2012/12/30  18:38

新しい机と椅子  日常生活

前回の更新、7月か。

ツイッターばっかしで、ブログは全然やってないけど、「やめる」って気にはなかなかなれないんだよね(実質やめてるのとおんなじじゃん!と言われれば返す言葉がありませんが)。

そう、このブログには愛着があるのです。

なので、たまには更新したいなと思っています。

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち (だいわ文庫)
グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち (だいわ文庫)

仕事納めも終え、今回は9連休に突入。

こんなに長い休みは久しぶり(でも、終わったときには『あっという間だったな〜』って言うと思います)。

今年、大きな仕事としては3つ担当したんだけど、そのうちのひとつの仕事でミスを出してしまった。

痛恨の極み。

それでも、秋頃からはやや巻き返しの傾向がみえてきて、12月の後半には予想外の昇進。

それまでからすると3個上の役職になった。

これは異例(三階級特進ってコトになるのかな?)。

自分が勤めている子会社における、三年半前に編プロからきたメンバーの中では、古参の二人を抜いて、いちばんうえの役職になってしまった。

親会社は肩書き(役職)が絶対視される社風。

びっくりしたのは、わざわざ新品の「両袖机」と「ひじ掛けつきの椅子」が用意され、席の位置も偉い人っぽい場所に移動になったこと。

いまどき、そういうコトする会社ってあるんだな〜って驚いたけど、それは自分がちいさな会社しか知らないからで、ある程度の規模の会社になると、むしろそういうのが普通なのかもしれないな。

自分に対する親会社のみなさんの接し方も一変。

形式的なものなんだろうけど、それなりに丁寧に扱ってくれる。

肩書きがものをいう会社なんだなぁとあらためて実感。

肩書きが重くなれば、やりやすいこともやりづらいことも両方増える。

年末はまだ「こなさなければならない新規業務」に慣れることが精一杯というような状況だったけど、来年からは積極的に新規企画に携わっていきたいな…と、今朝、ずぶぬれになって走りながら、考えてました。

来年は心機一転、巻き返しの年にしようと思います。

ブログやツイッターで知りあえたみなさまにとりましても、来年がよい年となりますように!

ソウル・フラワー・クリーク [DVD]
ソウル・フラワー・クリーク [DVD]
↑「巻き返しをはかるから よく見てろって気分さ〜」の「雑種天国」も収録!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ