2008/12/28  2:20

黒いサンタ、七色の化身  日常生活

クリスマスの話。
結局、長男には本を3冊チョイス。
前から欲しがっていた迷路と隠し絵の本(コレ、大人もかなり楽しめます)
進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
進化の迷路 原始の海から人類誕生まで香川 元太郎 冨田 幸光

おすすめ平均
stars迷路がますます好きになりますよ。
starsすごい本です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

残りの2冊は俺がセレクト。
食べ物のひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)
食べ物のひみつ (学研まんが 新・ひみつシリーズ)

まんがでわかる職業いろいろ150―こどもの夢を育てるしごと事典 (ブティック・ムック No. 762)
まんがでわかる職業いろいろ150―こどもの夢を育てるしごと事典 (ブティック・ムック No. 762)

長男は日頃からよく「ケーキ職人になりたい」と言っており、食べものや料理については少し興味があるのだった。
しかし、朝、枕元の包みを開けたときの長男の嘆きっぷりといったら。
「何だよコレ…サイアク」
「オレ、PSP頼んでたのに…」
嘆き続ける長男に声をかけた。
「何、サンタさん本くれたんだ!?」
「うん…最悪だよ」
「本を読みなさいってことなのかもな。でも、石炭じゃなくてよかったじゃん」
実は今年、クリスマスの少し前にテレビで「悪い子には石炭を持ってくる」とかいう「黒いサンタクロース(ブラックサンタ)」の話題がとりあげられていて、それを見た長男は、
「げ〜、あんなのいるのかよ。こわ〜。オレ全然知らなかった…」
と、かなりの衝撃を受けていたのだった。
「そうだよ。大人のいうこと聞かなかったり、勉強さぼったりしてるとブラックサンタが来て石炭だぜ」
調子に乗っておどかす俺。
それからクリスマス当日までの4、5日の間は「あっ、お前もう石炭だな。俺、ブラックサンタに来てもらうように言おう」というおどし文句が実によく効いた。
これを言われると長男は本気で慌てるのだった。
「え〜ダメダメ。それだけはやめて。ごめんなさい」
本来、「おどし」という手段で子供をしつけるのは、あまり好ましくないんだけど、こういうケースだとついつい言ってしまう。
長男の心の中では、まだサンタはとてつもなく大きい存在なんだということがよくわかった。

CRフィーバー愛の戦士レインボーマン'70」を3回打った。
トータルではプラスだが、スペックがなぁ…。
自分にとっては、とてもメインとして打てるような機種ではない。
ゲームで出れば買ってもいいかなと思う。
主題歌、当時のバージョンに似せる努力はしているが、やっぱり違和感はある。
また、ダイバダッタ役の井上昭文氏の実写映像は使われているのだが、ヤマトタケシ役の水谷邦久氏の映像はなし。
ヤマトタケシはCGによるキャラとして登場するが、その見た目は水谷氏とは全くの別人。同じく、死ね死ね団側のジェノバードやフドラ、イグアナなんかも全く違うテイストのCGキャラになっている。
化身たちの実写映像もたくさん出てくるが、太陽の化身の「人間の顔の部分」に関しては、CGによる修正が施されており、ちょっと気持ち悪い感じもある(気づいていない人が大半なんでしょうけど…)。
あと、「死ね死ね団ボーナス」という2ラウンドのショボ当たりになると、あの「死ね死ね団のテーマ」が流れるのだが、残念ながら「カラオケ」なのだった。
しかし、実写リーチで「アイスリー」や「ヘドロン」が出てくるとはね…。
パチンコに触発され、今日はDVDでレインボーマンをたっぷりと観た。
やっぱり面白すぎる。
パチンコよりも本編だよ。うん。
年末年始はこれだな。

愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編 [DVD]
愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編 [DVD]特撮(映像)

おすすめ平均
stars当時はハマッタんですけどねぇ・・・
stars泥臭さ最高。
stars今の日本に忘れかけたもの
stars何もかも真剣、何もかもが熱い!!
starsあ〜懐かしい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レインボーマン・ダイヤモンドアイ・コンドールマン大全―70’s川内康範ヒーローの世界
レインボーマン・ダイヤモンドアイ・コンドールマン大全―70’s川内康範ヒーローの世界
0

2008/12/20  13:22

SHINE A LIGHT  ストーンズ

昨日、新宿武蔵野館で、映画“SHINE A LIGHT”を観た。
いったん、まんなかあたりに着席したのだが、ちょっとスクリーンが小さめだなぁと感じたため、思い切って前から2列目に移動。
前の方は他のお客さんがほとんどいないせいもあって、快適に鑑賞できた。
ライブシーンに入ってからは、映画ではなくライブそのものの観客であるかのような錯覚におちいってしまい、曲が終わるときについつい拍手したくなる衝動に駆られる。
“YOU GOT THE SILVER”でのキースにはちょっとびっくり。
ああいうパターンもあるのか…自分は観ていてちょっと落ち着かなかったが。
(今、パンフを見たらスコセッシの提案によるものだったそうです)
122分という上映時間はほんとうにあっという間。
久々によけいなことを考えずに映画そのものを楽しめた。
観客の中心層は50代という感じ。
でも、制服を着た男子高校生のグループもいて、まだまだ捨てたもんじゃないなと思った。
多分DVDも買ってしまうことになりそうだけど、スクリーンで観たときとはやっぱり違うのかな。

↓リージョンフリーのDVDプレーヤーがあれば…
Shine a Light (Ws Dub Sub Ac3 Dol Sen) [DVD] [Import]
Robert Richardson
B0014DZ2XC


0

2008/12/17  21:29

サンタの予算  日常生活

清志郎、スティーブ・クロッパーさんたちとレコーディングもしてたそうで。
ツアーやアルバムじゃなくても、こんな感じでたまに活動の状況が伝わってくれば、うれしいです。

もうすぐクリスマス。
長男(小3)は、不思議に思いつつも、まだ何とかサンタの存在を信じているようだ。
俺が小3の頃、まわりでサンタさんの話を信じてる友だちなんてひとりもいなかったように思うが、どうも最近はこんな感じの子が多いらしい。
で、長男に「サンタさんに何お願いするの」と聞いてみると、
「PSPの本体とパタポン2っていうソフトがセットになってるやつ。それともう1本、ファイティングエポリューションゼロっていうソフト」と言う。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 パタポン2 ドンチャカ ♪ Winterギフトパック
B001F51GFC

ウルトラマン ファイティング エボリューション 0 バンプレストベスト
B000QG7DTE

「おまえ、それ高いよ…サンタにだって予算があるんじゃないか。それに何で1個じゃなくて3個も頼むんだよ」と、大人の事情丸出しで返答。
すると、
「えぇっ? だって、前、弟には怪獣の人形3個ぐらい来たじゃん」と言う。
確かにそうだ。去年、次男は怪獣の人形を計3体サンタに頼んでいたのだが、単価が安いこともあり、その希望はなんの問題もなく通っていたのだった。
「けど、あれは3個合わせても2千円しないじゃん。今回のは全部で2万4、5千円ぐらいだろ。いくらサンタさんでも、みんながそんな値段のもの頼んだら大変だと思うけどな」と釘を刺しておいたが…。
だいたい、長男は夏にDSをDSliteに買い替えたばかりか、最近も、やたらにカミさんの「おば」にねだってDSのソフトを何本も手に入れているのだ。
会社の帰り道に考えたが、やっぱりこれは却下だな。
何か学習に関係するものにして、「これは…サンタさんがゲームばかりじゃなくて勉強しなさいって言ってるんじゃないか」なんていう展開にしようかな…という考えが、今、頭の中をよぎっている。

今日、「蒸気船ウィリー」から始まるミッキーマウスのモノクロ時代の作品を集めたDVDとNHKのプチプチアニメ「ジャム・ザ・ハウスネイル」のDVD第3巻が届いていた。

ミッキーマウス/B&Wエピソード Vol.1 限定保存版 (初回限定) [DVD]
ディズニー
B001E5AJIS



ミッキーマウスはまだ最初の方しか観ていないが、「蒸気船ウィリー」の次の「ギャロッピン・ガウチョ」では、ミッキーがタバコを吸い、ビールを飲む。
モノクロ初期のミッキーは、そこらにいる動物に対して、ほとんど虐待に近いような扱いをしたり、ミニーにしつこくキスを迫ったりするなど、今の優等生キャラとはほど遠い性格で、楽しめる。
「ジャム〜」の方は最終巻。最終話は、ピぺがジャムの元から去ってしまうという何ともさびしいお話。1巻は、まだ長男が小さい頃、VHSで買ったんだったよなぁ…。全15話とはいえ、この作品らしく、とてもゆっくりとしたペースでの完結だ。
0

2008/12/13  22:54

とうとうダウン  日常生活

昨日はクライアントに「納品」に行く日だったが、朝から発熱と下痢でダウン。
行きがかり上、久しぶりに一人で担当した仕事だったせいもあり、最後の納品まで自分の手で完遂したかったが、あえなく断念。
電話で同僚に依頼した。
「困ったときはおたがいさまですよ」と、快く引き受けてくれてとてもありがたかった。
で、午後は病院に。
去年同様、この時期は「お腹にくる風邪」がものすごく流行っているとのこと。
抗生物質や整腸剤その他やたらに薬が出た。
でも、さすがに病院で処方される薬は効き目が全然違うのか、今朝、咳はほとんどおさまっていた。
たっぷり休養をとり、38度を超えていた熱も、ほぼ平熱レベルに。
週明けもいくつか残っているものを納品しなくてはならないのだが、それは自分の手でできそうだ。

静養の合い間に、ハードディスクの容量確保のためのダビング作業。
目下、日本映画専門チャンネルでゴジラシリーズの全作品が放映されているので、そのあたりがメイン。
ドラットとか、93年版のメカゴジラやベビーゴジラ、リトルゴジラなどなど、当時劇場で観て、心底がっかりしたものをもう一度鑑賞する。
…やっぱりがっかりだ。
何年か経ってから見直すと、ごくまれに「何だ、意外に悪くないじゃん」みたいな再発見・再評価があったりする場合もあるが、今回はそれも全くナシ。
逆に、バトラの幼虫のカッコよさは当時も今も変わらない。
当時、ソフビを買わなかったことをとても後悔している。

ネツケ キュージョン (モスラ)
ネツケ キュージョン (モスラ)
0

2008/12/9  23:43

ちょっとした疑問とか  日常生活

先週から咳が続いている。
先週の後半はいちばんキツかった。
夜、布団に入ると咳き込んでなかなか寝れないし、苦しくてしょっちゅう目が覚めていた。
医者に行けば少しは違うんだろうけど、仕事がめっちゃ忙しいせいで、ついつい市販薬に頼ってしまう。
咳止め薬の連用なんてよくないよなぁ…副作用で便秘になるし。

しかし、昔から不思議なのだが、「1回3錠」の薬なのに、なぜ「40錠入り(13回分+1錠)」というようにハンパな数で売られているのだろう。



今使っている咳止め薬がそうだし、昔よく飲んでいた「ビオフェルミン」も「1回3錠」なのに、「350錠入り」だった。



最後、ハンパになったときに、「次のを買わなきゃ…」という流れに持っていかせようとしているのだろうか。

ここから少しキタナイ話。
俺は咳につきものの「たん」を「切る(出す)」という行為がなかなかできない。
たんを切りたいのだが、出そうとすると「おえ〜っ…」と涙目になってしまい、目的をなかなか果たせないことがほとんど。
華麗に(?)たんを切っているオヤジに憧れているわけではないが、あんなにあっさり出せたらどんなに楽だろうと思う。

仕事中は電話での会話が続かない。
一定時間以上の発声は、必ず咳を呼び込む。
会話から咳に変わるときに変な声とリズムになってしまうのが結構なみっともなさだ。

カミさんと子供たちも調子がイマイチだったのだが、今日になって3人そろって発熱。
明日からはちょっと大変そうだ。
ただ、ウチは義理親と同居なので、こういうときは何かと助かる。
…と、ここまで書いたところで就寝中の次男が咳き込んで目覚め、嘔吐するという騒動に。
熱で汗だくになりながら咳き込み、吐き、泣く。
子供のああいう姿は本当に辛そうなんだけど、成長へのステップでもあるんだよなぁ。

薬の錠数に関する疑問のように、折りにふれて「?」と思ったりするものの、その理由をとことん調べたりはせず、放置したままになっているケースは意外にあるような気がする。
今思い出したのが、NHKの“全国の天気予報”に関すること。
「今日もしくは明日の予報」は九州・沖縄から順を追って見ていくのに、「明日からの1週間の予報」になると北海道から始まるのはなぜなのだろうか。

半井小絵のお天気彩時記
半井 小絵
4761263695


まだまだわからないことだらけの40歳だ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ