人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2011
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

未曾有の大震災。

やっとネットができました。

私も混乱していて何から話せばよいかわかりません。

被災された方々には、心からのお見舞い申し上げます。


これから日本国は想像もできない苦難の道を歩まなければなりません。



この未曾有の大震災を引き金に、
もう“平穏な時代”は終わりを告げたと思います。



私も現在行っていたすべての計画を一時中断し、
前代未聞のこの大災害に対してモードを切り替えました。


我が家族や親類、友人を守らなければなりません。


日本国、日本人というものが試される時がきました。


今こそ日本人本来の勇気と優しさや愛を最大限発揮して
日本人の誇りを持ってこの苦難を乗り越えていきましょう!







投稿者:TERU@JAPAN

ダムという大罪。XINGU!!

ああ、聖地シングー河が危ないっ!!

私は旅人なので政治に関することに口をはさんではならないという今までのスタンスがあったが、これはもう我慢ならんわ!

みなさんは地球上の最も遠いところで起こるこの悲劇に関心を持てないのは仕方のない話だとも思うが、
こんな時こそ真剣なアクアリウムファン、特にプレコマニア、牙魚マニアは心して聞いて欲しい。

以下、情報を下さったKamoshidaさんから流れてきたポスティングです。

Brazil court reverses Amazon Monte Belo dam suspension.
先週、ブラジルの裁判所はアマゾンに建設予定のベロ・モンチ・ダム建設を差し止める判決を下しましたが、昨日、ブラジル高裁はその判決を撤回しました。このダムが建設されれば世界3番目の大きなダムとなり(1位は中国、2位はブラジルとウルグアイの共同建設によるItaipu)野生動物の住処を奪い、何千人もの住民が家をなくします。

http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-12643261

クリックすると元のサイズで表示します
この地図で見ると上は北で上に向かって河は流れています。
よってアルタミラの下流に位置するということですが、
そこはまさにインペリアルゼブラプレコを代表とする貴重な固有種の宝庫です。
しかも数千種レベルです。
しかもこのダムができるポイントは浅い激流の河が何百本にも枝分かれする浅瀬の激流の連続で小型美プレコが多く棲むまさにプレコマニアにとっては聖地のような場所です。
とうぜんダムで流れが変われば上流の大型牙魚の生態系にも絡んでくるでしょう。



数日前、シングー河のダム建設問題が差し止めになったという
本当にうれしいニュースで私はたいへん喜んでいましたが、
それもつかの間、なんと高裁でその判決が撤回・・

世界で三番目の大きなダム!?ウソだろ・・おい・・

太古の大河シングーが死んでしまう・・・

“地球規模レベルの宝”とも言うべき存在のこの河を破壊するこの行為は想像以上にとんでもないことです。

殺された河は二度と戻ってはきません・・

何か私にできることは出来る限り協力致します。

本当はこんな偽善者的立場になりやすい問題は今までスルーしてきた自分がいました。
でも、これだけはマジでゆるせん。100年後に地球レベルで後悔するゾ!!




みなさんもこの事実を知って下さい。

ボンバダアグアはベロモンチダムの建設反対運動のスタンスをとります。
賛同できる方はご協力下さい。

情報や活動などはまたツイッターなどで報告していきます。


急なニュース失礼しました。
投稿者:TERU@JAPAN

帰国。

流浪の旅は終わった。

日本に帰国してみるとあまりの温度差に驚いてしまう。
それは色んな意味での温度差。

あえて「熱く生きなければ人生じゃない!」と自分に言ってみる。

そんなこと言いながら足は回転すしに向かっているのだが・・


ところで、今回の旅の最後は
チリのフィッシャーマンと旅をした。
これが昨日送ってきてくれた写真。
撮られていることすら気付かなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
ウルグアイの古い洋館のホテルにて。
自分にとっては高級な千五百円ぐらいの宿代だったが
雰囲気が良く、思い出深い宿だ。
クリックすると元のサイズで表示します
なぜこの写真の日付が2099年なのかは謎だが(笑)

寝相は自分では見ることができないのでなかなか面白い。
明日決闘を迎えるもののふの心境が写真に出ていませんか?なんつって。


まあ、自分の心象的な話は置いといて、
もうすぐ発売されるNEWリール
“レボ・ビッグシューター”も届いていた。

ポル語ではベルメーリョ。
スペ語ではロッホ。
血の赤はやっぱり熱くなるものがあるな。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこれには更なるチューンの話が・・
やりますよ、やりますとも!
名ばかりのテスターではないですから。


そしてイタリアの友人からはルアーを作ったから
見に来いと写真を送ってきてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

イタリーの片田舎の裏路地感がなんか俺を誘っているような・・

本場のマルゲリータ食いに行こうかな・・


いやいやイカン!
これからブログ更新がんばらねば!
書かなければならないことや魂のタックル製作などたくさんの仕事が
チョモランマのように積もっているのだ!


みなさん遅ればせながら‘2011今年もよろしくお願い致します!

投稿者:TERU@JAPAN
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ