人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

私の宝物。

クリックすると元のサイズで表示します

夢を見続ける。
これは簡単なようで、とても難しいことだ。


夢に対して障害は常に立ちはだかる。



私は氏の言われるようにやってきた。

「少年の心で、大人の財布で歩きなさい。」

貧乏旅でもそれなりに金はかかる。使うべき所では使い、
常に少年の心で氏の教えに沿うように紳士にやってきたつもりだ。








開高健。

そんな憧れの人物の軌跡に触れた時の感動は忘れることができません。
モンゴル最果ての村で開高さんが立ち寄ったオオカミ猟師の遊牧民一家の鏡台にそれはありました。

「んっ?!」

クリックすると元のサイズで表示します

「まさかあれは!!」

クリックすると元のサイズで表示します

Kaikoって書いてある・・。

子供が張ったシールの横にひっそりとたたずむその“タイメンステッカー”




拝啓、開高先生。
こんなに遠く永い時間を経て私はあなたの旅路に逢いにきました。


理屈なんてどうでもいい。

私はあなたに、浪漫に逢いたかった。




クリックすると元のサイズで表示します
チベット仏教色の強いモンゴルの一般的な家。

クリックすると元のサイズで表示します
オーパ!に出ているオオカミ漁師の遺影。

クリックすると元のサイズで表示します
その息子。とても気のいい人でした。


クリックすると元のサイズで表示します
国から懸賞金の出るオオカミの毛皮。世界では絶滅しかかっているオオカミがここでは増えすぎて困っているのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
オオカミ猟師の奥さん。ご健在でした。


クリックすると元のサイズで表示します

私は今、あなたと同じ道を歩み始めています。

死の一歩手前に行った時から心が軽くなりました。

あなたに恥ずかしくないような生き方はしているつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します





今年は死にかなり近づいた旅をした2008年。
その締め括りということで永らく公開しなかった私の生涯の宝物を写真でご紹介しましょう。

初めての南米旅「魑魅魍魎!南米牙魚狩り編」の

「終話。」で紹介したあのルアーです。

常見忠さんが開高さんのために造った「KING BITE」、
開高健さんが実際にアマゾンで投げ魚を釣り、
それを頂いた醍醐麻沙夫さんも投げて魚を釣った
いわば、みんなの魂が入った
幻のルアー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この偉大な二人の小説家が実際に使用した日本釣り文学界的にも開高健ファン的にみても垂涎の逸品。


こんなに希少なものが私に手渡しで受け継がれた。

私にとっては魂を受け取ったも同然。

背負っているものが違います。

だから自分に負けるわけにはいかんのだ!!





2008年、色々あったが良い年でした。


来年も命を懸けるゼ!

☆BOMBA DA AGUA☆




投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ