2012/1/4  23:10

景色/Land Scape  その他(音楽関連)

本当は今日から仕事始めだったんだけど、自分は有休。

だいたい、今日出勤したとしても、今、担当している業務の取引先すべてがまだ正月休み中なので、実質、シゴトは進行しないのだ。

それにちょっと風邪っぽいし。

休んで正解。

この年末年始の休みはなぜかPSY・S(以下、「サイズ」とカタカナで表記)をよく聴いていた。

自分のあんましよくないクセのひとつに「CDのブックレットを開かない」「歌詞カードを読まない」というのがあるのだが、今回はあらためてそれはよくないなぁと思った。

85年のサイズのデビューアルバムに「景色」という曲があって、それは88年の大ヒットアルバム「ノンフィクション」のツアーでも演奏されている。

Different View(紙ジャケット仕様)
Different View(紙ジャケット仕様)

LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR ’88-’89/PSY・S 4SIZE [DVD]
LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR ’88-’89/PSY・S 4SIZE [DVD]


自分はこの「景色」という曲が大好きなのだが、これまで歌詞カードをみたり、作詞・作曲が誰なのかなんてことは気にしたこともなかった。

なので、歌詞も部分的にはあやふや。

とうてい曲の全貌を知っているワケもなく。

なのに、「俺、『景色』が好きなんだよねぇ」なんて言っているのもどうなんだろ!? と、今回初めて思ったので、何十年かぶりに歌詞カードを見てみた。

そしたら何とびっくり。

「景色」はサエキけんぞうさんが作詞されていたナンバーだったのでした。

俺、ハルメンズもすごく好きなので、やっぱりどこか通底するものがあったんだなぁと実感。

ハルメンズの20世紀+8
ハルメンズの20世紀+8

21世紀さんsingsハルメンズ
21世紀さんsingsハルメンズ

よくよく見たら、サイズの1stではサエキけんぞうさんの作詞は結構多い。

ここで後悔した。

もう少し早くこういうコトを知っていれば、もっともっと若い頃に音楽の興味の範囲が広がっていたはずなのに…と。

サエキけんぞうさん、サイズに関しては、その後関与しなくなってゆくみたいだけど、「初期のみサエキけんぞうさんが関わり、その後は関わらない」という点で共通しているのは「モーニング娘。」だなぁとも思ったり。

ベスト!モーニング娘。1ベスト!モーニング娘。1
モーニング娘。 桜井鉄太郎 小西貴雄 ダンス☆マン 前嶋康明 河野伸 つんく サエキけんぞう

ZETIMA 2001-01-31
売り上げランキング : 20081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モーニング娘。のデビュー曲「愛の種」の作詞がサエキけんぞうさんだときいたときは何だかちょっとうれしいというか誇らしいというか、そういう気持ちになったものだった。

しかし、この「ブックレットをほとんど見ない・読まない」というのは、やっぱしよくないクセだなぁと思う。

自分の場合、恥ずかしい話、清志郎に関しても、実はあの「十字架」シリーズあたりからはほとんどブックレットを開いていない。

なので、後期の曲はタイトルがわからないものも結構ある。

曲の中でタイトルが連呼されたり、ライブでしょっちゅう披露される曲ならタイトルもわかるけれど、それ以外の曲はタイトルだけ言われても、それがどの曲のことなのかはさっぱり…という感じ。

最近、iPodで聴きながら、たまに曲名表示を見て、「あぁ、この曲ってこういうタイトルなんだ…」なんて思うことが多くて。

何かこう、音楽に真っ正面から向きあっていないなぁ…と。

テキトーだな…と。

昔は好きな音楽からいろいろなことを吸収したいという貪欲さがあったのにな。

何かさ、「真剣に聴いてない証拠じゃん!」というツッコミがあってしかるべきだよな…と。

今年はもうちょっと真剣に音楽と対峙してみよう。

その曲を取り巻くさまざまな状況に思いを馳せながら。

たぶん楽しさや発見も増えるはず。

どうも俺はあちこち錆びついているな。

初音ミクsingsハルメンズ
初音ミクsingsハルメンズ
0

2012/1/4  12:43

お正月、Round1に行くの巻  日常生活

3日は正月恒例のマスオさん業務第2弾(第3弾ともいえる…)。

今回も、不平不満は飲み込んで必死に頑張った。

まずは義理父とカミさんのすぐ下の妹一家とボウリング(!)をしに行く。

行ったのは、ゲーセン、ビリヤード、ダーツ、カラオケなんかと複合している「Round1」というトコロ。

すげー混んでました……。

みんなこういうところに押し寄せてるのか。

もちろん、自分もそのうちの一人なのだが、オレは自分の意志ではない(と、言い訳)。

今回、こういう経緯がなければ、一生来ないであろう場所。

客層とか、いろいろと社会勉強になりました。

店側が用意しているプレゼントや、ゲーセンのUFOキャッチャーの景品が「キティちゃん」と「ワンピース」に偏っているというのも何となくうなずける感じで。

午前中に電話予約をしてから行ったのだが、フロントの大行列はかなりのものだった(30人ぐらい?)。

予約していても、ある程度は待たされる。

で、子供たちを交えて2ゲーム投げた。

スコアは1ゲームめが111、2ゲームめが152。

3年ぶりにやったが、もう1ゲーム投げたかったな。

2ゲームめから少し調子が出始めた感じだったし。

ボウリングスタジアム
ボウリングスタジアム

帰りは、みんなで食べるすき焼き用の具の買い足しやビンゴゲームの景品のための買い物に。

ここでもクルマの中でえんえんと待つ。

ようやく帰り着くと、カミさんのもう一人の妹夫婦も来ていて、そこからすき焼きが始まる。

超にぎやか。

食べ終わってからしばらくするとビンゴ大会。

景品は100円ショップのものが主体。

正直、ノレていない自分は「どれでもいいや…」という感じなのだが、みんなは大盛り上がり。

ホント、大騒ぎだった。

終わったときには、なぜかドッと疲れた感が。

でも、子供たちが「今年のお正月は楽しかったなぁ」と言っていたので、まぁ、それは何よりだな…と

ちょっと前のCMじゃないけど「子供たちの笑顔………プライスレス」という感じかな…と。

コレを書いている今はもう4日。

本当なら仕事始めなのですが、有休にしておいてよかった。

疲れたせいか、風邪ぎみです。

めずらしく「気疲れ」のほうも多かったからね。

でも、フツーの大人に比べたら自分の努力なんて笑っちゃうレベルなんだよなぁ。

もう少し「親」らしい振る舞いを心がけないとダメだろうね。

今年はこのあたりのことを重点的に頑張らなくちゃね。
0

2012/1/2  23:58

ありがたきお正月  日常生活

新しい年になりました。

今年が皆様にとってよい年になりますように。

自分の場合、今年のお正月はいつもの年に比べて多少充実しているというか、中身があるものになっている気がする。

たぶん理由は2つ。

1つめは「早寝早起き」ができていること。

日頃、日付けが変わる前に床につくなんてことは年に1回か2回しかなく、たいてい午前1時30分〜2時30分頃に就寝するという生活を長年続けている自分。

起床は6時40分前後なので、平均睡眠時間はだいたい4時間半というところである。

昔はこれでも全然平気だった。

けど、ここ1年ぐらいの間に、この睡眠時間では身体がもたなくなってきていることを実感している。

それと、夜更かしで最悪なのが、日付けが変わってしばらくした頃に小腹がすいてしまい、ついついチョコレートやおせんべいなんかを食べてしまうこと。

コレもまずい。

太る。

で、最近はなるべく早めに寝ることを心がけ、かつ、減量策として約4年ぶりぐらいで土日のジョギングも復活させている。

金哲彦のランニング・メソッド
金哲彦のランニング・メソッド

ジョギング、4年前に比べるとタイムは落ちているのだが、持久力はむしろ上がってきているような感じ。

4年前までは1回に10km走ればだいたい満足していたが、最近は最低でも12kmは走らないと気がすまない。で、14,5km走ればまぁ満足。

この年末年始は「早寝早起き」+「ジョギング」に関しては、ほぼ計画通りに実行できている。

そこからくる充実感はかなり大きい。

加えて、「早起きすると一日が長い」ということの良さも実感している。

前は休みの日はだいたい朝は9時半すぎに起きていた。

それでダラダラ過ごしているのだから、あっという間に午後2時とか3時になってしまう。

で、あせって活動し始めると、すぐに夕方…というのがお決まりのパターンだった。

早い時間に走り終え、入浴し、ゆっくり朝食をとっても、まだ10時台だったりすると、その一日は結構長い。

心に余裕が生まれる。

前はお正月なんて「午前中に起きて活動を開始する」というのが目標だったくらいだもんなぁ。

一日があっという間に終わってた。

それに比べれば今はだいぶマシ(きちんとしている人たちからするとまだ全然ダメだろうけど)。

「朝から活動できている休日」のありがたさをしみじみ実感している。

2つ目の理由は「気が進まないことでも、逃げずにこなしている」こと。

自分はサザエさんの「マスオさん」と似た立場での実生活を送っている。

アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま〜す!
アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま〜す!

当然、お正月にはカミさんの身内がらみでの集まりが多い。

いちおう毎年参加しているのだが、義務感というかイヤイヤ感たっぷりで、しぶしぶ同席している局面も多かったというのが正直なところ。

が、今年はもう完全に「お正月のこの限られた時間のことだ」という内面への言い聞かせが成功したのか、妙にスッキリとした前向きな気持ちで参加することができた。

ずいぶんとカミさんの身内に寄り添ったものの見方もできるようになってるし(何年かかってんだ! という話もありますが…)。

これは自分でも意外だった。

あと、今日は家族で初詣に行った。

喜劇 初詣列車 [DVD]
喜劇 初詣列車 [DVD]

これだけ書くとまったく当たり前すぎる普通のことにみえるが、自分が三が日のうちに初詣に出かけたのは生まれて初めて。

とにかく「混んでるところ」が大嫌いなので、これまで初詣といえば、早い年で5日、平均的には10日頃に出かけていた。

しかし、お昼ごろ、ツイッターで「みんな、本当にいろいろと出かけてるんだなぁ」と思ったり、子供たちも退屈そうにしてたりしたので、思いきって、家族に「初詣でも行くか」と声をかけたのだった。

みんな喜んで仕度を始めた。

が、それに反して少しずつ後悔しはじめる自分。

家を出るとき、カミさんだけに「なぁ、こんな普段やりつけてないことやると、逆に良くないかなって感じしてるんだけど…」とささやいたりして。

結局行ったが、かなりの混みっぷり。

服着せた小型犬を抱いてお参りしている人も結構多い。

その小型犬がらみのちょっとしたできごともあったりして、そのときは本当に腹が立ってイヤになった。

が、参道(っていうのかな?)の露店でたこ焼きやフランクフルトを買って喜んで食べている子供たちをみていたら、来てよかったなと思えた。

これまで、初詣でといえば、人のいない(もちろん露店も出ていない)閑散とした神社にしかきたことがなかったからね。

お正月の神社の雰囲気を味わうことも必要だな…と。

「混んでるからヤダ」とばかり言ってはいられないな…と。

まぁ、そんな気持ちだった。

初詣の帰り道、ショッピングセンターに寄って、いろいろと買い物をした。

ショッピングセンター内のファミレスで軽い食事をとり、帰ろうとしたとき、自分の財布がないことに気づいた。

現金も多めに持ってきていたし、免許証もカードも入っている。

さすがに青ざめた。

ダメもとでサービスカウンターに問い合わせてみると、何と自分の財布は届けられていて保管されているというご回答が!

サービスカウンターの係の人とともに、指定された場所に財布を受け取りにいき、中身を確認させてもらった。

これまたラッキーなことに全て無事。

カミさんに「慣れないコトしたから財布失くしたのかなぁ」と言ったら、「違うよ。初詣に来たから、財布が見つかったんだよ。そうでしょ?」と言われた。

そう。自分に欠けているのはそういう考え方なのである。

今年はまわりへの気配りと感謝、そして前向きな気持ちを心がけたい。

ちょっと宗教がかってるなぁと思わなくもないけど、まぁそれは言いっこなしってコトで。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ