人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

真ブラックタライロン。

ネグロ河にて激レア公開!

これが正真正銘の

ネグロブラックタライロンだ。

タライーラ1000匹に対して1匹いるかどうか。
実は生息数がタライーラに比べて極めて少なく、
これが私の初めての一匹。
それに輪をかけて何が希少なのかというと
“小型種”のタライロンということだ。
クリックすると元のサイズで表示します
熱帯魚マニアの中ではシングーやタパジョスタライロン
に比べかなり低い位置付けだが、私には高い位置付けの価値がある。

今まで見た色んなアマゾンネグロのビデオで見たものはすべてタライーラだった。

多分、写真では"迷宮タライロンの論争”が如くわかりにくいと思うのだが
実物で見ると全然違う。
ペンシルのジョーペピーノを襲ったた瞬間、
「あっ、これはタライーラじゃない!もしや!?」

タライーラはもう信じられんほどアホほど釣れるのでできるだけ取り込まずに
竿をしゃくって外そうとするのだが、この瞬間だけは慎重に取り込んだ。

めちゃくちゃ嬉しかったわー。



顔が短く丸顔で、やはり尾筒の太さが尋常ではない。
タライロン一族である。
私はタライロンとタライーラを識別するのにあたって
ある骨格の一部を判断基準にしている。
その基準で見ると小さい種だが明らかにタライロンである。
クリックすると元のサイズで表示します
この魚こそが大きい種をタライロン、
小さい種をタライーラだ
という概念を打ち破ることができる唯一無二の存在だ。

タライロン一族とは体色をかなりの幅で調節することができ、
タライーラはそこまでの幅を持っていない。
タライーラは何匹釣っても金太郎飴のように
同じような個体が飛び出してくるが、タライロンの体色は変化に富んでいる。
これも大きな特徴のひとつだ。



そして、この男。名前はカレカ。
イマカツというブランドから抽選で発売された
“デビルリッパーカレカ”
というルアーはまさしくこの男の名前だ。
私のために生かして持って帰ってきてくれたのであった。
「これは、テルの探してるものか?」
間違いなくブラックタライロンであるが
非常にわかり辛い個体だ。
クリックすると元のサイズで表示します


まあ、カレカとの釣りも今後書くけど、
この男はアマゾンの男にしては珍しく異常にプライドが高い。
自分の釣りに絶対の自信を持っている。
ビデオで今江氏にも100ld使えとか色々指図していたし・・。
ルアーのペラに対してもかなりのこだわりを持っている。
ペラに関しては私には一切指図してこないが、この男に認められるには
かなりのレベルに達しなければならない。
だが、この男も私の独自の新釣法には自分の概念が崩れ去ったみたい。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな小さい魚を怪魚伝で紹介するなんて・・
なんて読者の方は思うかもしれないが、

私は巨大タライロンの第一人者であるからこそ声を大にして言いたい。


小さいがネグロブラックタライロン
はかっこいいのだっ!

投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ