人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

黄色いアスー。

現在、まだ熱は引かず既に薬の副作用で耳が幕をはったように聞こえが悪くなってきた。
頭が割れるように痛いがこの苦しみを刻みつけるために書いていこう。

そもそも何故俺がマラリアになったかということを言っておかなければならない。

それは、アマゾン下流域ベレンに流れこむ大支流リオ・ガマの支流リオ・カピン。そのまた支流リオ・アラランデュエラに幻のツクナレを求めに行ったからだ。

ここは辺鄙な所で誰も寄り付かんマラリア地帯だ。

日本人移民が初めに入植したトメアスーもこのアマゾン下流地帯。
多くの日本人は入植直後このマラリアにやられ大変な数、家族の命を失った。全滅した村も記載には残っている。

俺が初めて南米旅をした魑魅魍魎!南米怪魚狩り編のところもここの筋違いの河だった。

今回は更に奥地アラランデュエラをめざしたのだ。
何故ならここには全身黄金一色に染まるツクナレ・アスーがいるのだ。
しかも、ツクナレはデカい種類と言えばアスー(キクラ・テメンシス)一種しか知られていないのだが、他にもいたのだ。
別種のアスー種が存在するのだ。
ここの現地人はこの黄色くデカいツクナレをアスーと呼ぶ。

では見せてやろう!
俺が一生マラリアを背負って生きることに
ならざるかをも覚悟に決め、
求めたこの究極の黄金アスーを!

クリックすると元のサイズで表示します

俺は今も昔もずっと
怪魚の魅力に取り憑かれている。
これ以上の幸せがドコにあるっ!!


バカにつける薬はありません・・。




ちなみに去年、学名が新種記載されました。
Cichla pinima (キクラ・ピニマ)
結構広い範囲に分布するようだがここ奥地の河のものはデカイ。
この写真のクラスは最強クラスであろうと思う。

特徴は目の後ろの雲状黒斑が小さなスポットで2,3個、もしくは一個しかなく一番前のバンドがT字状、もしくは横に向こうとする特殊な形状であることが大きな特徴。テメンシスの記録程は大きくならないだろうが希有な大型種であることはこの個体で確信を持てた。(申請したら世界記録だろうけど関係ねェ)数は釣ってるのでおいおい説明します。

ポリシア・フェデラル(警察官)と一緒に行ったハチャメチャな旅。

この旅もハードだった・・。

マラリアにも罹りはしたが後悔はない。怪魚は更に続く・・。

投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ