人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

着いたぜ、秘境XINGU!

シングー河は途中でイリリ河という大きな支流が流れ込んでいるのだが、その合流点を通りがかった時にこう言われた。

「ツクナレ(ピーコックバス)とトライロンのどっちが釣りたいんだ。」
「もちろんタライロンさ。」
「そうか、じゃあシングー本流だ。」

「TERU、トライロンは浅い所にいるんだ。」

「この先上流にはインディオ・カヤポー族がいる。」
「あの有名な唇にお皿を入れた部族だね。」
クリックすると元のサイズで表示します
そんな色々な話を聞きながら夕方にポイント流域にたどり着いた。一日がかりだ。

「さあ、着いたぞ。ここからが本番だ。」

クリックすると元のサイズで表示します

パパイはすぐに竿を持って泳いでいった。高齢なのになんという身軽さ!

「バルコから降りて泳いで島づたいに釣って行くんだ。道具は荷物になって泳げない。イスカは3つまでだ。ムイトペリゴッソ、クイダード。(危険だから気をつけろ。)」

えっ!?そんなにワイルドな釣りだったの?
まかせろ。泳ぎは大の得意だ。

シャツ一丁パンツ一丁になり帽子のたるみにルアーを3つ入れた。(俺の帽子はあるときは小物入れ、あるときはアイマスク、またある時は蚊除け、水に浸せば超涼しいと、色んな使い方が出来る超優れものなのだ。)

ついでに釣りブログなので軽くタックルも紹介しておこう。
強めのバスタックル(オカッパリ遠投が必要でトゥイッチ多用ではないので7ftちょいぐらいがいいだろう。)
それにPE60ldから80ld。
リーダーはワイヤーとスナップ。(ここが重要でミソ。作り方は裏ボンバダで解説しよう。)

複雑で流れの読めない神秘の河。しかし、フィッシュイーターの習性、魚の習性は世界のどこに行こうが変わらない。

捕食できる場所。

ロッドを咥え、泳いで島に渡り
島を切り裂く琉芯の脇をドデカロングAで通した。

ドッカーン!!

いきなり来た!
狂ったように跳ねる!ビックーダ!


古代の面影を色濃く残す第一の刺客はやはりお前だったか・・。

魚界のプテラノドン。
凶器の嘴ビックーダ!!

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを持っていかなかったのでバルコに戻りパチリ。パンツ一丁なのでお見苦しいのでモザイクを・・。

どっちがビックーだ?
ごめんなさいっ!拓矢くんにそう書けと脅されたんですっ!す、すみません・・。

いきなり記録級かよ・・。
普通こんなにでかい魚じゃないんですけど・・。

一服をキメてまわりを見渡すとどこまでも続く水と岩の原野・・。
なんてすごい河なんだ・・。XINGU・・。


投稿者:TERU
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ