人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

河の王。

クリックすると元のサイズで表示します

昼にウィルソンおじさんがペスカドールたばこを作っていた。
このたばこが何故ペスカドール(漁師)たばこなのかと言うと、漁で両手はふさがっていて使えない。
なので唇に微妙なつば加減でひっつけ手を使わず漁に支障をきたさない為である。
長く硬く巻くのも何度も火を点けないようにする為だ。
子供用ノートを使いかなり手慣れた手つきで巻く。
おじさんが巻くと美味いのだ。

この時、おじさんがふいにこう言った。

「テル。お前は立派なペスカドールだよ。」
「えっ?・・。」
「ジャポネのジャポーネースはそんなにみんな釣りが上手いのか?」
「そうさ、海に囲まれていて釣れないものをどうやって獲るかあの手この手考えさせたら世界一さ。」
「ははは!言うなー。」

とっさにそう切り返したが、その言葉が後になって凄く嬉しかった。
凄腕漁師に認めてもらえたような気がして。 (ちょっと書いてて恥ずかしい。)

そこにアロンさんがやってきた。
「今日帰るよー。けど最後に夕方もう一度やりたいんだろ?そう顔に書いてあるよ。最後に釣りしたら帰ろう。」

なんという心遣い。アロンさんは自分は全然釣りもしていないのにこんな地球の裏側の馬の骨を仕事を休んでまで連れて来てくれている。

恩返しがしたい。
「アロンさんこれ使ってよ。次来た時一緒にルアー釣りをしよう。練習しておいて。」
そう言って俺は魂のコンクエスト200DCと竿を差し出した。
「こんな高い物もらえないよー。」
「いや、いいんだ。受け取って。一生アミーゴの証だ。」
「そうか。ありがとう。大事にするよ。今度一緒に釣り行こう!」
これぐらいでは返せない恩がある。なんか最高に気分がいいゼ!

そうしてる間に夕方になった。
ラストチャンスだ。
俺は針、ワイヤーハリス、糸、竿、リール、フィッシュグリップ、ヘッドランプ、すべてにチェックを入れた。

「絶対ヤツは釣れる。」 

そう思った。

日が木の影に隠れた。
どんどん、どんどん暗くなっていく。日本より確実にこの間が速い。

ギリギリまで待った。

「一発に懸ける!」

もうほとんど暗く、ようやく対岸の水際と岩が確認できるくらいまでになった。

またもや体が勝手に投げた。考えなかった。

必至でリールを中腰になって巻いていた。

来る!来る!

ドッガーン!!!

思いどうりの場所、タイミングで喰った!

その衝撃、まさに脇腹が竿尻で殴られる。

「痛っー。」

もう他人目から見たら必至でよろよろだろう。

ドバッシャーン!ドバッシャーン!

暗闇にすんごい爆音で跳ねている。竿がぐるんぐるん引き倒されている。
リールも悲鳴を上げて出ている。
コンクエスト300ドラグ改10kgoverにしているのにもかかわらずにだ。

ダメ・・だ。獲れんかも・・。

流れに乗ると凄いパワー。

そこからどうなったかあまり記憶にないのだが水に浸かり倒木を除け下流の開けた所に無我夢中で下っていた。

何度も引き寄せるが暴れるのを止めない。右に左にグオッーと吠えるように飛ぶ。

少し力が落ちた瞬間、ヘッドライトに手をやり照らした。

「デカイ!!」

落ち着け、落ち着くんだ。

ここで失敗は出来ん。フックが手に刺さってもいい!怯まず掴め!

手前まで来た瞬間ヤツは飛ぼうとした。

しかし、その瞬間!

ガシッ!

フィッシュグリップをカマした!

ドッパンドッパン手が振り回される。まだ抵抗を止めない!

竿を放って、両手で掴んだ!

グワシっ!

どうぅりゃあぁぁぁぁっっ!!!


獲ったぞっーーーーー!!!


遂にやった!

凄い、凄い力だ・・。




モンスタードラード!!
 

クリックすると元のサイズで表示します
                             〈Salminus brasiliensis 〉
投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ