人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ゴールドエッジ。

更新遅れて申し訳ない。
すごく良い釣りが続いているもので。



ごほんっ、じゃあいつものボンバダ節で参りましょう。







俺が生まれる前に亡くなった見たこともない父方のじいさま。

そのじいさまは無類のつり好きでその時代には珍しく、
鳥や生き物をたくさん飼育していたらしいと
あまり過去を話さない父からきいたことがある。

父が言うには特に変わっていたのはトマトをおかずに飯を喰うことだったらしい。
俺も少し変わっているなって思っていた。


人は変わる。変わることで成長していく、老いていく。


そう。ようやく俺にもわかったよ。
トマトをおかずに飯を喰うってことが
めちゃ美味いってことを!




俺に最強の釣り好き遺伝子を残してくれてありがとう!!


伝説の河は本当にあった!!


タパジョスタライロン ¨ブラック¨ !
クリックすると元のサイズで表示します

ヤッタ!!
クリックすると元のサイズで表示します





タパジョスタライロン ¨レッド¨!
クリックすると元のサイズで表示します




タパジョスタライロン ¨ベビー¨! w
この画像を日本で目ひんむいて見てる人がいるのが想像できますね。
そう、これが最大種産地のタパジョスタライロン。
クリックすると元のサイズで表示します

古代生物の宝庫だ!
ビックーダ。この後とんでもないサイズバラしちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します


新発見!!タパジョスタライロン
¨ゴールドエッジ¨!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


こいつもゴールドエッジだっ!
UGAGAGAA....
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タライロンの魚影が濃く、
一週間で40匹程ルアーのみでつりあげることができたわけだが
人間サイズはやはり難しい。
しかし、この河には色んな人の証言から悪魔レベルが生息しているのは間違いない。
ペスカドールが一生に1度会えるかどうかのレベル。夢は尽きない。


クリックすると元のサイズで表示します








追記
俺はXINGUを知ってわかったつもりになっていたのだがまだまだ南米は広い。
こんなすごいタライロンリバーがあるなんて....

詳細は帰ってから書く。はやまらないで下さい。
そして、熱帯魚関連で止められていた、
簡単かつ最も重要なタライロンの見分け方、珍魚秘蔵画像も一気に開放する。
タライロン論争に終止符を打とうと思う。


ゴールドエッジ.....





無人島で一緒に生活した親子。実に心温かく、最高の思い出になりました。
大変お世話お世話なったのに一切お金を要求もせず感無量です。

息子のエリアスくん。
教えている最中にルアーピックアップ寸前、船の横で水柱が上がった。
少年は水に引き込まれかけるが必至にロッドにしがみついた。
カヌーの上は歓喜の渦。
どうだ。この誇らしげな顔。
タライロン"アマレロ"!
クリックすると元のサイズで表示します
子供はやはり天才だ。
教えるとみるみるルアーフィッシングが上達していく。
モンゴルのアナックを思い出したよ。

クリックすると元のサイズで表示します
この辺境の町にまともな道具は売っていない。
日本に帰国したらこの少年にタックル一式を郵便でプレゼントするつもりだ。いくらかかってもよい。気持ちの問題だ。

怪物タライロンを育くむ悠久の大河よ永遠に...
クリックすると元のサイズで表示します


投稿者:TERU@タパジョス水系
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ