人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

チーミド。

話を本編に戻そう。

さて、アラグアイア河の宿を出た女の娘三人と俺の“即席結成ヒッピー軍団”一行は一路ゴイアス州の州都ゴイアニアに向けて旅立つこととなった。

とりあえずオニブス(バス)の停車駅がある辺境の町サンミゲル・ド・アラグアイアまで送ってもらう。

そんなことしてていいの?なんてここを見ているマジメな方は思うかもしれないが、俺の旅は実にいいかげんなモンである。
“いきあたりばったり”なんて書いてるのは形容詞でもなんでもなく、本当に何の計画もないのだ。
おおまかにこの旅ではこの魚が釣れればいいなぁ〜、なんて決めてその国に飛び込むだけである。 
ただ、その釣りたい魚の知識、触れ合った数がアクアリウム歴、輸入業歴が長かった為他の人より多く、欲求も多いだけ。

俺は何でも好奇心が満足するまでヤメないのだ。

純粋に真っ直ぐシンプルに考えれば何も難しいことなんてない。

この娘たちと出会ったのも何かの縁だ。

カイピリーニャ(田舎の娘)の縁である。

素晴らしいじゃないか。
こんな冗談みたいな話が旅では実際起こる。

ここは楽しくいこう!

じゃあ、手始めにこの言葉!

「チンチン〜!」

いや、これはれっきとした「乾杯」という意味なので・・。



いや、実はこの日本語の意味は日系の風刺で定番である。
であるからして、この娘たちは知っており、何度も俺に言えとせがんでくるのだ。


これはもう文化の違いとしか言いようがない。

日本での下品なことや淫猥とされることをこの国では吹き飛ばしてしまうのだ。

このブラジルという国は日本の美徳であるお淑やかさや、恥ずかしがり、一歩引いた態度、などの正反対を美徳とする国なのだ。

それもこの国の人達は日系人が多いのでよく理解しており、ダンスを踊るのを恥ずかしがったりすると、
「もう、ジャポネースはチーミド(恥ずかしがり屋さん)ね♪」
と言いながら優しく教えてくれるのだ。



―知的な痴的な教訓その一―

日本の美徳は美しい。しかし、ブラジルの美徳も美しい。
あなかしこ。あなかしこ。
(笑)
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ