人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

永遠になれ。

突然ですが、写真が私は大好きです。

上手いとか下手だとかはどうかわからないけれど、
後で自分が見返して楽しむために撮っています。

いい写真っていうのは、いつも「永遠になれ!」って思う時に撮れたり、
撮ってもらったりした時が多いです。



こんなことがありました。


今回、旅の最後のほうにマナウスで日本人の女の子旅人二人に出会いました。

彼女達は耳が聞こえない。

そのことはすぐにわかりました。

必要以上に気を使いどぎまぎしている私に積極的に
次の旅のルートや行き方などを紙に書いて聞いてきました。

彼女達は明るかった。

アメリカに住み学生プログラムを利用して働き、
そうして一生懸命貯めたお金でアマゾン旅行に来たそうです。

彼女達は活発的でエネルギーに満ち溢れていました。

ノートブックを巧みに使い、fecebookを知らない私を「遅れてるね〜。」
なんて文字で書かれてひやかされたりもしました。

そんな彼女達に関心した私はプチ案内役をかってでました。

「市場を見に行こう。」と。

クニちゃんも誘い、アウドフォリスボア市場へ。


アカリ(プレコ)のぶつ切りにされ卵が剥き出しになっている状態に
この娘たちはおおはしゃぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

市場のおっさん達も女の子にはサービスの良いこと。
みんなアマゾン河の魚を持ちあげて俺も撮れといってキャーキャー言って遊んでいる。

おっさん達もしゃべれないということはすぐわかっているみたいですが、
障害を持った人に特にやさしいブラジルの人達の
心優しきお国柄には何の問題もないようです。

日本に帰ってくると「危ないでしょう?」なんてよく聞かれますが、
実は本当に紳士的なんですよアマゾンって。


そんなこんなで楽しく
アルモッサ(昼食)も市場のはずれで食べることに。

ツクナレ(ピーコックバス)とジャラキー(カラープロキロダス)
のフリットを持って記念撮影。パチッ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


次の場所に旅立つお別れ前に、ノートで書きながら会話しているとき、

「そんなに重いハンデがあるのに自由な旅をするのってすごいね。」

なんて意味をこめて書いてみたんです。



すると、意外な答えが。


クリックすると元のサイズで表示します


「聞こえない分、もっと世界を見てみたい気持ちがあるのかも。」


不意に込みあげてくる熱い目頭を抑え、この瞬間を忘れないようにとシャッターを切りました。


ノートを見て永遠になれと思うことはこれが最初で最後かも知れませんね。



叶えたい願い、叶えたい夢

信じ続けることが奇蹟を呼んで未来へと繋がっていく

今までもそうだったし、これからもそうだ。




素直な気持ちは誰にも譲れない。



旅人としてまたどこかの国で


君達には計り知れない力をもらいました。


ありがとう。




投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ