎では、なかなかこうは行かない)。

ジュリーは今年で芸能生活40周年だそうだ。

自分にとって、今年で「40周年」といえば「ウルトラセブン」だったのだが、ジュリーもそうだったとは…。

ほとんどが知らない曲なので、セットリストなんて書けないけれど、見ながら、自分の胸の中にはさまざまな感慨が渦巻いていた。

「天使に涙は似合わない」では、不覚にも目に涙がにじんだ。

まぁ、これは曲の内容がそういうものだからということが大きいだろう。

しかし、「TOKIO」でも似たようなことが起きるなんて思ってもみなかった。

「TOKIO」では、「海に浮かんだ 光の泡だと」という部分に入ったとき、まさに「万感迫る」という感じで不意に胸がいっぱいになったのだった。

当時、「すげぇカッコいい!」と思い、ほとんどエンドレスのような勢いで再生していた「TOKIO」。

それを今、目の前でジュリーが歌っている…。

そんなことが頭をよぎったせいだろう。

ただ、自分でも本当に意外な瞬間だった。

初めて生で観た自分がいうのもどうかと思うけれど、ジュリーの声は「衰え」なんてものとはまったく無縁。

ジュリーは最高のボーカリストであり、そしてまた一流のエンターテイナーであるということを全身で実感できた、楽しく幸せな日だった。

あ、あと、バックも強力だったなぁ…。

あのバンドを見てしまった後では「ベースの存在とは…!?」なんて疑問が出てきたりするのも無理がない気がしたりして。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ