人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

私の宝物。

クリックすると元のサイズで表示します

夢を見続ける。
これは簡単なようで、とても難しいことだ。


夢に対して障害は常に立ちはだかる。



私は氏の言われるようにやってきた。

「少年の心で、大人の財布で歩きなさい。」

貧乏旅でもそれなりに金はかかる。使うべき所では使い、
常に少年の心で氏の教えに沿うように紳士にやってきたつもりだ。








開高健。

そんな憧れの人物の軌跡に触れた時の感動は忘れることができません。
モンゴル最果ての村で開高さんが立ち寄ったオオカミ猟師の遊牧民一家の鏡台にそれはありました。

「んっ?!」

クリックすると元のサイズで表示します

「まさかあれは!!」

クリックすると元のサイズで表示します

Kaikoって書いてある・・。

子供が張ったシールの横にひっそりとたたずむその“タイメンステッカー”




拝啓、開高先生。
こんなに遠く永い時間を経て私はあなたの旅路に逢いにきました。


理屈なんてどうでもいい。

私はあなたに、浪漫に逢いたかった。




クリックすると元のサイズで表示します
チベット仏教色の強いモンゴルの一般的な家。

クリックすると元のサイズで表示します
オーパ!に出ているオオカミ漁師の遺影。

クリックすると元のサイズで表示します
その息子。とても気のいい人でした。


クリックすると元のサイズで表示します
国から懸賞金の出るオオカミの毛皮。世界では絶滅しかかっているオオカミがここでは増えすぎて困っているのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
オオカミ猟師の奥さん。ご健在でした。


クリックすると元のサイズで表示します

私は今、あなたと同じ道を歩み始めています。

死の一歩手前に行った時から心が軽くなりました。

あなたに恥ずかしくないような生き方はしているつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します





今年は死にかなり近づいた旅をした2008年。
その締め括りということで永らく公開しなかった私の生涯の宝物を写真でご紹介しましょう。

初めての南米旅「魑魅魍魎!南米牙魚狩り編」の

「終話。」で紹介したあのルアーです。

常見忠さんが開高さんのために造った「KING BITE」、
開高健さんが実際にアマゾンで投げ魚を釣り、
それを頂いた醍醐麻沙夫さんも投げて魚を釣った
いわば、みんなの魂が入った
幻のルアー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この偉大な二人の小説家が実際に使用した日本釣り文学界的にも開高健ファン的にみても垂涎の逸品。


こんなに希少なものが私に手渡しで受け継がれた。

私にとっては魂を受け取ったも同然。

背負っているものが違います。

だから自分に負けるわけにはいかんのだ!!





2008年、色々あったが良い年でした。


来年も命を懸けるゼ!

☆BOMBA DA AGUA☆




投稿者:TERU

開高丼。

プルルル・・・。カチャ。
「おい、正月暇だろ?今すぐ北陸に開高丼を食べにいくぞ。」

いつもお世話になりっぱなしの先生からいつも急な電話が来ました。
「是非。喜んで!」

こうして正月の開高さんを偲ぶ男二人旅in北陸が始まったのです。

僕は独りになりたい傾向が強い人間ですが、幸せなことに多くの人達に助けられて生きています。
この先生も僕の事を常に心配してくれ、よきアドバイスを頂き人間的にも尊敬している
生物好きなある部位のお医者さんなのですが、ひとつ言えることは
「熱い男」です。
いや、僕みたいなおかしな熱さではなく、内に秘めたる情熱を持った人です。

僕が大の開高ファンであることを気に留めてくれていてお誘い頂くその篤い温情に正月から胸のすくような想いです。
会えばとめどなく話があふれ、北陸はもうすぐ手前でした。
すっかり雪景色。

勇壮な日本海のキリっと澄んだ空気を吸い込み、海の水平線が一望できる温泉に浸かり、たくさんの水揚げされた蟹に驚き、吸盤が五百円玉ぐらいある大タコに驚きつつ、
夕方ちかくに
ふるさとの宿「こばせ」
にたどりつきました。

北陸の海の印象はいつもさみしい過疎の進んだ村を連想させますが、
この宿も例外なく正月だというのに、玄関にはお客が来ている様相がほとんど見受けられません。
「○○御一行様」という看板にも一行も何も書いておりません。
普段であれば立ち寄ることも、気付くこともない「昭和」を強く残した宿でした。

少々不安になりながらも靴を脱ぎ、玄関奥に目がいった瞬間、灰色の景色が急に鮮やかに色付きました。

そこには、開高さんがここで書き遺した色紙が飾られていたのです。

「この家ではいい雲古の出るものを食べさせてくれます。
 保証します。 開高健」

お墨付きというやつです。

おばさんに部屋まで案内され落ち着くと、その昭和が色濃く残るテレビや掛け軸、机を見、お客のいない静けさでその先生はちょっと失敗したかなという冴えない表情をしていました。

僕は間違いないだろうと思っていました。過去、世界の開高さんの後を追い、同じ経験をしてきましたが、実に忠実に事物を語っていたことに間違いがないからです。

「失礼します。」
方言なまりで静かに入ってきたおばさんにビールとバイ貝を注文し、小さな乾杯をして、冷たい日本海をバックに吞み始めました。

このバイ貝の口いっぱいに広がる自然の海の香りに先生もこれは間違いないという確信の表情を浮かべ静かにうなずき呑んでいました。

ほどなく、おばさんが大きなドンブリに山盛りになった開高丼を持って入ってきました。
その豪快。彩り。シンプル。
これまた一気に部屋が華やいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

勢子蟹の「うちこ」と「そとこ」と「ミソ」とご飯のみというそのシンプルで贅沢な丼の圧倒的存在感に酔いしれる。

ヤバい・・。絶対美味いだろ、これ・・。

いよいよ口にする。お墨付き。

一口かき込んだ。

・・・美味いっ!!
昇天するかと思うほどの絶妙さ。想像を遥かに越えた。

これこそが見た眼やらブランドでしか判断できない大衆に一石を投じるかのごとき本当の贅沢。
「食事は大地に近いほどうまい。」
との名文句を述べた氏を表すかごとき丼。

さすが食通開高健がお墨付きをつけた一品だ。

シンプルであるが故にここでなければ絶対にだせない味だということは容易に想像できた。

食べながら横でおばさんが生前の開高さんの話をしてくれる。
「あたしが先生の食べるカニを全部剥いてたんですよ。朝まで呑んでおられました。あたしもお酒をついでたんですが、途中でよくこっくりこっくり寝てしまってね。よくお吞みになられてよく食べられましたよ。えぇ、あの先生は男ですよ。今、そのお食べになっているドンブリで開高先生もお食べにならっしゃったんですよ。」

えぇ〜っ!!マジっすか?

感無量です・・。

開高さんに携わった人はみんなファンにさせてしまう魅力を持っていたのだ。

開高さんはこの宿がみんなに知れて味が堕落することを好まなかったらしいが、
あえて、今の状況から見て、今度は反対にこの味を守り存続する為に紹介したい。

ふるさとの宿 こばせ

是非。俺と開高さんのお墨付きです。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

宿の高齢の白髪のご主人が返り際に色んな開高さんの話を聞かせてくれました。

いや〜、いい小旅行でした。

この宿の温かさが気に入りました。

そして先生、こんないい旅に誘って頂いてありがとうございました。

最後に一言。

拝啓 開高先生。

「確かに。」
投稿者:TERU

北田辺の文学碑

蒸し暑い梅雨の始まりに天王寺に行く用事があった。
天王寺の近くに田辺という町がある。
そこはかの小説家開高さんが幼少時過ごした地、著書にも多数出てくる町である。
そこの駅には開高さんの文学碑があるのは知っていたが一度も行ったことはなかった。
なぜか急に行きたくなった。用事をおくらせてでも。

クリックすると元のサイズで表示します

心に強烈なパンチを喰らうようなものを期待して行ったが、
そこは近鉄北田辺駅前の改札のコンビニの前にひっそりとたたずんでいた。
石碑に書かれたものは幼少時に川で魚と戯れたことを静謐に表現しているつつしまやかな一文であった。

クリックすると元のサイズで表示します

「小説家とは小さな説を書くものですよ。」

そう開高さんに言われた気がして誇大妄想をしていた自分がなんだか少し恥ずかしくなった。
先生、まだまだ修行が足りませんでした。

「先に生きた人。」あなたはまさしく俺にとってそうなのです。
浪漫と男の匂いを教えてくれた人。
あなたが命を絞り出すように苦しんでこの世におとされた文は俺の心に生き続けています。
今度お墓にうまいピンガを持って行きますよ。
あなたの遺品もあなたの世界中の知り合いに出会っていくつか頂いていますよ。
いいでしょ?ここまで追っている奴いないんだから資格はあるでしょ?

俺とあの世で会ったら一緒に吞みましょう。
偉大なる小説家よ安らかに。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

小説家・開高健。

カイコウタケシ。
この響きだけでも心が躍る。

今は亡き小説家。僕に夢を与えてくれた人。
作品に出会ったのは小学生の時だった。
父が、
「もっと遠く。もっと広く。上巻下巻」のセットと「オーパ!」を誕生日プレゼントにくれた。今思えば粋なことをしてくれる父だ。
内容はけっこう大人向きの粋な文体なのだが子供の僕でもトキメいた。
地球の裏側の南米でルアーに炸裂する怪魚、モンゴルのデカいイトウ、世界の食い物、風習。
トイレに入る時は必ず持って入った。
何百回も読んだ。
不思議なのは成長する度に心に染み入ることが増え、何回も読めることだ。
そして世界や世界の怪魚に憧れていた。

「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

今僕がしていることはあなたが火をつけたからですよ。

ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します
               写真「オーパ、オーパ!」より参照
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ