2010/3/10

パンくん大騒動!  パンサーカメレオン

2009年9月生まれのパンくん。
11月に我が家にやってきて、食べるのがヘタなところ以外は困ったこともなく
順調に大きくなっていました。

ところが、、、

昨日の夕方頃、霧吹きついでに手に乗せたら何か手に違う感触が。。。

ピンク色のハート形みたいなのが排泄口から出ているではありませんか
急いでカメレオン飼育している友達数人に尋ねてみたのですが、成体ではよくあるし
しばらくしたら元に戻るけど、パンくんは早過ぎると
手で押し込むにしてもハート形の部分が大きくて、無理には入れられなさそうな感じ。

5時前だったっていうこともあって、朝になって戻ってなければ病院に行くことに。
昨日は湿度もかなり高めでこまめに霧吹き。


ドキドキしながら起きたのですが、ピンク色だったハート形が少し赤くなっていました。
これはマズイと思って、病院へ

病院って言っても、徳島にはハチュ専門の病院はありません。
犬猫病院だけど、ハチュの医学書を見ながら一緒に考えてくれるお医者様がいるので
そこの病院にまず電話!

前にフトアゴの寄生虫駆除でお世話になりました。
でも今回は、寄生虫とはワケが違います。

電話で「私じゃ無理そうなんで〜」と言うと「私も同じレベルだと思いますが
とりあえず連れてきてください」と。


私がここの先生を気に入って信用しているところは、知ったかぶりをせずに
分からないことは分からないとハッキリおっしゃってくださるところです。

他の先生は診察したことない生き物なんて何かあったら困るので診ません!って
人が多い中、分かる範囲で診てくださって処置してくださるので有り難いです。
だって、まったくのド素人と専門外でも獣医さんでは違いますよね。


東京に爬虫類を診てる獣医師さんの友達がいる話をしたところ・・・
「その方に電話してください」と言われ、友人と先生が電話でやりとりして
処置。

処置中にかなりうっ血していたと思われるパンくんのハート形から出血

押さえてる間はいいけど、止血している場所から指を放すとみるみるハートが膨れて
出血

もう一度、東京の友人に連絡を取り電話でやりとりの結果、身体が小さいので
出血が多いと命に関わるから切断しましょうってことに。。。

カメレオンは2本あるらしいので、パンくんは1本になりました。
ちょっぴりニューハーフですかね


ちょっと出血しているので、エサを食べるまでは安心できないらしく、2日ほど
よく観察して食べないようであればすぐに連れて来て下さいって言われました。

今日は、さっそく新鮮なコオロギを買いに行ってこなくては!


生き物飼育っていろんなことがありますね。
久々のアクシデントだったので、朝から心臓に悪かったです。

昨日からお騒がせしたカメレオン飼育者のみなさん、勤務中に電話で対応して
くれた毒さん、お世話になりました。
心強かったですよぉ

パンくんは、帰ってきてから顔だけ隠れてます



いつものパンくんは手に乗せるとスタスタ動いて頭の方に登って行こうとします。
先生に処置してもらってる間もどこかに行こうと必死で動いてました。

そのパンくんが、先生から私の手に戻ってきたとたん指に掴まってじ〜っと
していました。
ただの偶然かもしれないけど、初めて会った先生と毎日会ってる私との違いは
分かってるのかも!って思ってちょっぴり嬉しかったです

早くエサ食べて元気なパンくんに戻ってね

2010/3/10

HOUSE 2010♪  

今年は5月にぶりくら感謝祭があるので、さっそく新作発表です

お菓子の家をイメージして作ってみました。美味しそうでしょ





裏側にもマーブルチョコ付き〜!
1週間くらい時間をかけて乾かします。

ただ、問題なのは・・・
来月から火曜日の陶芸の時間帯に仕事が入って行かれなくなるってこと

近くで仕事のない曜日に通える教室を検討中です




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ