人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

遂に!

ボンバダTシャツ昨日より発送開始しました!


160サイズをご購入頂いた
女釣り師ちゃちゃさんより画像投稿が!

お会いしたことはございませんが何か強そうですね〜。
う、腕の筋肉が・・。

クリックすると元のサイズで表示します

か、カッコイイ・・。


「釣りに行く時は必ず着て行きます★」


ちゃちゃさん、喜んで頂けて何よりです。

Explosion of Life!でいきましょう!

ありがとうございました!



追加で作成しましたので現在ご注文頂いた
皆様方には必ず届きます。

もう少しお待ち下さい★

投稿者:TERU

セルフィンっていうよりセイルフィン。

リオ・サンフランシスコの
支流のそのまた支流にて捕獲!


セルフィンプレコでこんなに嬉しかったことはないぞっ!

これが本物の
オレンジスポット・セルフィンプレコだ!!



クリックすると元のサイズで表示します
背ビレでかっ!
顔面に浮き出たドギツイ黄色なんてどういうメカニズムで発色するのか不思議でしょうがない。

こんなかっこエエプレコがおってええのんでしょうか・・。

日本で見るオレンジセルフィンPとはどう考えても違う気がする。
未記載種?顔もやけに長いのよ。

あへあへ〜。幸せで〜す。
恍惚の表情を浮かべるマヌケな顔を大きく載せることができません。
クリックすると元のサイズで表示します

お恥ずかしい。


そんなことはいいから早く旅ブログ書けって?

どうもすみません・・。
投稿者:TERU

ライムグリーン。

ズバーン!!

今回釣った中で5番目ぐらい。

痩せ気味だがこれも20ldオーバー。

美しいライムグリーンの93cm。

クリックすると元のサイズで表示します

腹にぐっと肘をあてて持たないと重さとパワーがあるのでちゃんと持てない。

ビックフィッシュは弱るのが極端に早いのですぐに写真を撮って
元気なうちに逃がしてやらなければならない。

後ろで頭のいい2mオーバーのカワイルカが狙っているから。
この世界ではこんな魚でも水中の最強捕食者ではないんです。
それぐらいここで大きくなるということは厳しいんです。

だから地元の人も私も大きなピーコックバスには敬意を持って逃がします。

そんなことは人に言われるよりも湧いてくる気持ちなんです。

オブリガード!

だって、このクラスのピーコックバスを生で見たらヤバいよ★


あ、そうそう。
クリエイティブライクな健太郎くんがこんなのを作ってくれました。
ありがとうございます。かっくいいー。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

未来のアマゾネス。

バイト!
クリックすると元のサイズで表示します

ボンバダ!
クリックすると元のサイズで表示します
家のすぐ横がこんなのって日本から見たらもう反則なみの環境。
まわりにカワイルカやピラルクーもいっぱいいる。

アマゾナスでは3歳半になったらカノアはもう足だ。
母は危ないとは言わず後ろで静かに見守る。
クリックすると元のサイズで表示します

これは2年半ほど前の画像ですが・・

この娘もあと何年かしたらレディになるのだろう。

その後は屈強な男をも尻に敷いてしまうアマゾネスになるのかもしれない。

それはそれでいいことだ。


自然の生活では女が強い。いや、ホント。(w)

投稿者:TERU

天然脱色。

すみません・・。

お仕事から帰ってくるともうくたくたで眠いです・・。

働かなければならんのですよ。

こうやって笑うためには。
クリックすると元のサイズで表示します

マナウス近郊で釣ったまだ若い魚ですが、
いいファイトしてくれました。
ホントにペンシルの後ろに小さな津波みたいなのができて追っかけてくるんですよ。


ところで今日、
「髪の毛脱色しているのですか?」なんて聞かれましたが、

ワタクシがそんなことするわけないでしょう!



そんなお金あったらルアー買います。(笑)

アマゾン焼け万歳! 
投稿者:TERU

ムイト オブリガード!!

予想外です・・。

まったくの予想外です。

実は注文なんてほとんど来ないだろう、仲間内で足りるぐらいでいいか。
なんて思っていたんです。

今日になってもコメント欄にもなにもないので「やっぱりね。」
なんて思っていたのですが、
gmailを開いて見てびっくり!
なんとご注文で埋め尽くされているではないですか!
本当に背筋に震えがくるほどびっくりしました。

熱いメッセージに加え応援したいとのお気持ち。
これほど嬉しいことはありません。目頭が熱くなりました。

他のサイト様でも紹介されているようで、
新しい読者の方も大変多くおられることを知りました。
ご紹介にあずかりましたサイトの方々にも大変感謝致します。


本当にたくさんのご注文ありがとうございます!

追加注文してでも行きわたるように致しますのでもう少しお待ち下さい。

mailのご返信は一週間後に皆様方へいっせいにさせて頂きます!

本当にありがとうございます!感無量です!
投稿者:TERU

ボンバダTシャツ。

Tシャツを工場に発注しました!

よりシンプルかつワイルドな感じのデザインになりました。

EXPLOSION OF LIFE!

人生は爆発だ!なんて岡本太郎氏のような言葉ですが、

私は“人生で大尊敬する七人”の中に岡本太郎氏は入っているので何も問題ありません。

彼の著書を一度購読されることをお勧めします。
EXPLOSION OF LIFE! と ☆BOMBA DA AGUA☆
というWロゴは人それぞれの解釈で良いと思います。

「水面の爆発に懸ける人生。」でもいですし、
「爆裂な釣り人生は一生を破滅させる。」
でもいいんではないでしょうか。

BOMBA DA AGUAは私個人やサイトを指すものではありません。
そういった意味で前回の下の文字は誤解を生む為外させて頂きました。


ヘビーウェイトシャツで伸びずにより長く着れるように、
そして、私は大物を前に対峙した時あるおまじないをするのですが、それ用に肩のロゴにもこだわりました。

日本サイズの
150、160、S、M、L、XL、XXL
と一応全サイズあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ワイルドなブラックとオリーブにしぼったんですが、
なんかこのサンプル画像のオリーブは実物と大分違う感じです。
もっと緑と茶の中間のようなアーミーちっくなシブいお色です。

あっ、数少ないHOTな釣り女子用にSと、Sよりワンサイズ小さい160でキュートなピンクシャツバージョンも作りました。(笑)

全サイズ¥3800にて。
送料はこちらでお支払いします。

財務上少量しか作れなかったので初回分はかなりレアかと思われます。

お知り合いの方はもちろん優先させて頂きます。

サイズの詳細はこちら。
身丈、身幅、袖寸の順です。
S  66 49 19
M  70 52 20
L  74 55 22
XL 78 58 24

熱いボンバダアグアTシャツ。
ご注文はbombadaagua@gmail.comまでお願いしま〜す。

投稿者:TERU

ボンバダフラッグ。

こんな感じのデザインできました〜。



なんて、軽く言ってみる。(笑)


初めての試みかつ、自分が掲げる旗なので、こだわり過ぎてしまいました。
こんなに簡単そうなものがこんなに難しいとは・・。

仕事が終わってから毎晩深夜に某事務所にお邪魔し、
アップルコンピューターで出来る様々なことに感動しまくっておりました。

導火線の曲線Rですら何度も手直しし、注文しまくりで
協力して下さった方々には大変ご苦労ご迷惑をおかけしました。


某天才健ちゃん(笑)、スタッフのみなさん、
本当にありがとうございました。



私の想いは注入したつもりです。


クリックすると元のサイズで表示します




さあっ!Tシャツつくるよっ!


投稿者:TERU

生色。

更新永らくお待たせしました。

現在、十時間以上立ち続けのハードな職場の後に、深夜、いや、朝方まで
「ニューコンセプトショートロッド作製のディスカッション」
「ボンバダアグアTシャツのデザイン」
に真剣に取り組んでいるため眠る暇もありません。
気を抜いたらすぐにオちてしまいます。

それに休日も
「硬質発砲素材フローティングリップレスジャークベイト」
のテスト。

いかんせん初めてのことばかりで強烈な刺激ばかりで頭が覚醒しています。
こだわり過ぎが原因かもしれませんが私の納得がなかなか進まず、
クリエイティブな仕事をされる方の大変さを我が身をもって思い知らされています。


しかし、私は幸せです。
協力してくれる大事な仲間がたくさん出来たからです。

これから、その全貌を徐々に解き明かしていきますので、お見逃しなく。
私達は前進します。




では、本日は私の“クリエイティブ”を見て頂きましょう。


旅中は必ず持っている競泳用のゴーグル。
そのままの色を見たいのでクリアカラーです。
偏光グラスを常にかける釣り師になりたくないのは
“生の色”を見たいからかもしれません。 

しかし、マヌケだな・・。
クリックすると元のサイズで表示します



では、水中の艶やかな世界を拡大してゆっくりお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します


ありえない世界が水中には広がる。
クリックすると元のサイズで表示します


目がおかしくなるほどの透明度だ。
クリックすると元のサイズで表示します


いるいる。ピラブタンガ。
クリックすると元のサイズで表示します


魚が“人を恐れない”という感覚を初めて体験する。
クリックすると元のサイズで表示します


なんなんだろう。この不思議な空間。いや、水間。
クリックすると元のサイズで表示します


この写真、実はお気に入り。
クリックすると元のサイズで表示します


これも。クリマタと人。
クリックすると元のサイズで表示します


この波紋の影も淡水では並みの透明度では出ない。
クリスタリーノとはこういうことだ。
クリックすると元のサイズで表示します


ネイチャーアクアリウムの真髄はここにある。
クリックすると元のサイズで表示します


侘び寂び。余白の美である。
クリックすると元のサイズで表示します


水の世界と森の世界。
クリックすると元のサイズで表示します


躍動。生きた絵だ。
クリックすると元のサイズで表示します


もうひとつの河に潜る。
クリックすると元のサイズで表示します


いるいる。
クリックすると元のサイズで表示します


えさじゃないよ。
クリックすると元のサイズで表示します


この迫力。河の王。
クリックすると元のサイズで表示します


私にとってはロレックスより遥かに使える相棒。
クリックすると元のサイズで表示します


地底から終わることなく沸く水。何故か童心に返る。
地底深くに潜ろうとするとそこは底なし。
驚きの発見。あたりまえか・・。
クリックすると元のサイズで表示します


パクーが眠る。
クリックすると元のサイズで表示します


ここは水深4m。
泳ぐということは重要なスキルだ。
クリックすると元のサイズで表示します


遠くに霞むタンバキー。
透明度は低いが大物多数。またの機会に。
クリックすると元のサイズで表示します


どうでしたか?水の世界。


水中写真家という道も素敵だ。

今のところ自分が釣り意外にここまでハマれそうなのは
ダイビングだけだと思っています。

シロナガスクジラと泳ぎてぇ〜!(笑)
  
投稿者:TERU

本音。

みなさん、熱いコメントの数々感謝致します。
僭越ながらレスは本文で返させて頂きます。


大変参考になりました。

今日はみなさんの熱い心にお答えするのが礼儀と思いまして、
私の今のジレンマ、本音を申し上げさせて頂きます。


私が開高健さんの感銘を受けていることをみなさんはご存知のことと思います。
では、幾多もおられる小説家の中で何故に開高さんなのかということです。

それは、開高さんは何でも書いてくれたからです。

ノンフィクション作家だったということです。

世界の釣り、食物誌はもちろんのこと、風俗、麻薬、風習・・。

こんなことを書いても大丈夫なのかと読者が思うくらいのことを、
現代の小説家が書けばタタキに会うような、炎上の的になるようなことを
実体験をし、更にサラリと書いてしまう。

そこにはおごりもなく赤裸裸に世界の事実が、
下衆ではなく上品な言葉で辛辣に綴られています。

私は今回、去年の旅に出る前がちょうど新型インフルエンザがメキシコで発生して日本に上陸し始めた時でした。

この時、日本のメディアがこぞって大袈裟に報道しました。
そのこと自体は民衆のことを思っての報道なので悪いことではないですが、
私の周りの人間はそのことに誰も疑問を抱かないのが異常に感じられました。
唯一私と同じ考えの人は以前私の勤めていた今でも尊敬する輸入会社の社長だけでした。


やはり、数週間後メキシコに着き、辺りを見回してみても一般大衆はインフルエンザなんて何処吹く風とばかりに誰も気にしていませんでした。
知らない人間さえ多数いました。
私が泊まった日本人宿など報道の撮影に来てヤラセの発言をさせられたとも言っていました。

NHKの衛星放送で見てみると、日本はマスクを買う為に長蛇の列。
オイルショックで日本中の店からトイレットペーパーがなくなったように、
そのころから日本はやはり何も成長していないというのが印象でした。

非国民といって戦争反対した人達を村八分にして迫害したあの時代からまるで成長していないように思いました。

右向け右という危険な国が日本なのだと再確認しました。


それにはやはりメディアというものの力が強すぎる。

YouTubeのように
"Broadcast Yourselft"という誰もが情報発信できる時代にも係わらず

TVや新聞のようにおおまかな流れでは単一方向の情報に相変わらず流されまくっています。

話を戻しますが、私は開高健さんの釣りが上手いとか下手だとかそんな釣り師からよく聞く
“くだらない議論”はどうでもよいのです。

ありとあらゆるモラル上では否定されるような事象をまっすぐに、しかも上品な感性で伝えてくれた開高さんを尊敬しているのです。

私は深く知りもしないのに悪いことは絶対悪いで蓋をしてしまえという一方向の絶対的観念が許せないのです。

だから突き破りたい。

しかし、私がその域に行くのにはまだまだ修行や経験がたりません。


突き破る域に早く辿り着き、辛辣な事実、おおらかな世界の事実をまっすぐに書けるような人物になりたいというのが今の本音です。


みなさんのありがたいお言葉胸に染みました。


命を懸けてがんばっていくので
これからも熱い応援よろしくお願いします。


最後に一言。

ボンバダアグアはリアルです。
クリックすると元のサイズで表示します

井上雄彦さんの“最後のマンガ展”、感動して涙がでました。
ありがとうございました。
投稿者:TERU

ミカンスでござんす。

私のミレウス・ミカンスの写真が話題になっているようなので、
現在とんでもないアクセスを頂いているのもかかわらず、
日本で推定数十人のパクーを追求される希少な方の為だけに
更新を割きます。

旅や巨大魚、牙魚の話題をお待ちの方はもうしばらくお待ち下さい。


これは二年前の画像ですが、
最大のミレウス・ミカンスです。
2kgありました。
野生下ではここまで大きくなっちゃうんですねえ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここには予想を遥かに上回る怪物プラチナドラード(サンフランシスコドラード)
が生息していますが、アルゼンチンの巨大ドラードを上回る個体
がいるのではないかと予測されています。
常軌を逸する個体は以前かかったのですがバラして獲っていません。
それを証明するためにもまた再戦せねば。
 
この細い河にドラードが密集して遡ってくるので多分このパクーは軽く尻鰭をカブられたのでしょう。


私は現在、快くも無償でレアな情報を提供しています。
心あるならばこちらからは見えないパクーマニアさんが
どう思っているのか実直なコメントお待ち申しあげております。

もう釣行記が数年分、写真も数万枚も溜まっているので
何から書けばよいか正直戸惑っています。

まだ出していない魚がとんでもない量で眠っています。

参考にさせて頂くので旅重視か、魚種重視か、
釣り重視か、タックル装備重視か、
それとも死にかけたような危ない話か、
色んな意味でギリギリなお話かw、
リクエストも次いでお待ち申し上げております。

いいアイデアを下さい。

みなさんお気軽にコメントどうぞ〜。
投稿者:TERU

マットグロッソ。

マットグロッソ州。

草が肥ゆる大地と形容されるブラジル中西部の大きな州だ。

分水嶺を持ち、北のアマゾンへ流れる河。南のパラナへと流れる河。
あの広大なパンタナール。ありとあらゆる生物、怪魚を抱えている。

ミリオ・モトグロセンセ(マットグロッセンセ)
繁殖力旺盛で可憐なこの水草が私は昔から大好きでした。
誰に教えられたわけでもなく、本を読んだ記憶もないが
マットグロッセンセという名は草が肥ゆる肥沃な感じ
という印象を不思議と受けていて好きな響きでした。

マットグロッソ州は今、急速に

盛んな牧畜やサトウキビ畑などへと変えられていく。

人間は肉を食う。

人は自動車に乗る。

ブラジル仕様の車はサトウキビから得た
バイオアルコールで走ることもできる。



エコだと言うのは簡単だ。

大地の見えない人工物に囲まれた都市で
エコとおしゃれに言うのは簡単だ。

だから、どうしろとか私もえらそうに言えるわけではないし、
どうしたらよいかもわからない。


しかし、ここにもたくさんの虫や、爬虫類や、動物
がいたことに間違いはない。

私は見た。
現実にこの景色を見た。

目をそむけてはならない現実の一部なんだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

唇。

ブログってやつは、

インターネットってやつは

やっぱりいいことばかり書く。

釣れなかった時のことや

辛いことなんかあんまり書かないことが多い。


気持ちはいつだってやる気なんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ルアーが届かなければ泳げばいい。

クリックすると元のサイズで表示します

届くとこまで泳げばいい。

クリックすると元のサイズで表示します

立ち木の向こうで大物の捕食音がバカバカ聞こえても

クリックすると元のサイズで表示します

釣れない時だってある。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、お金がなくてあんまり遠くに僕を連れて行くことができないブラジリアの友達も
せいいっぱいの気持ちで釣れるかどうかわからない新しく出来たダムに連れて行ってくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

結果は大事なことではあるかもしれないけど、
そんなことはどうでもいいんじゃないかなと思うことがある。

クリックすると元のサイズで表示します




特にこんなくちびるみたいな花を見つけたときなんかはネ。


投稿者:TERU

世界標準ルアーロッド。

私の愛竿。ローディーラー改5.9ft。
クリックすると元のサイズで表示します
ボロボロに酷使されたこの竿はもはや原型を留めぬほどに改造され、永年の傷によってツヤすらもない。
数万匹の魚と対峙し、とうとうベリーに亀裂が入り、もう役目を終えようとしている。

新しい竿が必要だ・・。

しかし、私の求める竿は市販のセッティングでは不十分だ。
モンスター専用ロッドと謳われ販売されているバスロッドがいくつかあるが世界の淡水ルアーフィッシングにはまるで不向きな竿が多い。

特にアマゾンではそのラインナップでははっきり言ってまともに戦えない。
妄想膨らみすぎてんじゃないですか?ルアーロッドですよね?
と問い質したい気持ちがいつもふつふつと湧き上がる。


上の写真一枚ですべてを見抜いてほしい。
こんなペンシルを生きたように激しくアクションさせる竿を物理的に有効に遂行しようとするとおのずと答えは見えてくるはずだ。
ロングロッドではどんなに体を鍛えて腕力がある男でも一日振り回せば手が逝ってしまう。


それと、最近理解されてきている(と思う)竿のトルクについて。
まず、ファイティングシーンを誰かに写真撮ってもらおう。
ブチ曲がり〜っ!なんて言ってる人見かけますけど
自分が思っている程ロッドは曲がっていません。
竿は曲がって初めて機能する。
限界付近が一番パワーを発揮するのに、そこまで使っていないのに妄想だけでスペックを上げていく。
より強い番手の竿を使うというのが今の淡水ルアーロッドの流れ。
そんなに竿のスペック強化してもそんなドラグ力のあるベイトリールって存在しないし、それ以前にそんな強力なラインは誰も使っていないのになんで?って誰も気付かないのでしょうか。
普通のMHの竿でどれくらいでかい魚が獲れるか知っているんでしょうか。

スペックだけを上げるなんてことは簡単です。
世界の実戦に基づいた“セッティング”がまるでされていない。
竿の能力を使い切るとはこういう感じ。
1m程のタライロンがこの先についているわけですけども、
竿の機能が充分発揮されているためパッとみてもその安心感、良さがわかりますよね?
クリックすると元のサイズで表示します

この網に体半分くらいしか入らないのでかなりエキサイティングなランディングになるんですけど。w


某ブランドより私の竿論でセッティングしている、振った瞬間あまりの軽さに衝撃を受けるような、信じられないでしょうが女性や子供、誰にでも使いやすい、丸一日ジャーク、トゥイッチしても疲れない、しかも世界の怪魚にも負けない。
「実はこれが本物の怪魚ロッド。」計画が発動しました!

ガラパゴス島のように独自の進化を遂げ変な方向に走っている日本ルアー業界に一石を投じるような竿になるのは間違いないと思います。

実戦でつちかわれた経験が生み出す私が欲しい本物の怪魚ロッド。
いや、私が知る世界のトップクラスのモンスターハントルアーフィッシャーマン達が熱望しているトルクがあって短いという単純かつ純粋なるロッド。



順を追って告知しますのでお楽しみに。


PROJECT OF
REAL MONSTER RODS!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:TERU

楽しい人生。

日本の満ち足りた生活にグロッキーになっちゃってる若者
を見るとかわいそうだ。 

浮浪者って一度やったらやめられないって聞いたことがあるけど、
今の僕にはわかります。

700円程の宿代がもったいなくて漁師の家の軒先に。
むしろこっちのほうが居心地良かった。
ネグロ河奥地のサンガブリエル・ド・カショエラにて。

クリックすると元のサイズで表示します

この2週間前マラリアで死にかけてたはずなのに
なんで俺笑ってんだろ。本当の笑顔だ。

ああっ、写真見てたら更新進まないっ!
あんなこともあったっけ、こんなこともあったけ・・


楽しい人生を送れていることに大自然の神さまやお世話になっている人に感謝します。
投稿者:TERU
3 4 5 6 7 | 《前のページ | 次のページ》
/34 
 
AutoPage最新お知らせ