2009/9/20  6:49

けんしこ  

「ウルヴァリン」にも出てきた「セイバートゥース」は、日本語では「けんしこ」のことだ。

小さい頃読んでいた図鑑に、この「けんしこ」が載っているページがあった。

「けんしこ」って変な名前だな…と思っていたら、巻末の保護者向けページに「剣歯虎」として解説されているのを見つけた。

「あぁ、こういう意味か…漢字で書いてふりがなをふればいいだけなのにな」と思ったのを覚えている。


小学校1年生の時、担任が「えすがたにょうぼう」と黒板に書いて、お話を始めたことがあった。

そのタイトルは、ぼくの頭の中で即座に「S型女房」と変換されていた。

「S型」を機械の型番のことだろうと解釈し、「ロボットみたいな女の人の話かな?」と思って聞いていたら、全然そんな話じゃなくて、がっかりだった。

正解は「絵姿女房」だったのだ。

このときも「漢字で書けばすぐにわかるのにな…」と思った。

あ、「剣歯虎」は、仮面ライダーファンならばご存知の「スミロドン」のことだそうです。

大恐竜時代ソフト人形シリーズ24 スミロドン
大恐竜時代ソフト人形シリーズ24 スミロドン
0

2009/9/20  1:29

日焼け  日常生活

土曜日は次男の幼稚園の運動会だった。

去年に引き続き、「お手伝いしていただけるお父さん」に名乗りを上げていたため、朝の6時45分頃から、テントの設営やライン引きなどの準備に駆り出される。

去年はとても暑く、度を越した日焼けをしてしまい、大変なことになったのだが、今年は涼しく、曇りぎみだったので、その点は大丈夫なのかなと思った。

会場の設営を担当すると、ロープやヒモをスピーディに、かつ、強固に結ばなければならない場面やクイをしっかりと打ち込まなければならない場面に遭遇する。

こんなとき「キャンプ」や「釣り」などのアウトドアの遊びに慣れているような感じのお父さんたちは、とても手際がいいし、仕事自体もしっかりしているので、とても尊敬してしまう。

自分のようなインドア派っぽいお父さんたちは、たいていあたふたしているし、仕事のデキ(ロープの結び目やクイの打ち込み具合)も、イマイチ心もとない。

去年に引き続き、「手伝いには間違いなく参加していたが、主要な部分を担ったワケではない」という感じに終わる。

おまけに、終わってみれば、紫外線の量も去年と遜色なかったようで、顔と腕がめっちゃ真っ赤に日焼けしていた。

今も超ヒリヒリして痛い。

去年は冷やしたキュウリの輪切りを乗っけて対処したんだっけ…。

今年は丸刈りなので、頭の地肌も真っ赤。

何日かすると、顔や腕の皮は確実にぼろぼろとむけてくるのだが、今回は頭の地肌もそうなるのだろうか…ちょっと恐怖である。
0

2009/9/20  0:50

ウルヴァリン  映画

金曜日、映画「ウルヴァリン X-MEN ZERO」を見に行った。

クリックすると元のサイズで表示します

Xメンシリーズは、前作の「3」がちょっと期待外れの出来映えだったが、今回はXメンになる前のウルヴァリンにスポットを当てた作品ということで、楽しみにしていたのだ。

今作はウルヴァリンと、その兄・ビクター(セイバートゥース!)を中心としたストーリー。
アダマンチウムに関することやストライカーとの因縁、そして「ウルヴァリン」という名前の由来、記憶をなくした理由など、これまでの3作品で明かされていなかったことがよくわかるようになっている。

練られた脚本と派手なバトルの演出に超満足。
久々に心の底から楽しめた映画でした。

エンド・クレジットの最後にもちょっとしたシーンがあるという平成ゴジラ方式。

まだまだシリーズが続きそうなのがうれしい。
0

2009/9/12  17:15

人の親  日常生活

子供会の行事で、ちょっとしたお出かけ。
パーティーに使われるような会場で昼食をとったのだが、食事が終わる頃には一部の子供たちがテーブルの間を走り回ったりして大騒ぎ。
が、騒いでいる子供のお母さんたちはいっこうに止める気配はなく、おしゃべりに夢中である。
そのうち、子供たちは会場内の音響機器の電源を勝手にオンにして、マイクで絶叫するまでにエスカレート。
子供会の役員をしているお母さんが注意をして、いったんやめるそぶりは見せたものの、そのお母さんが席に戻ると、すぐに同じことを繰り返す。
その役員の人は、子供たちをいったん自分のテーブルにつくように誘導した。
テーブルのお母さんたちは、役員の人に何か詫びるでもなく、また、子供たちを注意するそぶりもみせない。
むしろ、「別にそれぐらいイイじゃん」という感じの露骨な不満顔。

帰り、そのうちのひとりのお母さんとバスの席が近かった。
そのお母さんが話している内容を聞いたら、「あぁ、やっぱり親に問題があるんだなぁ…」と実感した。

以下、そのお母さんがママ友と話していた内容。
終始普通のトーンで話していたのが、自分にとっては新鮮な驚きだった。

「アタシ、免許なくなったの言ったっけ?」
「なくしちゃったの?」
「違う。点数がなくなったの。何か、シートベルトしてなかったり、ケータイかけながら運転してたりしたら、点数が減っちゃって
「うん」
「そしたらさ、今度は居眠り運転して前のクルマにガー突っ込んでオカマ掘っちゃって
「えぇ、大丈夫だったの?」
「うん。まぁケガはしなかったんだけど、点数引かれて、で、点数なくなっちゃって、それだけじゃなくて免許取り消しだって」
「取り消しってすぐには乗れないの?」
「うん、1年。でその後は普通にもう1回教習所行ってくださいって言われちゃった」

点数が減らされてなくなった」という感覚…こういう人間にも、再チャレンジのチャンスを与えるべきなのだろうか。

あと、こんなことも言ってたな。
「ウチの子は私の言うことは全然聞いてくれないから」「絶対先生に目をつけられるタイプなんだよね」

まぁ、子供会の中だけでもこういう人がいるんだから、学校の先生は大変だろうなぁ…。
0

2009/9/10  22:59

東京無線  ホビー

トミカリミテッドやリミテッドヴィンテージ、リミテッドヴィンテージNEOシリーズのミニカーをときどき買っている。

最近気になっていたのが「トミカリミテッド タクシーコレクション」。
トミカリミテッド タクシーコレクション 4種アソートセット
トミカリミテッド タクシーコレクション 4種アソートセット

4車種の中で圧倒的に欲しかったコレ↓を今日、とうとう入手した。
クリックすると元のサイズで表示します

「東京無線」だ!

「高円寺」と書かれているクルマがチョイスされているのもうれしい(見づらい写真ですみません…)。
クリックすると元のサイズで表示します

高円寺のパチンコ屋の常連に東京無線の運転手さんのグループがいたのを思い出す…。

リアも味わい深い。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、このミニカー、お客さんが乗り込む左後部のドアしか開かない作りになっている。

うーん、他の3車種も買いたくなってきたなぁ…。
クリックすると元のサイズで表示します


トミカリミテッド タクシーコレクション 東京無線
トミカリミテッド タクシーコレクション 東京無線


トミカリミテッド タクシーコレクション 日の丸交通
トミカリミテッド タクシーコレクション 日の丸交通


トミカリミテッド タクシーコレクション チェッカーキャブ
トミカリミテッド タクシーコレクション チェッカーキャブ


トミカリミテッド タクシーコレクション グリーンキャブ
トミカリミテッド タクシーコレクション グリーンキャブ
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ