人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

アニマー!!

分身の術!!

クリックすると元のサイズで表示します

そんな技まで体得していたとは・・



レストランでアルバイト中のサンドロくん。
生で見たらマジでタケさんと激似なんですけど・・

ホント魚持って「アニマー!!:注1」とか言って写真撮ってそうだもん。(笑)



うん。やっぱボンバダにはこういう軽いノリが必要だな。

みなさん。どんどんご指導下さい。(笑)


注1:意味は後に解説。
投稿者:TERU@PANTANAL

最小鰐。

ペンシルベイトで最小記録のワニを釣ってしまった・・

タックルケースに余裕で入る・・
クリックすると元のサイズで表示します

こんなカワユイ奴が5mにも6mにもなるなんて信じられん・・
 
今度親ワニに食べられたらどうしよう。(笑)



今度の更新は爬虫類の話がいいですか?
タックルのお話がいいですか?

投稿者:TERU

生きる力。


最近、子供達に夢がなくなったというのをよく耳にする。

毎日イヤなニュースばかりクローズアップされている。

しかし、本当にそうだろうか。





私は小さい時から貧弱で勉強も運動も何をやっても人並み以下だった。

夢見がちな少年はロールプレイングゲームが好きだった。

夢の舞台を探していた。

命の価値を知る場所を。

はじめから強い人間などいはしないのだ。

想いの強さだけが自分を強くしてくれる。

それを示すのが大人の役目だ。

釣りをしながら旅をするということは、
私の人生に一つの意味を与えた。
旅を通して光を求め続けて来た。
私の釣りは、私に必要な生きる力であった。

今見ているこの空はどこまでも続いている。

アラビアンナイトに出てくる月もあの灼熱の太陽も
あの物語りと同じものを見ている。

地球の営みから見れば人間の一生などあっという間。

だから一生懸命に生きなければならない。

このでっかい地球は、人生は挑戦するに値するものだ!


私達大人が示そう。人生は楽しいってことを!

いつの時代にも若い命には夢がある。


夢見る強さこの空にとどけ!!

クリックすると元のサイズで表示します


投稿者:TERU

あり!?

文章を考える気力、体力も残っていないので写真でのりきります!

コロンビアのカリ市をぶらぶら歩いていると道端で葉っぱがたくさん歩いていました。

あっ!ハキリアリだっ!
クリックすると元のサイズで表示します

おーっ!カッケェー!!
クリックすると元のサイズで表示します



しかし、私は4年前にすごいヤツと出会っていたのです。


悪魔の鎧蟻!!

クリックすると元のサイズで表示します
ネグロ河奥地で発見。
見えない部分も含め10本以上の角がある。

頭には4本の角と目の上にウイングのようなものが・・
蟻によく生えているうぶ毛のようなものもなく
腹部にも縞というか継ぎ目がなく、かなり硬い。

もはや蟻と呼んでよいのだろうか・・


もし、蟻に生まれ変わったとしてもこれぐらいの蟻になりたいです。(笑)
投稿者:TERU

海なのに河の幸は美味かった。

12時に帰宅してから内職をしてフロ入って・・。

ああっ!時間がないっ!5分で更新!



数年前、河口の街ベレンから数百キロくらいにあるサンカイタンに海水浴に行ったことがあった。


行く道中はアマゾン河の恵みや海の幸でいっぱい。
世界最大のアマゾン河の肥沃な栄養を吸ったこの海は豊かだ。

ウゲっ、とんでもないデカさのテナガエビだ。

「エビ買ってくれ〜。エビ買ってくれ〜。」
クリックすると元のサイズで表示します


おっえ〜!ブルーに光ってるよ!
クリックすると元のサイズで表示します

「これが全部売れたらシュハスコ喰いに行きたいな〜。」
「ま〜たおめえは喰うことばっかり。しっかり仕事しな。」
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾン河畔に住む人の良さって顔に出てるよね。
また帰ろう。



怪魚のフライ。 ん?どっかの絵で見たことあるような・・。
クリックすると元のサイズで表示します
ブラジル名物赤土の瓦がお皿。なんかオッシャレ〜!?


いきなりクイズ。何という魚でしょう?
クリックすると元のサイズで表示します


とにかく、うまいっちゃ★
クリックすると元のサイズで表示します


なんなんだ・・。この更新は・・。

まあ、こんな感じでもよかったらもうちょっと更新できるかも・・。 

ボア ノイチ!

投稿者:TERU

朱に交われば紅くなる。

人は交わる相手によって善人にも悪人にもなるという。


だから、小心者の私が気をつけているのは言葉。

良い言葉は良い人を呼び良い人生をつくる。


私は多くの友人に助けられて大変幸せです。



魚にもこういうことが言えます。

良い森は良い水を呼び美しい魚をつくる。


怪魚と呼ばれる魚は大変良い水、良い河を選り好みします。
タイメンしかり、タライロンしかり。
だから宝探しのようで冒険心が煽られるのかも。

クリックすると元のサイズで表示します

良い水にはこんな可憐な赤が発色します。
タパジョス河の源流部には神秘がいっぱい。
まさにレッドタライロン・ベビー。
クリックすると元のサイズで表示します

朱に交われば紅くなる。


だから私も人生変えたければ

場所変える。

スタイル変える。

女変える。


って・・私には特定の女性もいなかった・・。ガビーン。



投稿者:TERU

ネグロ河最後の激珍アイスポット!

更新する時間が最近ないのですが、
少ない更新を今日は日本全国のクレイジーなキクラマニアに捧げます。

魚に特に興味のない方は流して下さい。


シクリッド・・。
なんという甘美なる響き・・。
シクリッドほど面白い魚はいない。
やっぱり私がもっとも好きな魚種であることは間違いありません。

常に進化を繰り返し最速でそのニッチに滑り込む。
口の先の骨格を造り替え、いかなる状況にも耐え進化していく。
社会をつくり、そこにはボスも、いじめも、オカマも存在する人間社会のようです。

知性、感情までもが飼育していても他の魚種とは一線を画する。
だから釣りも面白いのかもしれません。

特にピーコックバスは怒れる獅子。

食欲だけではない怒れる何かを持っている。
このピーコックバスの本当の面白さは深い。
釣りの側面からだけではもったいない。
もっともっとお前のことが知りたいんだ・・。


ところで今回のネグロ河釣行。
世界のインターネット上を探してもなかなか本物の画像は少ししか見つからない
私が疑問に思い存在すら疑いながらも追い求めていた幻のピーコックバス
ネグロ河最奥地の激レアピーコのご紹介。

やっと釣ったぜ!

ネグロ河最後の激珍アイスポット!

これがオリジナル!
本物のキクラ・ニグロマキュラータだ!!

クリックすると元のサイズで表示します
                      <Cichla nigromaculata>

えっ?モノクルスとの違いがわからない? ・・・・汗
いや、実際見るとかなり雰囲気違いますよ。
背中に連なる大きな5スポット。
数匹釣ったので特徴的な個体は本更新で。

こんな魚をあつめようとする話がわかる人が
私のまわりにはクレイジーな約三名いますが、
もっといたら面白いなあ。
日本全国の猛者、コメントお願いしまーす(笑)


中南米全土に広がるピーコックバス・・。

世界でも成し得た人間など聞いたことがない
ルアーによる全種完全コンプリートまであと少しだ・・。

待ってろ!インタ−メディア!!


いや、でも今年はマラウィにも・・。


あ、とりみだしました・・。

熱帯魚マニア以外のみなさん、わけのわからないこと言ってすみません・・。


私は人生を投げ売ってでも自分を抑えることのできない、
どうにもこうにも救いようのない熱帯魚マニアの
フィッシングジプシーですから・・(笑)


投稿者:TERU

インペリ。

インペリアルゼブラは危ないゼ!


シングー河畔のアルタミラの漁師達はこの魚が網にかかっても

「危ないからすぐ捨てろ。」

と言う。

そう。現在捕獲、輸出禁止になっている幾多いるプレコの中でも
特別天然記念物のような存在の魚なのだ。


TERUさん。こいつは危ないよ。
クリックすると元のサイズで表示します

マジで・・。
クリックすると元のサイズで表示します

サヨナラ。
クリックすると元のサイズで表示します

色んな魚が現在ブラジルから輸出禁止になっているが
アジアのように乱獲されすぎて自然の魚が
ボンバダアグアしない国になるよりはずっといい。
モンスターのオーラが消えてしまう河になるよりはずっといい。


そんなアクアリウムマニアの私は自分に言い聞かせて昼飯の
オレンジフィンカイザーを獲りに行くのであった・・(笑)



ところで、私はIBAMA(ブラジル環境・再生可能天然資源院)
日本のアクアリストの代表として
なぜこんなにも輸出が規制されるのか疑問に思い、
問い合わせに行ったことがあった。

そして、返ってきた答えは一言。

なんと!

「ブラジル人の喰い物がなくなるから。」



ああ・・ブラジル・・。


投稿者:TERU

永遠になれ。

突然ですが、写真が私は大好きです。

上手いとか下手だとかはどうかわからないけれど、
後で自分が見返して楽しむために撮っています。

いい写真っていうのは、いつも「永遠になれ!」って思う時に撮れたり、
撮ってもらったりした時が多いです。



こんなことがありました。


今回、旅の最後のほうにマナウスで日本人の女の子旅人二人に出会いました。

彼女達は耳が聞こえない。

そのことはすぐにわかりました。

必要以上に気を使いどぎまぎしている私に積極的に
次の旅のルートや行き方などを紙に書いて聞いてきました。

彼女達は明るかった。

アメリカに住み学生プログラムを利用して働き、
そうして一生懸命貯めたお金でアマゾン旅行に来たそうです。

彼女達は活発的でエネルギーに満ち溢れていました。

ノートブックを巧みに使い、fecebookを知らない私を「遅れてるね〜。」
なんて文字で書かれてひやかされたりもしました。

そんな彼女達に関心した私はプチ案内役をかってでました。

「市場を見に行こう。」と。

クニちゃんも誘い、アウドフォリスボア市場へ。


アカリ(プレコ)のぶつ切りにされ卵が剥き出しになっている状態に
この娘たちはおおはしゃぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

市場のおっさん達も女の子にはサービスの良いこと。
みんなアマゾン河の魚を持ちあげて俺も撮れといってキャーキャー言って遊んでいる。

おっさん達もしゃべれないということはすぐわかっているみたいですが、
障害を持った人に特にやさしいブラジルの人達の
心優しきお国柄には何の問題もないようです。

日本に帰ってくると「危ないでしょう?」なんてよく聞かれますが、
実は本当に紳士的なんですよアマゾンって。


そんなこんなで楽しく
アルモッサ(昼食)も市場のはずれで食べることに。

ツクナレ(ピーコックバス)とジャラキー(カラープロキロダス)
のフリットを持って記念撮影。パチッ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


次の場所に旅立つお別れ前に、ノートで書きながら会話しているとき、

「そんなに重いハンデがあるのに自由な旅をするのってすごいね。」

なんて意味をこめて書いてみたんです。



すると、意外な答えが。


クリックすると元のサイズで表示します


「聞こえない分、もっと世界を見てみたい気持ちがあるのかも。」


不意に込みあげてくる熱い目頭を抑え、この瞬間を忘れないようにとシャッターを切りました。


ノートを見て永遠になれと思うことはこれが最初で最後かも知れませんね。



叶えたい願い、叶えたい夢

信じ続けることが奇蹟を呼んで未来へと繋がっていく

今までもそうだったし、これからもそうだ。




素直な気持ちは誰にも譲れない。



旅人としてまたどこかの国で


君達には計り知れない力をもらいました。


ありがとう。




投稿者:TERU

古き良きアメリカ。

アメリカって実は大嫌いな国だった。

若い頃放浪していた時があって何か悪い偏見を持ってしまった。

しかし、今回のアメリカの旅は予想に反して心温まる旅だった。

ヒッチハイクした。この歳になって。

何回も何回も・・。

パトカーがやってきて捕まるのかと思いきや応援してくれた。


絵に描いたような中年ハーレー不良おやじに拾われ、

風圧に耐えながら必死にロッドケース抱えて飛ばしたテキサスは最高だったなぁ。


俺はアメリカが少しだけど好きになった。

古き良きアメリカってやっぱカッコいい。


バスプロショップスって大人が子供の心でいられる空間だ。

意味なく旅のおわりに連日通ってしまった。


アメリカのルアー釣り文化に憧れた日本。

ちょっと違うと感じるのは僕だけなのだろうか。

ひとつだけ言えるのはおおらかさというか遊び心の余裕がないのかな。

イケてるTシャツ三連発。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


モチベーション。ふふふっ。やっぱイケてる★

投稿者:TERU

豊穣。

コバッチーの巣窟とはこういうことを言う。

クリックすると元のサイズで表示します

南米の自然は時として養殖池を超える・・・・・・・。

一回、ダブルヒット×3

というボート上で3人が同時に合計6匹釣るということがあったなぁ。

別に写真撮らなかったけど、今考えるとけっこうすごいことかもしれない。



更新もう少しお待ち下さい。
投稿者:TERU

セルフィンっていうよりセイルフィン。

リオ・サンフランシスコの
支流のそのまた支流にて捕獲!


セルフィンプレコでこんなに嬉しかったことはないぞっ!

これが本物の
オレンジスポット・セルフィンプレコだ!!



クリックすると元のサイズで表示します
背ビレでかっ!
顔面に浮き出たドギツイ黄色なんてどういうメカニズムで発色するのか不思議でしょうがない。

こんなかっこエエプレコがおってええのんでしょうか・・。

日本で見るオレンジセルフィンPとはどう考えても違う気がする。
未記載種?顔もやけに長いのよ。

あへあへ〜。幸せで〜す。
恍惚の表情を浮かべるマヌケな顔を大きく載せることができません。
クリックすると元のサイズで表示します

お恥ずかしい。


そんなことはいいから早く旅ブログ書けって?

どうもすみません・・。
投稿者:TERU

ライムグリーン。

ズバーン!!

今回釣った中で5番目ぐらい。

痩せ気味だがこれも20ldオーバー。

美しいライムグリーンの93cm。

クリックすると元のサイズで表示します

腹にぐっと肘をあてて持たないと重さとパワーがあるのでちゃんと持てない。

ビックフィッシュは弱るのが極端に早いのですぐに写真を撮って
元気なうちに逃がしてやらなければならない。

後ろで頭のいい2mオーバーのカワイルカが狙っているから。
この世界ではこんな魚でも水中の最強捕食者ではないんです。
それぐらいここで大きくなるということは厳しいんです。

だから地元の人も私も大きなピーコックバスには敬意を持って逃がします。

そんなことは人に言われるよりも湧いてくる気持ちなんです。

オブリガード!

だって、このクラスのピーコックバスを生で見たらヤバいよ★


あ、そうそう。
クリエイティブライクな健太郎くんがこんなのを作ってくれました。
ありがとうございます。かっくいいー。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

未来のアマゾネス。

バイト!
クリックすると元のサイズで表示します

ボンバダ!
クリックすると元のサイズで表示します
家のすぐ横がこんなのって日本から見たらもう反則なみの環境。
まわりにカワイルカやピラルクーもいっぱいいる。

アマゾナスでは3歳半になったらカノアはもう足だ。
母は危ないとは言わず後ろで静かに見守る。
クリックすると元のサイズで表示します

これは2年半ほど前の画像ですが・・

この娘もあと何年かしたらレディになるのだろう。

その後は屈強な男をも尻に敷いてしまうアマゾネスになるのかもしれない。

それはそれでいいことだ。


自然の生活では女が強い。いや、ホント。(w)

投稿者:TERU

生色。

更新永らくお待たせしました。

現在、十時間以上立ち続けのハードな職場の後に、深夜、いや、朝方まで
「ニューコンセプトショートロッド作製のディスカッション」
「ボンバダアグアTシャツのデザイン」
に真剣に取り組んでいるため眠る暇もありません。
気を抜いたらすぐにオちてしまいます。

それに休日も
「硬質発砲素材フローティングリップレスジャークベイト」
のテスト。

いかんせん初めてのことばかりで強烈な刺激ばかりで頭が覚醒しています。
こだわり過ぎが原因かもしれませんが私の納得がなかなか進まず、
クリエイティブな仕事をされる方の大変さを我が身をもって思い知らされています。


しかし、私は幸せです。
協力してくれる大事な仲間がたくさん出来たからです。

これから、その全貌を徐々に解き明かしていきますので、お見逃しなく。
私達は前進します。




では、本日は私の“クリエイティブ”を見て頂きましょう。


旅中は必ず持っている競泳用のゴーグル。
そのままの色を見たいのでクリアカラーです。
偏光グラスを常にかける釣り師になりたくないのは
“生の色”を見たいからかもしれません。 

しかし、マヌケだな・・。
クリックすると元のサイズで表示します



では、水中の艶やかな世界を拡大してゆっくりお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します


ありえない世界が水中には広がる。
クリックすると元のサイズで表示します


目がおかしくなるほどの透明度だ。
クリックすると元のサイズで表示します


いるいる。ピラブタンガ。
クリックすると元のサイズで表示します


魚が“人を恐れない”という感覚を初めて体験する。
クリックすると元のサイズで表示します


なんなんだろう。この不思議な空間。いや、水間。
クリックすると元のサイズで表示します


この写真、実はお気に入り。
クリックすると元のサイズで表示します


これも。クリマタと人。
クリックすると元のサイズで表示します


この波紋の影も淡水では並みの透明度では出ない。
クリスタリーノとはこういうことだ。
クリックすると元のサイズで表示します


ネイチャーアクアリウムの真髄はここにある。
クリックすると元のサイズで表示します


侘び寂び。余白の美である。
クリックすると元のサイズで表示します


水の世界と森の世界。
クリックすると元のサイズで表示します


躍動。生きた絵だ。
クリックすると元のサイズで表示します


もうひとつの河に潜る。
クリックすると元のサイズで表示します


いるいる。
クリックすると元のサイズで表示します


えさじゃないよ。
クリックすると元のサイズで表示します


この迫力。河の王。
クリックすると元のサイズで表示します


私にとってはロレックスより遥かに使える相棒。
クリックすると元のサイズで表示します


地底から終わることなく沸く水。何故か童心に返る。
地底深くに潜ろうとするとそこは底なし。
驚きの発見。あたりまえか・・。
クリックすると元のサイズで表示します


パクーが眠る。
クリックすると元のサイズで表示します


ここは水深4m。
泳ぐということは重要なスキルだ。
クリックすると元のサイズで表示します


遠くに霞むタンバキー。
透明度は低いが大物多数。またの機会に。
クリックすると元のサイズで表示します


どうでしたか?水の世界。


水中写真家という道も素敵だ。

今のところ自分が釣り意外にここまでハマれそうなのは
ダイビングだけだと思っています。

シロナガスクジラと泳ぎてぇ〜!(笑)
  
投稿者:TERU
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ