2008/10/17  23:18

ジェットジャガー  その他(特撮)

自分が幼稚園に通っていた頃は、特撮ヒーローものの全盛期。

当時の自分にとって、「怪獣」は、ヒーローに倒されるための存在=やられ役という認識でしかなかった。

で、その頃、どうにも困惑させられたのがゴジラやガメラの映画。

見ていれば、ゴジラやガメラが善玉であるということは何となくわかるのだが、怪獣だけしか出てこないというところがなんとももどかしいというか、物足りないというか…。

当時の正直な感想は、「ヒーローが出てこないからつまらない」というものだった。

また、出てくる人間の方もオッサンか子供ばかりで、「郷秀樹」や「本郷猛」、「一文字隼人」のようなカッコいいお兄さんが出てこないという点もつまらなさを後押ししていたように思う。

「怪獣と戦うヒーローが出ればいいのに…」という我々低年齢層の思いに対して東宝が出した回答…それが「ゴジラ対メガロ」に出てくる「ジェットジャガー」だったのだろう。

ムービーモンスターシリーズ スタンダード ジェットジャガー
ムービーモンスターシリーズ スタンダード ジェットジャガー

邪悪な顔で、突然巨大化するジェットジャガー。

大人からしてみれば、子供のストライクソーンを狙ったんだろうけど、子供にとっては大暴投。

子供は子供なりの理屈のつけ方で、自分を納得させながら楽しんでいるのであって、何でもかんでも巨大化すれば喜ぶわけではない。

ウルトラシリーズやライダーシリーズ、そしてマジンガーZやデビルマンなどを見ていた我々は、「異世界や宇宙から来た超人が巨大化する」ということは何となく納得できていた。

が、「ロボットがいきなり巨大化する」となると、それなりの理由づけがなされていない限りは「???」となってしまうのだった。

あと、あんまり強くなかったし…。

案の定、ジェットジャガーは我々低年齢層からの人気も思うように獲得できずじまい。

もう少し練りこまれたキャラクター設定がなされていれば、ジェットジャガーも人気ものの仲間入りをしていたかもしれない。

うまくいけば、その後の作品でも「強化型ジェットジャガー」とか「スーパージェットジャガー」「スペースジェットジャガー」なんかが登場したりして。

「流星人間ゾーン」に出しても意外にマッチしたような気がする。

しかし、こうしてジェットジャガーのことを考えていると、なんとなく愛着がわいてくるっていうのが不思議なところ。

あとでソフビでも引っ張り出して眺めてみるか…。

アントニオ猪木をモデルにしたという説もあるが本当なのかな?(確かに似てるけど)
0

2008/10/15  23:43

ヨイトマケ  その他(音楽関連)

今日はテレビの音楽番組に見ものが多かった。

CSの「ヒットスタジオR&N」には“ディープ&バイツ“と“MOJO CLUB”が同じ回に登場(90年7月放送分)。

ディープ&バイツは『相合傘』。

MOJO CLUBは“SUPER MOJO CLUB”ということで、片山広明と内田勘太郎も参加して『君が降りてきた夏』。

この曲をきいたのは、ホントに十数年ぶり。

そうだよ。MOJO CLUBにはこのスマッシュヒットがあったんだった(ポカリスエットかなんかのCMで使われていたような記憶が…)。

そして、さっき、NHKでは美輪明宏さんの『ヨイトマケの唄』が…。

これをきいて目に涙がたまらなかったことは一度もない。

毎回、涙がにじんできてしまう。

今日は涙と鼻水でえらいことになりました…。

美輪明宏全曲集2009
美輪明宏全曲集2009

↓以下、完全な余談です。

昔、「ケンちゃんシリーズ」のどれかの作品に、ケンちゃんの友だちで「ヨイトマケ」というキャラクターがいたという記憶がある。

カミさんをはじめ、何人かの人に聞いたけれど「覚えてない」とか「そんな人いたっけ」とかいう反応ばかり。

でも、絶対いたよ。

俺、当時、それを見て、母親に「『ヨイトマケ』って何?」って聞いたような気がする。

さっき、検索したら某巨大掲示板のケンちゃんシリーズのスレッドに「ヨイトマケ」っていう名前での書き込みがあった。

やっぱ、いたんだよ…。
0

2008/10/9  12:15

学習に関係ないもの  日常生活

長男はこの季節も花粉症の症状(目のかゆみと鼻水)が出る。

なので、昨日は花粉症対策用のメガネをかけて登校した。



帰ってくると、連絡帳に担任の先生(20代・♀)からの伝言が。

「今日、花粉症用のメガネをかけてきていました。学習に関係ないものを持たせるときには事前に連絡をいただきたいと思います。ほかの子どもたちに示しがつきません」とのこと。

そりゃあ、確かに花粉症用のメガネは「学習に関係ないもの」かもしれないが…。

毎年、シーズンになるとこのメガネをかけて登校していたけれど、先生からこういうことを書かれたのは初めて。 

ゲーム機を持っていったわけでもあるまいし、「示しがつきません」とまで言われる話かな?とも思ったが、あまり気にしないことにした。

俺、もともと学校の先生ってあんまり信頼してないもん。

親になってもそういう姿勢でいるのはよくないっていわれるかもしれないけれど、常識はずれのことをいう先生も結構いるからね。

カミさんは謝罪の文章を書くって言ってたけど、俺だったら書かずに放置だな。

でも、カミさんみたいに「『波風を立たせないようにする』ことを優先する」っていうのが大人としての対応なのかもしれない。

親になるとこのあたりがむずかしいな…と思います。

0

2008/10/7  23:29

ナボナもペプシもボンカレーも…  日常生活

自分は「右投げ左打ち」である。

子どもの頃はジャイアンツの大ファン。

ジャイアンツの帽子をかぶり、「一本足打法」のまねをしている写真が何枚もある。

子ども向けの王選手の伝記なんて何度読み返したことだろうか(寺内大吉が執筆していたような記憶がある)。

ホントに憧れの存在だった。

で、今日は王監督の最終戦。

ついさっき、報道ステーションのスポーツコーナーで、王さんのこれまでの軌跡をまとめたビデオが流された。

見てたら、何だか泣けてきた(予想外…)。

王監督の最終戦はなんと「最下位決定戦」。

しかも、延長の末、サヨナラ負け。

雨も降ってたし…。

最終戦はちょっと残念な幕切れになってしまったけれど、王さん、長い間、本当にお疲れさまでした!

世界のBIG1 王貞治メモリアルDVD(仮)
世界のBIG1 王貞治メモリアルDVD(仮)
0

2008/10/5  19:01

『シングル・マン』のジャケット  RC・清志郎

少しだけかたづけものをしました。

何年も開けていなかった段ボールの中に、『シングル・マン』のジャケットになっている図版が掲載されている本がありました。

なつかしい。

「病気」というタイトルがつけられています。

クリックすると元のサイズで表示します


ずいぶん前に、がんばって探したんだよなぁ…。

初版は1955年です。

シングル・マン
シングル・マン
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ