2009/12/29  12:02

ハリーハウゼンまとめ買い  その他(特撮)

レイ・ハリーハウゼンがモデルアニメーションを担当した作品群のDVDが廉価版で再発されました。

自分がこの再発のニュースを知ったのは今月の初め頃。

その時点で、楽天ブックスでは、すべての作品が「予約終了(売り切れ)」の表示になっていましたが、アマゾンではどの商品もまだ予約が受け付けられており、かつ「3枚で合計3000円」というキャンペーンの対象商品にもなっていたのでした。

ハリーハウゼンの作品群が「1枚1000円」で手に入るなんて、絶好のチャンスです。ココでまとめ買いしない手はありません。

今回は既に発売済みの作品に加え、以下の7作品を一気に注文しました。

「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す(1956)」
世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す [DVD]
登場する円盤は、ティム・バートン監督の「マーズ・アタック!」の円盤の元ネタになっています。


「地球へ2千万マイル(1957)」
地球へ2千万マイル [DVD]
「金星竜イーマ」とか「イーマ竜」とか、いろいろな名前でよばれるモンスターが登場。大きさがリアルです。象と戦います。


「シンドバッド7回目の航海(1958)」
シンドバッド 7回目の航海 [DVD]
一つ眼の巨人「サイクロプス」は、RCサクセションの「the KING OF LIVE」のジャケットでもおなじみ。

レイ・ハリーハウゼン フィルムライブラリー 55cm サイクロプス
レイ・ハリーハウゼン フィルムライブラリー 55cm サイクロプス

KING OF LIVE(紙ジャケット仕様)
KING OF LIVE(紙ジャケット仕様)


「SF巨大生物の島(1961)」
SF巨大生物の島 [DVD]
これから見ます。


「アルゴ探検隊の大冒険(1963)」
アルゴ探検隊の大冒険 [DVD]
一番好きな作品です。クライマックスのガイコツ兵士たちとの戦いのシーンは圧巻。ここばかり何度も見てしまいます。


「シンドバッド黄金の航海(1973)」
シンドバッド 黄金の航海 [DVD]
カーリーの剣捌きが記憶に残っています(今回はまだ見ていません)。


「シンドバッド虎の目大冒険(1977)」
シンドバッド 虎の目大冒険 [DVD]
昔、見たはずなのですが…あまり覚えていません。


既に発売済みの作品で、今回注文したのは以下の3作品です。

「恐竜100万年(1966)」
恐竜100万年 [DVD]
人類と恐竜が一緒にいる(!)世界が舞台です。ツッコミどころも多いですが、字幕・吹き替え不要の原始語(?)のみの内容は、子供にも親しみやすいと思います。


「恐竜グワンジ(1969)」
恐竜グワンジ [DVD]
DVDが届く前にYouTubeでほぼ全篇を見てしまいました…大聖堂(?)での哀しいラスト。


「タイタンの戦い(1981)」
タイタンの戦い 特別版 [DVD]
現在、リメイク版が製作されている最中だそうです。


ハリーハウゼンの作品は、昔、朝日ソノラマの「宇宙船」誌上でよくとりあげられていました。聖咲奇さんが海外のSF映画を紹介するコーナーだったでしょうか。「センス・オブ・ワンダー」という表現が多用されていたような記憶があります。

ハリーハウゼンのモデルアニメ(ダイナメーション?)は、こういう系統の作品(人形アニメなど)が好きな人にとってはたまらない出来栄えです。ちょっとでも興味のある方はぜひ一度ご覧になることをオススメします。個人的には「地球へ2千万マイル」か「アルゴ探検隊の冒険」がイチオシです。

<追記>
最近「清志郎・RC」カテゴリの記事を書いてないなぁと思っていたら、今回、偶然にも「サイクロプス」つながりでRCの話題が登場!
ハリーハウゼンと清志郎関連の意外な符合に、自分でもびっくりしました。
自分の好きなものどうしがジャンルを超えたところでつながっているというのは、結構うれしいものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
↑これらのDVDを見るのが、今回の年末年始の楽しみです。
0

2009/12/12  19:01

レトロえんぴつ  

近所にある、古くて小さな書店。

店内には文房具のコーナーもあって、そこの「えんぴつ」コーナーには、かなり古めの鉛筆も置いてある。

これまで、「何だか古くさい鉛筆があるなぁ…」と思ったことはあるものの、手にとっていろいろと見たりはしていなかった。

しかし、何日か前、「アンタが好きそうなクルマの絵がついた昔の鉛筆買ってきたよ」と、カミさんから渡された何本かの鉛筆を見て驚いた。

コレ、この間の「ディノRS」のモデルになった「フェラーリ ディノ 206 コンペティツィオーネ」だよ!

クリックすると元のサイズで表示します

ほかにも…

ランボルギーニ・カウンタック。
クリックすると元のサイズで表示します

ポルシェ936。
クリックすると元のサイズで表示します

ブルートレイン。
クリックすると元のサイズで表示します

エル特急。
クリックすると元のサイズで表示します

だいたい昭和52〜54年あたりのモノだろうか…懐かしい。

「まだいろいろあったよ」とのことだったので、今日は自分で買い足しに行ってきた。
以下、今日の戦果。

恐竜探検隊ボーンフリー!
クリックすると元のサイズで表示します

フェラーリのF1マシン2種(126C2とF1-90か?)。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

家なき子。
クリックすると元のサイズで表示します

すべて「1本40円」でした。

うーん、あるところにはあるんですねぇ。
0

2009/12/9  22:08

ヤマハのロゴ  

仕事中、とあることをネットで調べているうちにいつの間にか脱線。

で、ちょっとしたトリビアを得ました。

これ↓は楽器の「ヤマハ(=ヤマハ株式会社)」の企業ロゴ。

クリックすると元のサイズで表示します

丸の中に音叉が3つデザインされたマークの横に「YAMAHA」という文字が並んでいます。

で、こちら↓はオートバイやスクーターの方の「ヤマハ(=ヤマハ発動機株式会社)」の企業ロゴ。

クリックすると元のサイズで表示します

もともとは同じ会社だっただけあって、企業ロゴも同じ…ということはなく、実は微妙に違っています。

個人的にはその微妙さ加減がツボでした。

違いは以下の2点。

1.音叉のデザインが丸の中にきっちり納まっているのが「楽器」の方。「バイク」の方は音叉のデザインが丸にかかっています(今回の画像ではちょっと分かりにくいのですが…)。

2.「YAMAHA」の「M」の文字の谷の部分(「V」という形のところ)が、下までついていないのが「楽器」の方。「バイク」の方は下までついています。

あと、「違い」として明言はされていないようですが、「楽器」の方の文字はほんの少し細めになっているようにも見えます。

でも、バイクや船外機の方のヤマハさんが、今も「音叉」のデザインを使い続けているところがいいなぁ…と思いました(うーん、小学生の作文のような終わり方…)。


ヤマハ 卓上木琴 No.180
ヤマハ  卓上木琴 No.180




ヤマハ除雪機 ベーシックシリーズ YT-660E 除雪量:35t/h
ヤマハ除雪機 ベーシックシリーズ YT-660E 除雪量:35t/h
0

2009/12/5  16:29

ディノRS  ホビー

この夏(?)、ほとんど知らないうちに「サンクス、サークルK限定」で発売されていたコレ↓

サーキットの狼 ミニカーコレクション 風吹裕矢 京商 サークルKサンクス限定(全8種フルコンプセット)
サーキットの狼 ミニカーコレクション 風吹裕矢 京商 サークルKサンクス限定(全8種フルコンプセット)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


このたび、ようやく入手しました。

夏の終わりごろ、「『サーキットの狼』のミニカーがサンクス限定で出たらしい」という程度の情報は耳にしていましたが、「行動範囲内にサンクスなんてないし、すぐに売り切れたらしいからいいや…」なんて、あっさりスルーしていたのです。

しかし、最近、この2冊↓を書店で偶然見かけて購入したことにより、自分の中での「サーキットの狼」熱が再燃。

サーキットの狼 公道グランプリ編 1 (Motor Magazine Mook)
サーキットの狼 公道グランプリ編 1 (Motor Magazine Mook)

サーキットの狼 公道グランプリ編 2 (Motor Magazine Mook)
サーキットの狼 公道グランプリ編 2 (Motor Magazine Mook)

いろいろと検索しているうちに、サンクス限定で発売されたこのミニカーコレクションには、何と「ディノRS」が含まれていたことが判明(「YATABE RS」としてラインナップされています)。

「ディノRS」は物語中盤の「流石島レ―ス」で、主人公の風吹裕矢が乗るクルマです(実在する車種ではありません)。

クリックすると元のサイズで表示します

小学生の頃、この「ディノRS」の絵を何度描いたことでしょうか。

風吹裕矢の「ロータス・ヨーロッパ」も大好きでしたが、個人的にはこの「ディノRS」の方にいっそう強い思い入れがあります。

その「ディノRS」の1/64のミニカーを、コンビニで買える状況だったとは…!(ブラインドボックスとはいえ…)

それを知った自分は、このミニカーコレクションが猛烈に欲しくなってしまい、オークション等をいろいろめぐったあげく、通販サイトで9月再販分のセットが「残りわずか」という表記で販売されているのを発見し、即注文しました。

注文後、サイトでは「完売」表示に変わったので、最後の1セットだったようです。

この期に及んで全8種を定価で入手できたのは、ラッキーでした(現在、Amazonでは約10倍の高値出品もあります)。

しかし、その後こんなモノ↓も発見。

【LOOKSMART/ルックスマート】1/43 フェラーリ ディノ レーシングスペシャル (流石島レース仕様)
【LOOKSMART/ルックスマート】1/43 フェラーリ ディノ レーシングスペシャル (流石島レース仕様)

これも猛烈に欲しいですが、財政事情が許してくれません…。
0

2009/12/2  6:33

新機種CM  

ボクシングの亀田vs内藤戦。

あれだけの視聴率をとれれば、TV中継をスポンサードしていた企業も大満足でしょう。

ただ、流れていたCMは、ほぼSANKYOのパチンコ機「マクロス」一辺倒でしたね。

3分間のラウンドが終わるごとに、パターンこそ違うものの、パチンコ機のCMが集中的にオンエアされ続けました。

自分は、長いことパチンコ屋でバイトしていましたし、今でもときどきパチンコを打ちますが、さすがにああいうCMの集中投下には違和感というより嫌悪感を覚えます。

かつて、タバコや消費者金融のCMに関して、さまざまな規制が入ったように、パチンコ関連のCMについても、そろそろ何らかの規制が入ってもおかしくない時期だと思います。

「事業仕分け」の表現を借りるなら、「縮減」よりは「廃止」の方向が望ましいかと。

1/60 マクロス 完全変形 VF-1J 一条輝機 with スーパーパーツ
1/60 マクロス 完全変形 VF-1J 一条輝機 with スーパーパーツ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ