人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

熱帯魚界の重鎮。

ブラジリアに帰り、次の日はアロンさんの仕事や銀行について廻った。

クリックすると元のサイズで表示します
銀行の支店長。なぜかピラーニャに噛まれた傷跡を自慢してきた。この人も相当釣りキチである。(笑)

行く先々で俺のことを紹介してくれるのだが、どこの会社にも一人や二人は釣りキチがいる。これは日本となんら変わりない。
この割合が一定なのも俺の中で七不思議のうちのひとつだ。

昼休みにその釣りキチのひとりが昼食を誘ってくれ3人でここの名物のバイーア料理を食べに行った。
これは肉と豆中心の黒人系の料理だ。
かなりヘビー。味は干し肉系なので獣風味が強調され、好き嫌いが分かれると思われる味だ。(モンゴルのおかげでこの系統の風味がどうしても俺は・・。)

クリックすると元のサイズで表示します

「TERUさん。次はどこに行くんだい?」
「そうですねー。是非アラグアイア河に行ってみたいと思ってます。」
「そうか、あそこは魚がいっぱいいるよ。信じられんほどピラーニャがいっぱいいるんだ。アミーゴがいたんだが去年原因不明で河で死んでね。死体もピラーニャに食われて見つからないんだよ。」
「あいや・・。」
「だけどポサーダ(釣り宿)は知ってるよ。値段と状況を聞いてあげよう。」

ここで俺に甘えが生じた。今までかなり倹約して旅しているため、少しぐらいなら釣り宿を使ってラクしてもいいだろうという考えが芽生えた。

それは、このアラグアイア河というのは醍醐さんの本でも見たし、熱帯魚界の重鎮ナマズ博士の松坂さんが15年位前のアクアライフという本に書いたこの河のあるポイントの記事を読んでいて、どうしても行きたい河のひとつだったし、ピライーバやピラルクという2mオーバーの超巨大魚が多数生息する河なのでボートの設備もそれなりでなければ獲れないと思ったからだ。

俺は値段もそこそこで状況も良いと言うのでそこを予約したのだ。

しかし、「崇高なる貧乏旅」に生じた甘えが後にトラブルを引き起こそうなどとはこの時知る由もなかった・・。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――


先述したナマズ博士の松坂さんとフィッシュハンター小川さん、いや、今はグランデ小川さん。
両氏は色んな噂の絶えない人達だが、なんといわれようとこの方々が熱帯魚界に残した功績は大きい。
日本でとやかく言っている連中より遥かに偉大である。
魚が好きな余り体ひとつでアマゾンに飛び込み切り開いてきた熱い男達だ。
俺はそこを見習いたい。ツアーもしているのは知っている。
日本の釣り師のアマゾン旅はこの二人に頼るのが大判であろう。
しかし俺はあえて、尊敬しているが為に頼りたくはなかった。
この人達がしてきたことを自分も自分の力でしてみたかったという気持ちがあった。
いつか出会う時にほかの奴らとは違うという意気込みを見せたかった。
今までそういう理由からふれることも書くこともなかった両氏だが、その気持ちだけは敬意を表して今ここで書いておこうと思う。

生物業界には常軌を逸した表に出てこない凄い男たちがいる。

アマゾンに渡った歴史に残る諸先輩方。

俺もまだまだやりますよ!やらいでか!
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ