人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ワニをペンシルで釣り上げること。

しかし!そんなことでめげる俺ではなかった。

今度は2m位の先ほどより少し小さめのワニを見つけた!

竿もさっきは無謀にもライトアクションの竿だったが今度は少々強めのハードロッドだ。

絶対獲ったる!

極太軸針のST-66を載せた
ブラジル製ペンシルペピーノをキャスト!


ワニは絶対にアクションを止めたらダメだ。
これは鉄則である。
ルアーが止まった瞬間にすべてを見切られてしまう。

スーっと近寄ってくる。

付いた!ロックオンだ!

あせらず平静を装いアクションを続ける。

キタキタキタッ!あと20cm!!

バクッ!!

どうりゃーっ!!




今まで色んな河で何度もバラしたけど
初めて釣りあげた!うれしいなっ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんとリリースしました。
顎の紐を外すのがちょっと危なかった。


爬虫類好き。実際日本中の爬虫類屋さんに爬虫類を卸している仕事をしていたこともあるジュラシックモンスター好きの俺がこうなるのも無理はない。
何でも“古代”を感じる生物が好き。
鰐はその最たるものだ。現代に生きる恐竜だ。


この時から俺の超自己満足ワニハントの歴史は始まるのであった・・。




ps,映像ではその瞬間は映すことはできませんでしたが
船縁にボガで持ち上げた瞬間に鬼のような5回転デスロール!!
クラッチが引っ掛かり竿がミキサーに吸い込まれかるかのごとくバキバキバキと破壊されていきました・・。
この小ささにも係わらずなんたるパワー。
こうやって大きな獲物を殺すのか・・。


改良に改良を重ねた魂のロッド昇天・・

セルジオさんとカトウさんから
「あーあ、ワニなんか釣って竿を折るなんてもったいないよ。」
と言われましたが、まったく気になりませんでした。

だって、俺にはロッドの声が聞こえるんだ・・



我が生涯に一片の悔い無し!!(北斗の長兄ラオウ風・笑)

クリックすると元のサイズで表示します



投稿者:TERU

グアポレのアクアリスト。

釣行記再開〜。

もうどこから書いていないか自分でもわからなくなっていましたけど整理しましょう。

パラグアイ河でバスボートでセルジオさんと釣りしましたね。
その後巨大ワニの画像をUPしましたが、そのワニとツクナレの巣窟グァポレ河に向かっているところから。

まあ、なんでしょう、赤土の直線のアップダウンが延々と続く典型的な風景。
クリックすると元のサイズで表示します

橋が壊れているのは普通です。
クリックすると元のサイズで表示します

これで補修と言えるのだろうか・・。
クリックすると元のサイズで表示します
旅のときは何とも思っていませんが今見ると、足は相当きちゃないですね。(笑)

一日走って目的地に着いた。
ここは日系人ファゼンダ(牧場主)のカトウさんを訪ねて来たのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

長い長い敷地の牧場を抜け大きな家に着くと、
家の前の河でカトウさんらしき人は投網を打っていた。

はあ?なぜファゼンダが投網なんか投げるんだ?
と思っていると、

なんと彼は立派なアクアリストであった。

家の前に泳いでいる魚を飼っているのだ!
クリックすると元のサイズで表示します
とんでもない数のカラシン。
こんなに入れて水が悪くなっていないのが不思議だ。

パクーに・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ツクナレに・・。
クリックすると元のサイズで表示します

赤いハイフェソブリコンもいる・・。
クリックすると元のサイズで表示します

水槽も自作らしい。あっぱれです。
クリックすると元のサイズで表示します

これはある意味南米の田舎では
かなり奇特なことでありびっくりでした。

これってホントの魚好き?
投稿者:TERU

カリプソ!

今日も俺の心のミュージックを紹介しよう。

コンパーニャ・ド・カリプソ!

ギリシャ神話の海の女神の名はアマゾンでは人種感、歴史感と相まって超カッコイイ。
ブラジルと言うよりは北部のアマゾン地域で無茶苦茶な人気があると感じたバンドだ。
だから、怪魚が釣れる近辺の街ではガンガンに流れている。

初めに歌っているボーカルの一人「ミーラ」の大ファンになってしまった俺はどうしてもライブに行きたかったが訪問する街とのズレがあって未だ願いはかなっていない。

アマゾンを代表するこのミーラの美しいボディとアマゾンのピーッコクバスの華麗さ、力強さがリンクする。
できるだけ大音量で聞くのがブラジル流。いや、そうでなければならない。

体とリズムがノりにノった時、アマゾンと一体化してモンスターが爆発するのだ!

聞いてくれ!これが魂のAMAZON MUSICA!!




投稿者:TERU

アサクーピララーラの憂鬱。

早いものでこのボンバダアグアで出した画像も軽く1,000枚は突破した。
まだ数万枚の画像が残っている。まだまだ紹介するのには時間がかかりそうだ。

今日の記事は全国のプレコファンに捧げよう。そして、エコロジストに。


幾種もあるプレコファンにも色々おられるが、プレコの中の鬼、“トゲトゲプレコ”ことトリム系について。


Rio.XINGには俺の友達ハイムンドというペスカドールがいる。
この男はウルトラスカーレットトリムプレコという赤鬼プレコ専門の漁師だ。

クリックすると元のサイズで表示します

このプレコの漁法は空気を送り込むホースを口に銜え日光の届かない深い所に水中ライトを持って潜り岩の間にこのトゲだらけの魚を追い込んで手掴みで岩から引き剥がすという「強い男。」にしか出来ない技だ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、昨年、IBAMA(ブラジル環境・再生可能天然資源院)によりこのトリムプレコの規制が始まった。

もう、獲ることは出来ない。捕まれば返せることもできない程の罰金が科せられる。


しかし、どうやっているのかはわからないが、法の網に引っかからずにアノ手コノ手で日本には少なからず現在流通しているのは事実だ。





もし、手にいれることが出来た幸運なあなたは、現地のこの男のことを思い出して大事に飼育してほしい。

成長すればこんなにも素晴らしい魚になるのだから。
赤鬼トリム。

クリックすると元のサイズで表示します
規制前の2007年撮影。
現地名アサクーピララーラ。  Rio.XINGには謎の赤鬼がまだいる。


印象に残ったことがある。
この男は規制され他のプレコよりも高額な自分の本職が無くなった状態にも係わらず、何一つ文句を言わなかったことだ。
俺の経験ではAMAZONの中でもとりわけ凄腕の漁師というものは寡黙な人物が多い。
ふとした瞬間に哲学的な横顔を垣間見る。


本職を失ったアサクーピララーラ漁師。

しかし、生活のため遊んでいるわけにはいかない。
男は今日も他の違うプレコを求めて漁に出る。
クリックすると元のサイズで表示します


自然を破壊してはいけない。と、うそぶく身勝手な先進国のエセ・エコロジーにはもううんざりだ。

悪い人が漁をしているのではない。

悪い人間が森を伐採しているのではない。

実際お世話になる人達は実に人間らしく、いい人達ばかりなのだ。

例えば割り箸など後進国から得るものだけは得て、森は伐採するなと批難するのはあまりにも身勝手すぎる。
進歩するなというのもそうだ。
誰でも携帯電話使ってみたいし子供だってプレイステーションしたいわな。


どこに問題があるのかよく考えなければならない。


熱くなったが、今日はこれ以上そこまで論議しない。

これからはそういうことも含めて書いていこうと思う。


ただ、この魚を運よく手に入れることができた人は真剣に大事に飼育してほしい。

矛盾していることを言っているが、現に日本でこの魚は生きている。

飼育歴が浅い、技術も設備もない人間が飼うべきではない。
流行りで飼うべきではない。
この魚の真の魅力がわかる人だけが大事に飼うべきだ。


それが現地で見てきた、
生活してきた私が伝えることのできるほんの小さなことだ。


投稿者:TERU

ジャカレ・アスー。

でっかいの釣っちゃった。

軽い悪ノリのつもりだったんですが・・。
ほんとにツクナレやタライロン狙っているときの真剣さに比べたら・・

クリックすると元のサイズで表示します

ジャカレ・アスー。約4m。推定300kg。(計れるかっつうの!)

周りに6m、7mクラスがうじゃうじゃいるのでいちばん小さいの狙ったんですが・・(汗)

クリックすると元のサイズで表示します


ごめん!俺の遊びにつきあってくれてありがとう!なんか罪悪感ある・・。

河の王はえらい目に逢ったと言わんばかりにゆっくり棲みかに帰っていきました。ごめんネ。

やっぱ鰐って現代に生き残る恐竜だよ。超カッコいいっ!

クリックすると元のサイズで表示します

コンデジではやっぱり本物の迫力はちょっと伝わらないな〜。

動画もあるけど皆さんにはショックがきつすぎるんじゃないかと。(笑)
(橋脚に頭をゴンゴンぶつける音は生物のそれではなかった・・。)

この写真も実は命懸け。

振り向かれてパクッとやられれば即、あの世行き。


凄すぎて笑いが止まらんかった。この表現がぴったりくる。
超次元すぎて笑けてくるんだ。マグロ竿がおかしなことになってたからね。


本気で狙うモンスターフィッシングの震えとか感動はない。
ただ、巨大生物が持つ迫力に圧倒される。

鰐の体が一部分でも地面に着けば人間の力でどうこうできるレベルじゃない。
最後は車を使い牛を引っ張るロープで引きあげた。
まあ、ホントにお遊び。

乗用車のタイヤが空転して前に進まない、一回目に吊るした木が折れるレベルだったけど・・。


釣り師なら俺の言ってることわかるよね?

これは一対一で己の力と知恵で闘う本気の釣りじゃないって。




まあ、世界にはすごい所が人知れずまだある。(でもこの横に普通に人が住んでます。喰われねえの?)


なんしかオモロかった!




こんな自然がまだ地球上にあることに乾杯!
投稿者:TERU

鬼アスー。

闘いは終わった。

脚はがくがく震えて力が入らず声も出ない。

すべてを懸けた。

泥だらけ、傷だらけになって大きなリュックを背負い水道管ロッドケースを持って一生懸命、あらゆるチャンス、人との出会いを大事にして進んだ。

はじめからうまくいくはずのない旅がこうして現実にできることを証明した。

俺は南米放浪釣り旅に大きな一歩を作った。







釣旅人として最強を目指すと決めた時から命なんてとうに捨てている。
このおれをバカと呼んでいいのはそれを決めた俺だけだ!!


どうだ!!100マル!!
クリックすると元のサイズで表示します

まあ、それくらいの気概は持っています。


俺には金も名誉も何もない。



でも、何故だか俺は誇らしい。



曇りなき眼で世界を見れば、世界は君に惜しみない力と素晴らしいものを与えてくれるであろう。


釣りはすべて難しく考えることはない。河の横に一人で立て。その魚は河に泳いでいる。


釣り旅は辛いことも、関係ないことも、後になるとすべてが楽しい。


涙もいっぱい流す。


色んな涙がある。悲しい涙。怒った涙。嬉しい涙。


原始の世界で流す涙はきっと何かを教えてくれる。



そして俺は次の旅に出るのだ!!




                  ダイジェスト版   無理矢理 
投稿者:TERU

無の心。

もう、心は既に折れかけていた・・。

熱病にかかり、朦朧とする意識の中でカヌーを漕ぐ力もなくなった。


「こんなに暑いのに寒い。もう、だめだ・・。」

すべてをあきらめ力が抜けた瞬間、純白のルアーに魂が宿った!!

クリックすると元のサイズで表示します

希有なダブルスポットの鬼。俺もおまえも相当な変わり者だ。

体が複合して限界に震えてる・・。


この世には知らない方が良いこともあるんだぜ?

投稿者:TERU

荒ぶる獅子神。

俺は“神”に心を奪われシングー河に舞い戻った。

とてつもない衝撃が疾走った時、

荒ぶる獅子神の声が聞こえた。



我らの一族を見ろ。みんな小さくバカになりつつある。
すべてのものを食い散らかし、地球を蝕んでいく人間。
たとえ我が命ことごとく滅びようとも思い知らせてやる!

クリックすると元のサイズで表示します

俺は傷を負ったんだ・・。
投稿者:TERU

幻の淡水ターポン。

あわわ・・。

出発までに時間がない!

物語調に行くのはやっぱり時間的に無理がありすぎる!

長期旅の間、みなさんが妄想で溜息をつけるように究極の写真ダイジェストで!



今から連続更新!!!(順不同)




爆裂!究極古代牙魚狩りと銘打った意味を知れ!!

こいつに会う為に誰も踏み込んだことのない“黒い河”の最深部までやって来た。
とうとう手にした、

幻の淡水ターポン!!

青く輝く金色のアッパッパー!!
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

釣り好きなのよね〜。

今日はお食事会♪

セルジオさんが
「今日はここから4時間ほど河を遡った釣りのロッジホテルのオーナーに食事に誘われたので行かなきゃいけない。TERUさんも一緒に行こう。途中で釣りもできるしね♪」

と、いうことでセルジオさんの伯父さんと三人でロングドライブ!

このニヒルな横顔とカウボーイハットがイカすぜ!
クリックすると元のサイズで表示します

途中の倒木を見つけるとビーッグミノーを打ち込む。

強い流れの当たる倒木の“前”には高確率でデカいドラードが附く。

が、全然、無反応。

「この時期にはドラードいないや。」
と言い放った瞬間、ガッツーン!!!
特大ドラードを逃す。

やっぱり足の震える魚だぜ・・。

アタックはその一度のみ。年々ドラードは少なく、小さくなっていくようだ。

パンタナールの未来を案じるよ。
ここの人口は比較的多い。奥アマゾンのような秘境感は薄い。

よし、今日はエサ釣り!

どうだ!このデカ珍パクー!! 
クリックすると元のサイズで表示します
(全国のパクーマニアのみなさん、ちゃんとコメント書いてネ!)

レッドフック!やっぱこの水系はデカくなる傾向にあるのか?
クリックすると元のサイズで表示します

イエローコロソマ!!
クリックすると元のサイズで表示します
スゲェ!初めて釣ったけどマジ黄色いぜ・・。か、感激〜!

ビビビビ、ビックアイカラシン!超カワイイ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

エロエロ、エロンガータハチェット!
クリックすると元のサイズで表示します
この白銀に輝く大きな鱗がシブい!水槽で飼ってもこうはならんよね〜。
やっぱ南米って最高!
熱帯魚マニアよ!行くべし!君こそ来る価値がある!


ロッジに着いたが俺の釣り熱は止まらない!
行くぜ〜!!ピラーニャ軍団!!
 
黄色い刺客!ダイヤモンドイエローピラニア!
クリックすると元のサイズで表示します

で、出た〜!!
暴君ジャイアントイエローピラニア!!

クリックすると元のサイズで表示します
こいつに噛まれたら指なんて一瞬で吹っ飛ぶ。
クリックすると元のサイズで表示します
巨大ピラニア一族を制覇する日は近いゾ!

また、来たよ〜っ!デケぇ!
初めての旅ではあんなに苦労したのに・・。
クリックすると元のサイズで表示します


いい調子で釣ってると、ロッジの丁稚さんが俺を呼びに来た。

うげェ!!なんだこの豪華なロッジは・・。
クリックすると元のサイズで表示します
貧乏な俺には遠い世界だ・・。


うぎゃぁぁ!!な、なんだこの豪華な料理は・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ピンタード・タイガーシャベルノーズキャット
のクリーム煮だそうでございます・・。
クリックすると元のサイズで表示します

う、美味すぎる・・。

いーや、俺は釣り、釣り、釣り〜っ!

セルジオさん、ちょっと行こうよ〜。
肩がこるわまったく・・。

えっ、そこの茂みをチョンチョンするだけで釣れるの?
クリックすると元のサイズで表示します
「TERUさん、ほらねっ!」
クリックすると元のサイズで表示します

セルジオさんは行っちゃった・・。
釣りバカにはかまってられないってか?(笑)


ようし、やってやろうぢゃねえの!

チョン、チョン、チョン。チョン、チョン、チョン・・・。

?グググッ!!!

どうりゃ〜っ!!



タライロン並みのタライーラ!!
クリックすると元のサイズで表示します
多分世界記録超えっ!!(笑)
あまりの大きさに言ってみたかっただけ。
例えで言うなら5cmのメダカを釣ったカンジ?
ありえん大きさデス★

わはは、なんしか面白かった〜。 帰ろ。
投稿者:TERU

湿原。

朝早く、セルジオさんとルアー釣り初心者のデコさんという方と一緒に
外れ湿原を探検に行くことになった。
クリックすると元のサイズで表示します

朝日に映える湿原は美しい。
エキノドルスなどの水草がたくさん茂っています。
クリックすると元のサイズで表示します

湿原の水は綺麗です。森が水を浄化するのです。
風の谷のナウシカになった気分です。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

ディカパックというデジカメ簡易水中ケースを用意していって使っているのですが、
まだ慣れなく、上手く魚が撮れません。

膝まで落ち葉の層に埋まり、水が濁って
シザーステールカラシンやキャリスタステトラが嘲笑いながら逃げていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
後にたくさん魚が湧いてる処を撮影するのですが・・。
(どなたか良い動画のUp方法をメッセージボックスに書いて教えて下さーい!<(_ _)>)


柔らかいバスロッド一本のみで勝負!
やっぱり南米はルアーフィッシングが面白いわけで・・。

色んな魚が飛び掛かってくるからね!!

トーピードパイクカラシン。まさに魚雷。
クリックすると元のサイズで表示します

パイクシクリッド。名前わかるかな?
クリックすると元のサイズで表示します

オスカー。意外に強いヨ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは日本のバスルアーが大活躍。
澄んだ水で小さい魚を釣るには大変良いものがある。(キッパリ)
メガバスルアーが10匹ぐらいのピーコに襲われとったよ。
逃げろ、逃げろ、ドッカーンって感じ★
クリックすると元のサイズで表示します

これは究極のサービスショット!!!
全国のシクリッドマニアよ・・。
心して見よ!!

南米にはまだまだこんなヤツがいるのだ!!
世界中のアイスポットシクリッドマニアが欲しがるぜ。場所は教えん。(笑)
全身黄金唐草スポット!!
クリックすると元のサイズで表示します

掛かり処が悪かった魚は昼食としておいしく頂く。
クリックすると元のサイズで表示します

タライーラにしては大きいね〜。
クリックすると元のサイズで表示します
この魚のカッコ良さがわからん人とは深い友達にはなれんだろうな〜。
この旅であちこちで1000匹以上釣ったけど・・。
(タライロンとタライーラの関係をどうしても知りたかったのだ。)
クリックすると元のサイズで表示します
ヘドンのマグトー改がこの後強烈に効いて延々釣れ続けるのでヤメた。

昼からは水没している船を水から引っ張り出して、コップで水を掬い出しながらデコさんに釣りの授業。
おいらは先生です。
クリックすると元のサイズで表示します

いっぱい釣れてデコさんも大喜び。
日本製ルアーもプレゼントして、楽しい一日でした。

(なんか小学生の絵日記のような更新でしたね☆)
投稿者:TERU

その夜。

この人がお世話になるセルジオさん。

ヘストランチ(レストラン)のコックさんで釣りが超大好き。
日本にも出稼ぎに若い頃来ていたので日本語ペラペラ。(思い出すそうです。)
(その時に買ったZEALのアマゾンボックスが自慢の品)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ブラジルがすごく好きになってしまう理由のひとつに、日系人が多くいるということがある。ブラジル人の心の中には日系人から派生した「侘び寂び」の心や「気遣い」の心が浸透しているからだ。
今年(現在2008年)は、ブラジル日系移民100周年にあたり両国でさまざまな催しが行われているのダ!

僕は日本の血を誇らしく思うと同時に昨今の日本の現状を嘆かわしく思う日々です。
自分はカルチャーショックなど受けない人間だと思っていましたが、秘境から帰ると日本のイヤな部分ばかりが目につきます。

もう、戻れないかもしれません。気付いてしまったのです。



・・・・・うわっ、なんか湿っぽくなった。

それより、釣りキチが集まれば世界中どこでも同じ!
リール談義に華が咲きます。

このシリーズが今ブラジルでは一番人気。
左がCURADO(コラード)、右がスピードマスター。
クリックすると元のサイズで表示します
どうしてもスピマスが欲しいとの声続出。

左がカルカッタ・コンクエスト、右がCULCUTTA TE(コルカタTE)
クリックすると元のサイズで表示します

よくがんばってるなぁ、俺のコンクエ。
クリックすると元のサイズで表示します

まあ、道具、道具言い過ぎるのもよくないけど、
やっぱり気になる。

釣りキチの性でしょう。(笑)

なにはともあれ、

道具とは使い込んでこそである。
クリックすると元のサイズで表示します

昇天とはこういうことです・・。
投稿者:TERU

ドラドカショーロ。

えっ?なんでこんないいボートに乗ってるのかって?

それは、これからブラジルでバスボートを作る一大プロジェクトにセルジオさんが参加していてるのだ。

パンタナルでバスボートなんて前代未聞でしょ?
やっぱり持つべきものはアミーゴですよ。

牙魚一族!!
ドラードカショーロ!!
いきなり入れ食いの嵐!!
クリックすると元のサイズで表示します
現地名カショーハ・ファッコン。
クリックすると元のサイズで表示します
カショーロ一族の中でもこの魚種の体表のヌメリは独特の接着剤の様なのだ・・。

目も変な色だしネチョネチョです・・。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、スレンダーな体型からは想像もつかないような強いファイト。
バイトの瞬間は牙一族の名に恥じぬ石で殴られたかのような衝撃がはしる。

牙刺さってるんですけど・・。
クリックすると元のサイズで表示します


カタリーナピラニア!!
ダイヤモンドイエローピラニアに似るがこちらは頭が反っているのが特徴である。
カタリーナとは神という意味。レアです。
クリックすると元のサイズで表示します

ピメロディア・オーロ(金)!! 激レア!!
珍ナママニアのみなさん!見たことありますか?何気にすごいんですよ、これ。
クリックすると元のサイズで表示します

昼飯を3人分食ったところで(笑)
グランドン!!こいつはいい型だ。
クリックすると元のサイズで表示します
                           〈Rhaphiodon vulpinus〉
こいつに指を深く切られた。南米ではPEラインは凶器です。
傷口を見るのが怖い・・。

贅沢したバチがあたったんだ、きっと。(笑)
投稿者:TERU

バスボート。

さて、これからどうしたものか。

西へ900kmいけばパンタナル大湿原の上の端カセレスという街がある。

ここへ行こう!

初めての旅でお世話になったセルジオさんのいるあの街へ!

電話してみると、
「おー、TERUさん!ブラジルに来てるの?一緒にドラードとツクナレ釣りに行こうよ!」

ということで早速、パンタナル・クイヤバ行き長距離バスに飛び乗った。

900kmなんてブラジル観点から見ればチョロイ近さだ。
(必ずレイテというクラスのバスに乗ろう。値段もそれほど大差なく驚く程シートが快適である。)



クイヤバで乗り継ぎ夜にカセレスのセルジオさんの所に着くと・・。

あ、悪魔のマシンが・・。
クリックすると元のサイズで表示します

次の日、早速乗ってみた!




うひょ〜っ!!世界最大湿原パンタナルの
広大なパラグアイ河をバスボートで疾走するって
超キモチいい〜っ!!
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU

古都の旅。

本編の話はどこからだったかな?

三人娘たちの家にお世話になっているとこらからだ。

今回、どうしても更新が進まなかったのは忙しいのもあったけど、こういうロマンチックな旅は書くのが難しいから。

思い出を変な風に汚したくないというか・・。

時間がある後にちゃんと書こうと思うので簡潔に。

結局ヒッピー旅(?)に出ることになってピリノポリスという古都を訪れた。


まあ外国の観光客などほとんど来ない隠れ京都みたいなもんかな。

キリストの深い信仰があり、古い石畳に包まれたこの町は本当にのどかだ。
クリックすると元のサイズで表示します

日本の渓流によく似た澄んだ沢や滝がたくさんあり、ブラジルのイメージとは全く異なる風情。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

楽しかった旅と彼女たちに別れを告げ、“辛楽しい”本格的釣り旅に俺は戻るのであった・・。
投稿者:TERU
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/6 
 
AutoPage最新お知らせ