人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

鈍き光。

数年前、私の元へフィッシュグリップを作製して持って来た青年がいました。

「是非見てほしい」と。

私はお世辞にも良い物には見えないその貧弱なグリップを見て丁重ながらもはっきりとこう答えました。

「これは一番重要な道具だ。まったく使えない。使えるはずもない」

私は国内外の数々のフィッシュグリップを買って失敗してきた。

スポーツフィッシングの心を表す象徴なるこの道具。
私が信用できるものはいつしかオリジナルのボガグリップだけとなっていたのです。

すこしきつい言い方をしたかなと後悔しながらも彼には真実を述べて良かったのだと自分に言い聞かせて月日が流れました。

しかし、彼はあきらめてはいなかったのです。


東大阪の金属職人のプライドを持った彼は
研究に研究を重ね、独学で失敗を繰り返し作り続けていたのです。

私もそんなことを忘れ去っていた今年の4月、
彼は私の職場にやってきました。

もう一度見て欲しい、と。


人の良さそうな笑みの奥底に光る真剣な眼差しに何かを感じた私は
勤務後に彼をファミレスに誘いました。

「これを見てください」

差し出されたブツに私は息を呑みました。

単純な材料で作られた剛健そのもののボディ。
気の遠くなる仕事の跡がうかがえるような
手で磨きぬかれた硬質ステンレス鉱の無垢の輝きに。

彼は自信に満ちた笑顔で聞いてきました。

「どうですか!」

私は手を差し出し、

「よくぞここまでがんばった!すごい努力だ!感動した!」
 
だが、このままではまだまだ野暮ったいラインで重い。重すぎる。
アームの強度もかなり強くなっているがまだ足りない。
ボガグリップ60ldの強度と開口度を超えるんだ。
世界最高レベルで強く美しいフィッシュグリップを完成させよう!

やれるはずだ!



それから何度もお互い仕事を終えた後に会い、図面を前にディスカッションを重ね
朝方まで意思の疎通を図りました。
いつも忙しいと言っていたのはこれもそんな理由のひとつです。

この単純で強く美しく軽い“本物”をつくるには
微妙なラインがとても重要だった。
極限まで贅肉を落とさなければ重量はかなりのものだった。

発売されてすぐに手に入れた、47年ぶりに生まれ変わった
スイス陸軍納入モデルのビクトリノックス・ソルジャーナイフ
を思わせるような曲線のみの合理的かつセクシーなラインを目指して
私は何度も図面にラインを重ねました。

問題はもうひとつありました。
数々の大物を釣って来た人にはわかるでしょう。
ボガグリップのアームの先端の曲面のラインには深い意味があるといことを。

きっぱりと私は彼に言い切りました。
ここから先は君の手削りの職人技だ。
他のフィッシュグリップは一切気にするな。
ボガグリップの先端形状を手本にし、それを超えろと。
日本人の芸術的な技術を見せてやれ、と。
その需要はある。それをを待っている釣り師は必ずいる、と。
「できるか?」
「やってみます。いや、やってみせます!」



そして、遂にその日はやって来た!

ボガグリップ60ldアームの強度と開口度を上回り、かつ軽い。


オーステナイト系硬質ステンレス鋼が鈍い妖光を放つ魂の逸品!

名も無き銘刀只今見参!!

クリックすると元のサイズで表示します

MAEKUBO・R君ご苦労様でした。
でも本当の試練はこれからだよ。

まだこのグリップには名前もありません・・
詳細はまた後ほど・・
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ