人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2020
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

UMA。(未確認生物)

アルト・アラグアイア(アルトとは上流という意味)に最も近い辺境の町サンミゲル・ド・アラグアイアに着いた。
バスはここ以上は走っていない。

ポサーダ(釣り宿)のおじさんが迎えに来ていた。
ここはまだアマゾンという皆さんが想像するような気候ではなく、荒野というかサバンナちっくな環境であるため牧場が多く、ちょっとちゃんとした格好といえばどことなくカウボーイテイストが入っているのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

おじさんはおもむろにうまそうなたばこを吸い出した。
シガホ・ナトラウ(自然のたばこ)というらしく試しにもらうと
これが美味いのなんのって。
甘いラムのような香りですごくまろやか。
一気にファンになった。
喜びはしゃぐ俺を見ておじさんは全部くれた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

早速出発。ここから200km走る。

アラグアイアはどんな河なんだろう?悪魔のピライーバに出会えるかな?
そんなことを想い車に揺られていると
やけに鳥類が多いことに気付く。
鳥を注意して見ていると色とりどりの原色の見たことない鳥が群棲している。
ここは奥アマゾンとはまたちょっと違った鳥のパラダイスだ。

鳥多い=魚多い。

俺の頭で勝手に図式が出来上がり一人で勝手に悶えていた。

その時、
何やら遠くに蠢く超巨大な毛の生えたナメクジのような未確認生物を発見した。
あれは何だ?
クリックすると元のサイズで表示します
おじさんが何やらかっこいいいかにもそれらしい名前を言うがわからない。(どうしてもその名前が思い出せない・・。)

UMA(未確認生物)好きな俺は車を飛び降り追いかけた!
デカイ!写真では伝わらないがでかい!軽く2mオーバーだ。
しかも形が鳥でもないし獣でもない。何だ?
クリックすると元のサイズで表示します

どんどん逃げる。追いつかない。
かなり引き離された。
その時、そいつは立ち止まりこっちを向いた。

「うわっ、オオアリクイだ!」

うわー、想像以上にでかいんだなー。
ナメてたぜ・・。ワイルドの老成個体にはこんなにデカい奴いるんだ・・。
                          〈Myrmecophaga tridactyla〉
クリックすると元のサイズで表示します

南米広しといえども環境破壊や乱獲により個体数が激減して滅多に見ることのできないオオアリクイがここにはまだけっこう生息しているらしい。

「見れて嬉しいよ!」

しかし、この時俺は不甲斐無いコンパクトデジカメに目をやり、一眼レフのカメラを買おうと心に誓うのだった・・。


投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ