人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2022
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

お手伝い。

もう、イタズラばっかしてます。w
クリックすると元のサイズで表示します
スーパーペスカドールのレストランで無償のアルバイト。
ボンバダには避けて通れん道なのだ。悲(ブラジルの物価の高さはボリビアから入ってきたオレには異常w)

まかないのドラードの兜味噌汁。
絶品です。
クリックすると元のサイズで表示します

まさに金箔。
クリックすると元のサイズで表示します



働かざるもの釣り旅するべからず。

そういえばKAZZさんに二年前そう言われたっけ。


旅に出る環境をつくることも立派な釣りウマの条件だ!と、今は思う..。
だけど、もう、ラクしてーよー。w

レストランに飛んでくるナンベイオオタガメ。他のタガメなんて比べものにならない凄い力。
危なくて素手で持てないw
触って初めてわかるカッコよさ。
クリックすると元のサイズで表示します



またまた新種ピーコックの巣も見付けちゃいました。
爆釣だったが、小バッチーいじめなのでもう何釣匹りましたー!とかもういいでしょ。
そんなのきらいなのよ。
クリックすると元のサイズで表示します

あっ、後ろに写っている今回すごく役に立っているカメラバッグは防水オタクの社長がつくったWATERSHED社製。
水にも砂埃にもかなり信頼できる。オススメ!


写真と釣りは両立しないとはどこかで聞いた言葉だけど、
今回はそれを打破してみたいのヨ。

だから、片手に一眼、片手に雷魚ロッドで300kgモンスターとヤってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

偶然、予想外の写りで、後で見て痛む肋骨を忘れてほくそ笑む僕ですた。w


オウムも今回はタムロンの望遠レンズだからいい写真が撮れて嬉しいのヨ。
クリックすると元のサイズで表示します

あっ、そういえば今日、スミレコンゴウの群れに出会ったんだ...


今風に言えば.. ウレシス♪








投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ