人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

真ブラックタライロン。

ネグロ河にて激レア公開!

これが正真正銘の

ネグロブラックタライロンだ。

タライーラ1000匹に対して1匹いるかどうか。
実は生息数がタライーラに比べて極めて少なく、
これが私の初めての一匹。
それに輪をかけて何が希少なのかというと
“小型種”のタライロンということだ。
クリックすると元のサイズで表示します
熱帯魚マニアの中ではシングーやタパジョスタライロン
に比べかなり低い位置付けだが、私には高い位置付けの価値がある。

今まで見た色んなアマゾンネグロのビデオで見たものはすべてタライーラだった。

多分、写真では"迷宮タライロンの論争”が如くわかりにくいと思うのだが
実物で見ると全然違う。
ペンシルのジョーペピーノを襲ったた瞬間、
「あっ、これはタライーラじゃない!もしや!?」

タライーラはもう信じられんほどアホほど釣れるのでできるだけ取り込まずに
竿をしゃくって外そうとするのだが、この瞬間だけは慎重に取り込んだ。

めちゃくちゃ嬉しかったわー。



顔が短く丸顔で、やはり尾筒の太さが尋常ではない。
タライロン一族である。
私はタライロンとタライーラを識別するのにあたって
ある骨格の一部を判断基準にしている。
その基準で見ると小さい種だが明らかにタライロンである。
クリックすると元のサイズで表示します
この魚こそが大きい種をタライロン、
小さい種をタライーラだ
という概念を打ち破ることができる唯一無二の存在だ。

タライロン一族とは体色をかなりの幅で調節することができ、
タライーラはそこまでの幅を持っていない。
タライーラは何匹釣っても金太郎飴のように
同じような個体が飛び出してくるが、タライロンの体色は変化に富んでいる。
これも大きな特徴のひとつだ。



そして、この男。名前はカレカ。
イマカツというブランドから抽選で発売された
“デビルリッパーカレカ”
というルアーはまさしくこの男の名前だ。
私のために生かして持って帰ってきてくれたのであった。
「これは、テルの探してるものか?」
間違いなくブラックタライロンであるが
非常にわかり辛い個体だ。
クリックすると元のサイズで表示します


まあ、カレカとの釣りも今後書くけど、
この男はアマゾンの男にしては珍しく異常にプライドが高い。
自分の釣りに絶対の自信を持っている。
ビデオで今江氏にも100ld使えとか色々指図していたし・・。
ルアーのペラに対してもかなりのこだわりを持っている。
ペラに関しては私には一切指図してこないが、この男に認められるには
かなりのレベルに達しなければならない。
だが、この男も私の独自の新釣法には自分の概念が崩れ去ったみたい。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな小さい魚を怪魚伝で紹介するなんて・・
なんて読者の方は思うかもしれないが、

私は巨大タライロンの第一人者であるからこそ声を大にして言いたい。


小さいがネグロブラックタライロン
はかっこいいのだっ!

投稿者:TERU

ミリアナエ!

ミリアナエ!(Cichla mirianae)
そういえば、タライロンリバーはタパジョスピーコックの宝庫でもあった。
狙いどうりにキャストすればすごい確立で飛び出てきた。

この秘密の大河は蚊や吸血ハエが今まで経験した中で最強だった。
なぜ、長袖長ズボンなのか。
実は一周間で音を挙げてしまったのだ。気が狂いそうだった。

そういえば昨日、両足が豚足のように腫れ上がって膿が出て高熱がでたので街の病院でデッカい注射二本も打たれたら今はかなり調子良い。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

咬まれる前と後。手を見たらゾッとするでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


こんなにちっちゃいのにデコっぱち。まあ、俺みたいなもんよ。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
もちろん喰ったよ。

XINGUピーコックのメラニアエの写真はかなりパクられて世界的に有名な画像になってしまった
(¨tucunare¨でググってみてね)が、日本では画像使用時には一言連絡してね。




クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンで僕のような釣りをしたい人は必ず全ブラジル1年有効のフィッシングライセンスを買おう。

街には必ずあるロテリアというロト6売り場みたいなところで専用用紙に記入して郵便局で本部に送るだけ。
60レアル(約3000円)で買えるから必ず購入するように!

再生可能天然資源院(IBAMA)は怖いよー。(笑)




投稿者:TERU@秘密。

まだまだ世界は広いや!

更新遅れてごめんなさ〜い!!

色々あって無事エクアドルに帰って来ました。

ついでに、エクアドルのジャングルも探検して今帰ってきました。

まだまだ発展していないのでブラジルのように思う様にはいかないのですが、いろんな人に拾われてあっち行き、こっち行き、とうとうモルフォ蝶の乱舞する「本物」の百人大家族インディヘナの集落に迷い込むことになったのですが、一波乱とウルルンなことがあって嬉しいやら苦しいやら最高に疲弊しております。
世界はまだまだ人知れないすごい所があるなと自分の小ささを実感しています。

迷走に迷走を続けておりますが、以後、自分の釣り人生において最高の地を模索することに意義を置いておりますので結構有意義です。

今まで観光はあまりしない傾向にありましたが、このアンデスルートは別!絶景も異文化も珍魚もこのアンデスルートは盛りだくさんなのでいっぱいいい写真でみなさんに楽しんでいただければなぁと。


あっ、でももうペルーに向かう長距離バスが出るので写真はまた次回に!ごめんなさい!

写真なしなのでイケてるこの曲でお別れ。

では次回ペルーから!


チャオチャオ!




世界のどこでも日本語を打てる技を覚えたのでもう読み辛い思いはさせません。W

投稿者:TERU@ECUADOR

鬼ピラニア総出演。

アマゾン河水系からは独立したサンフランシスコ河水系。
ここにも魅力的な魚が多数存在する。

まだまだリオ・サンフランシスコには釣ってみたい魚がたんまりいるのだが
絶対に外せない全ピラニア中一番イカツイ顔をしたこいつを釣ってみたかった!
目がイッってるよ〜。
その名も
ピラニア・ピラヤ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
縦に波打つオーディオのグラフィックイコライザーの様な模様が独特だ。
ピラヤって名前もカッコいい。(笑)






こっちもアマゾンではなく世界最大の大湿原パンタナルのパラグアイ水系に生息する黄色い悪魔。

ジャイアントイエローピラニア!
こいつはベビー。エサ釣り。
クリックすると元のサイズで表示します
エサのポカン釣りで入れ食い!
クリックすると元のサイズで表示します








そして、アマゾンでも異色の太古の大河シングー。

クリックすると元のサイズで表示します

SPバイオレットブラックピラニア!
学名はまだ整理されていないはず・・。
クリックすると元のサイズで表示します

明らかに普通のブラックとは違う種だ。
無数の薄い黒斑があるし、体型も違う。
ブラックの画像は写真がみつからないので初期の釣行記読み返して下さい・・。
そんなに巨大なのも釣ってないし・・。

でもシングーはヤバイ!釣れすぎ!
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりブラック系はズバ抜けてデカイ。
しかもルアーに果敢にアタックしてくる。
激流もなんともないようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来るともうエグい。もはやピラニアのひきではない。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、シングーには最強のピラニアがいる。
そう、まだ日本のピラニアマニアはこの種が最強、最大だということを知らない。

俺が現地で調査した結果、シングー流域の住民はこのピラニアが一番でかくなるという。

初めてシングーに訪れた時、この衝撃に出会って釣り上げることを夢見てきた。
漁師に出会えばできるだけ何を獲ったかみせてもらうようにしている。
その衝撃はデカかった・・。カッコよすぎる・・。
ピラニア・カマリ!
クリックすると元のサイズで表示します

この種は変わった生態を持っているようだ。
深場を選ぶ。そして、このカマリそっくりに擬態する幻のパクーが存在する。
次回パクー特集時に衝撃をお見せしましょう。

大物ではないですが、シングー4度目にしてやっと大型種といえるかな?くらいのをルアーで釣ることができました。うれしい。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ謎だらけの最強カマリを釣りたい!


この広範囲に分布する巨大種をコンプリートするということは南米を大きく旅した証明でもあり自分的にはすがすがしく誇らしいものです。

南米とはその生物相の厚さ、種の多様化を楽しむところ。
大前提に生物が大好きでなければならいというところがあります。
楽しみ方は人それぞれですが、ただアマゾンに行って来たという人と生物大好き釣り人が行ってくるのでは見る世界がまったく違います。

水の中を想像するロマン。アマゾンはいつだって想像を遥かに超えてくれます。

釣りに熱中するとゆうことは自然のすべてを見るということです。

時期や場所によりあらゆる生物相が重なってミラクルなパターンが存在します。
釣りは最高に面白い。

そして、アマゾン中にいつでも帰っておいでというアミーゴ、家族ができた。
これがなによりもうれしいんです。

釣り旅とは本当にいいものです。



まだ見ぬ未知の魚を求めて私の旅はまだまだ続きます。
投稿者:TERU

蒼い悪魔マニュエリ。

鬼ピラニア全制覇記念!

前回の旅で自分が目標とした
南米全土に点在している5種の巨大ピラニア
を制覇した記念に全大型種を一挙公開します!

まずは初めて釣ったこの鬼ピラーニャ!
初アマゾン旅で、ネグロ河本流にていきなり出会いはやって来た!
その時は何の種類かわからなかったのだが、あまりの美しさと、デカいペンシルベイトに猛烈にアタックしてきて度肝を抜かれた思い出の一匹だ。
初めての一匹はやっぱり心に残る。

その名は
マニュエリ。
上流の奥アマゾン地帯に生息する蒼い悪魔だ。
クリックすると元のサイズで表示します
                      〈Serrasalmus manueli〉
こちらはそのBABY。
夜の大ナマズ釣りのエサを釣っているとククンッときた。
クリックすると元のサイズで表示します



コチラはその後の旅、奥地支流のアラカ河で。
この水の色。熱帯魚好きには世界で一番オススメしたい河。周りの野生動物もすごい。ありとあらゆるサルが見れる。
オウムがペアになって群れをなして飛び、ホエザルの恐竜のような声とピーコックバスの捕食爆音がこだまする・・。
クリックすると元のサイズで表示します

奥地に行けば行くほど魚の青と赤が増すネグロの神秘。
ブラックウォーターの奇蹟だ。
クリックすると元のサイズで表示します

このアタックでは毎日ファリーニャの粉とこのマニュエリばかりを食べて生きていた。
クリックすると元のサイズで表示します
脂の強い身をほおばり硬いファリーニャを口に放り込む。
脂を吸ったファリーニャは風味を増し、ほど良い食感になる。
しかし、そればかりでは口は少々飽きてきてしまうのだが、
そこにピメンタと呼ばれる赤や黄色の小さい、ものすごいパンチ力のある唐辛子をちょびりとかじる。
その辛さをまたピラーニャの脂とファリーニャを頬張りおさえるのだ。
冷たく甘いネグロウォーターがきりりと喉を潤す。

一生懸命に食べる。これが野生の食し方。
うまくは書けないがものすごくウマイ。
クリックすると元のサイズで表示します

ネグロは心の河。人類が大事にすべき河。
いろんなものに出会える。
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンの神サマ、なんと言っていいのかわからないけど
心からありがとう。

とりあえず、その@マニュエリ編はこれで☆



投稿者:TERU

鬼ピラニア一族一刀両断。

クリックすると元のサイズで表示します

ピラニアファンの皆様お待たせしました。

いよいよ更新。

投稿者:TERU

犬魚。

三平三平には負けないゼ!!

こいつが最強最大種、秘境イリリ河のアルマータスっ!
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、なんかニンジャみたいな格好ですね、俺・・。


ワンバイトでルアーがオジャン。
さすが激流を棲みかとする古代カラシンの末裔。
どうよこの牙。
クリックすると元のサイズで表示します

三日間ある奇妙なパターンを見抜いて鬼退治しまくり!
この巨魚が激流に乗って水柱を揚げて暴れまわるファイトは恐竜時代にタイムスリップしたかのような錯覚におちいります。

一緒に行ったブラジル人ルイスとそのイルマオンには一匹も釣れなくてスネました。
ジモピーなのにすねるなんて、やっぱ釣りは最高にオモロいわ(笑)


世界記録も真っ青な超鬼牙は更新を待て・・




(衣装提供ONEBITEONEFISHE・KAZZさん、ロッド提供SMITH大久保さん。実に機能的な水着アビスと軽くてしなやかで強いUDグラスカーボン締め上げロッド“MH-65LH/KOZ”かなりいい竿です。)
投稿者:TERU

夷険一節

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱ、まだやめとこ。



5日追記

の、ノートCPがいきなりブッ壊れて今なんとか止まりかけで書いています・・。

修理に出さなければならないので一週間ほど更新が出来ません・・。

あぁ・・。4万円ほど修理代するらしい・・。

普段の節約生活は水の泡・・。



これが人生ってもんでしょうな。



予定では4月に旅に出ます・・・・・・・・・。


ブルーです。

投稿者:TERU

蝉?

進化にはすべて意味がある。

しかし、それはまだまだ人間にはわからない。

その者が何を望んだのか私にはわからない。


ネグロ河最奥地で雲子がもれそうになった。

「イテッ!」

急いで走った足の親指に何かが刺さった。

「ナンダコレ?」

びっくりするほど硬い。
セミのようだが・・飛ぶことはできず、
羽はパチンパチンと音を出すことしかできないみたいだ。

クリックすると元のサイズで表示します


君は何になりたかったの?


クリックすると元のサイズで表示します



スイカ?いや・・も、もしかしてイチゴ?






こんなブログに一日2000アクセスすみませんっ!
投稿者:TERU

黄色いアスー。

現在、まだ熱は引かず既に薬の副作用で耳が幕をはったように聞こえが悪くなってきた。
頭が割れるように痛いがこの苦しみを刻みつけるために書いていこう。

そもそも何故俺がマラリアになったかということを言っておかなければならない。

それは、アマゾン下流域ベレンに流れこむ大支流リオ・ガマの支流リオ・カピン。そのまた支流リオ・アラランデュエラに幻のツクナレを求めに行ったからだ。

ここは辺鄙な所で誰も寄り付かんマラリア地帯だ。

日本人移民が初めに入植したトメアスーもこのアマゾン下流地帯。
多くの日本人は入植直後このマラリアにやられ大変な数、家族の命を失った。全滅した村も記載には残っている。

俺が初めて南米旅をした魑魅魍魎!南米怪魚狩り編のところもここの筋違いの河だった。

今回は更に奥地アラランデュエラをめざしたのだ。
何故ならここには全身黄金一色に染まるツクナレ・アスーがいるのだ。
しかも、ツクナレはデカい種類と言えばアスー(キクラ・テメンシス)一種しか知られていないのだが、他にもいたのだ。
別種のアスー種が存在するのだ。
ここの現地人はこの黄色くデカいツクナレをアスーと呼ぶ。

では見せてやろう!
俺が一生マラリアを背負って生きることに
ならざるかをも覚悟に決め、
求めたこの究極の黄金アスーを!

クリックすると元のサイズで表示します

俺は今も昔もずっと
怪魚の魅力に取り憑かれている。
これ以上の幸せがドコにあるっ!!


バカにつける薬はありません・・。




ちなみに去年、学名が新種記載されました。
Cichla pinima (キクラ・ピニマ)
結構広い範囲に分布するようだがここ奥地の河のものはデカイ。
この写真のクラスは最強クラスであろうと思う。

特徴は目の後ろの雲状黒斑が小さなスポットで2,3個、もしくは一個しかなく一番前のバンドがT字状、もしくは横に向こうとする特殊な形状であることが大きな特徴。テメンシスの記録程は大きくならないだろうが希有な大型種であることはこの個体で確信を持てた。(申請したら世界記録だろうけど関係ねェ)数は釣ってるのでおいおい説明します。

ポリシア・フェデラル(警察官)と一緒に行ったハチャメチャな旅。

この旅もハードだった・・。

マラリアにも罹りはしたが後悔はない。怪魚は更に続く・・。

投稿者:TERU

XINGUの女王。

太古の大河 “XINGU”

クリックすると元のサイズで表示します


私が数年前、初めてこの大河を訪れ、竿を持って延々と続く膝ぐらいまでの浅瀬を歩いている時だった。
ふと、目の前に何かの気配を感じた。
水底に黒い巨大な円盤のようなものが見えた。
まさか・・。
そう、夢にまで見たあのポルカドットスティングレーだ!
その大きさ、軽く直径1m。
まさにKING OF KING STINGRAY。
美しい。
淡水エイの中で最も美しい王様。いや、女王様だ。
漆黒のボディに黄味がかった濃厚なクリーム色のスポットは牛乳瓶の蓋より大きい。
私は美しさとその圧倒的な迫力で動けなくなってしまった。
まるでナウシカが王蟲に出会った時のように。

そして、おもむろにポルカは逃げるどころか私に近付いてきた。
目の前2mでゆっくり静止したのだ。
縁側を気持ち良さそうに波打たせ、ゆっくり動かしながら私をジっと見ている。
私もその瞳に吸い込まれるかのように見つめ合った。

3分ぐらいたったであろうか。

ゆっくり何かを諭すようにゆっくりゆっくり消えていった。




私はあの時から奇蹟の大河に棲むあの女王をずっと追い求めてきた。
心を奪われてきた。


私はあきらめない。

運命とは自分で引き寄せるものだ!!


クリックすると元のサイズで表示します




Rio.XINGU。それは美しい河であり、
美しい女王が棲む古代の大河である。

クリックすると元のサイズで表示します
                          〈Potamotrygon leopoldi〉



投稿者:TERU

オオタガメ。

虫も今年はそろそろUPしていこうかな。

色々変な虫の写真も貯まってきましたので。


パンタナルで見つけました。

南米オオタガメ。
クリックすると元のサイズで表示します

しっぶー!(我が地元大阪で表現するとこういう感じ。)

オオタガメって名に恥じない大きさ。世界一。

やっぱ世界一って響きはいいね。

日本にはなかなか入って来ない。激レアです。

この時、朝から晩までタイワンタガメの腹見てペアに分けてビン詰めして出荷したある日のことを思い出しました。
俺の人生って一体・・。


ところでタイではタガメを食べます。
歓楽街に白人や日本人目当てで売りにきている虫料理の屋台のおばちゃんのは臭くてあまり美味くなく、庶民の集まる汚い市場で食べるものは意外にイケます。
カリっと揚げてというとベターです。

イナゴはマジで美味い。塩味で普通に香ばしいスナックです。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲテモノでもなんでもありません。フツーです。






くずした小学生風のレポートもいいでしょ?まだ堅い?

ヤバっ!もう4時っ!ね、寝ます・・zzz
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ