人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

伝言ゲーム。

世界の旅では、実際この目で見てきたことと聞いてきた情報が違うことはかなり多い。
アンダーグラウンドなことや風俗、風習なんて全く違うよ〜、なんてことはザラ。

アクアリウムも聞いたら笑っちゃうような噂をまことしやかに信じている人の多さにびっくりしてしまう。


カパラリ。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、日本ではカラパリなんて名で呼ばれている。


まあ、こんな微笑ましい間違いはいいとしても、
差別や偏見など、どうしても見過ごせないことは言いたい。これからの課題。

上海のユースホステルで中国の学生と朝まで日本と中国の関係について話したこともあるが、中国は日本に対しての情報を操作した教育をしているが、
「ネットがこれほどまでに普及しているのだから本当のことはみんな気付いている。頭のいい連中はそんなに日本を悪くは思っていない、むしろ憧れさ。」
と言っていたのが印象的だった。

世界は急速につながっていっている。
日本は島国だからなのか世界に対しての偏見が強いように思います。
単一の情報操作に流され間違いを起こす。

もうそんな時代じゃないと思うから。



年魚の卵生メダカってご存じですか?
実はその昔、この種のブリーディングをしておりまして・・。
アフリカの厳しい自然には乾季前には土中に産卵し、乾季の間は卵が眠った状態(休眠)で土中に残り、雨季に卵が水に漬かることによって孵化する種族がいます。
通常は1、2日で孵化します。
しかし、中には孵化しない個体がいます。
それは何故かというと、もう一度異常気象で乾季が来た場合、全滅してしまうからです。

何ごとも右向け右ではいけないってことです。

異端だと思われているものが種族を助けることもあるってことです。


わけわからんことを今日も書きましたが、急速に更新を早めます。

旅の資金は充分に貯め、次の旅に向けて今日から全力疾走です。
今日は阪大で行われる久野武志さんのセミナーに興味があるので行ってきます☆
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ