人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ダムという大罪。

ウルグアイ。
南米の隅々を知ったつもりでいたがまだまだ知らない。
ブラジルからウルグアイの首都のモンテビデオまで長距離バスでやってきた。
降り立ったそこはヨーロッパの空気感。
そこから同じ景色の繋がる草原を10時間走ってサルトという町までやってきた。

安宿から歩いてオカッパリでも50cmぐらいまでの小型サイズなら
トップで簡単に釣れる。ダイブペンシルをジャークすれば一発だ。

パンタナールは一体何だったのかと思う程に。
そもそもドラードはトップに頻繁にアタックしてくる魚ではない。

しかし、それには理由があった。
南米大陸を北から南に向かって流れるウルグアイ河。
この大河はレプレッサ(ダム)によって完全に堰き止められている。
鮭のように河を遡上するドラードは完全に行き場を失い、
かつ巨大な個体ほど超激流を好んで捕食場にするという習性から
この巨大ダムの放水口から200m程の区間に巨大ドラードがクソほど溜まる。

人間が堰き止めた大河。
ドラードを一網打尽にできる環境を人間が作ってしまった。

自然界からするとこんなとんでもないことが現実に起きている。

あまりにも簡単に釣れすぎるので
ダムの管理局及び特定業者が規制をかけて管理開放している。
時間単位で結構な高額を払わなければエントリーできない。
しかも一ヶ月以上予約で埋まっている。

肩の脱臼も直らないし、
金ももうほとんど持っていない。
3時間だけエントリーできる権利を
旅の途中で偶然一緒になった私と同じようないきあたりばったり系の
チリのフィッシャーマンが話をつけてきた。
肩が壊れるのを計算に入れても一瞬の勝負だ。

簡潔に述べると
もう、どこに投げても食ってくる。
その瞬間はやはり楽しい。

巨大なドラードは獲ったが
残念ながらこの釣りにはロマンはない・・

クリックすると元のサイズで表示します

GoogleEarthで見て確認はしていたが、まさかここまで
完全に遮断されているとは知らなかった。
だからダム放水口付近はとにかく凄い数とサイズ。
世界記録級が一投目で来たりする。
もう、すぐに十数kgサイズなどいらなくなる。
他の自然な河なら絶叫するキングサイズのはずなのに。


釣りという行為自体そのものを考えさせられる場所だった。
群がるドラードの興奮の終了後に何とも言えない
筆舌し難い虚無感に襲われる。



人間の手によって隔たれた悲しき大河。


その名はリオ・ウルグアイ・・





爆発。その本当の意味を知りたい。





投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ