人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2021
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ジャカレ・アスー。

でっかいの釣っちゃった。

軽い悪ノリのつもりだったんですが・・。
ほんとにツクナレやタライロン狙っているときの真剣さに比べたら・・

クリックすると元のサイズで表示します

ジャカレ・アスー。約4m。推定300kg。(計れるかっつうの!)

周りに6m、7mクラスがうじゃうじゃいるのでいちばん小さいの狙ったんですが・・(汗)

クリックすると元のサイズで表示します


ごめん!俺の遊びにつきあってくれてありがとう!なんか罪悪感ある・・。

河の王はえらい目に逢ったと言わんばかりにゆっくり棲みかに帰っていきました。ごめんネ。

やっぱ鰐って現代に生き残る恐竜だよ。超カッコいいっ!

クリックすると元のサイズで表示します

コンデジではやっぱり本物の迫力はちょっと伝わらないな〜。

動画もあるけど皆さんにはショックがきつすぎるんじゃないかと。(笑)
(橋脚に頭をゴンゴンぶつける音は生物のそれではなかった・・。)

この写真も実は命懸け。

振り向かれてパクッとやられれば即、あの世行き。


凄すぎて笑いが止まらんかった。この表現がぴったりくる。
超次元すぎて笑けてくるんだ。マグロ竿がおかしなことになってたからね。


本気で狙うモンスターフィッシングの震えとか感動はない。
ただ、巨大生物が持つ迫力に圧倒される。

鰐の体が一部分でも地面に着けば人間の力でどうこうできるレベルじゃない。
最後は車を使い牛を引っ張るロープで引きあげた。
まあ、ホントにお遊び。

乗用車のタイヤが空転して前に進まない、一回目に吊るした木が折れるレベルだったけど・・。


釣り師なら俺の言ってることわかるよね?

これは一対一で己の力と知恵で闘う本気の釣りじゃないって。




まあ、世界にはすごい所が人知れずまだある。(でもこの横に普通に人が住んでます。喰われねえの?)


なんしかオモロかった!




こんな自然がまだ地球上にあることに乾杯!
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ