人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2010
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

実験。

はい。酔ってます。支離滅裂です。弱いです。

酔って書くとどうなるか実験です、

突然ですが・・・フラクタルってみなさん知っています?



ワラビも海岸線も貝殻もブロッコリーも・・

なんか体が知っている・・




「大きさにも限界がないし、小ささにも限界がない。」

昨年、アヤワスカを修行体験した時、実感として思いました。
ん?なんかいろいろリンクしているゾ。

科学な目で神秘体験をしているのにまだ何も書いていません。

帰国後はちょっと本気で執筆に励もうと思います。



ところで、また悪魔の蟻みつけました。(けっこういます)
生物がもつデザインってなんて格好いいんでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

かなり硬い体です。この大きさから考えると異常。
クモの糸のタンパク質も実用化されればとんでもなく強力な糸ができると聞いたことがあります。
昆虫ってすごい。
このダクトは一体何のために・・

クリックすると元のサイズで表示します

カペタというカシャーサのカクテルめちゃキキますねぇ〜。


もう無理。バタンっ。

投稿者:TERU@PANTANAL

日はまた昇りまた沈む。

今日の私の目に映っていたのはこんな景色です。

クリックすると元のサイズで表示します

こっちを見ている女の子のドレスのスカートには大きくドラードが描かれていました。
聖母マリアがパラグアイ河を渡っていきました。



投稿者:TERU@PANTANAL

アニマー!!

分身の術!!

クリックすると元のサイズで表示します

そんな技まで体得していたとは・・



レストランでアルバイト中のサンドロくん。
生で見たらマジでタケさんと激似なんですけど・・

ホント魚持って「アニマー!!:注1」とか言って写真撮ってそうだもん。(笑)



うん。やっぱボンバダにはこういう軽いノリが必要だな。

みなさん。どんどんご指導下さい。(笑)


注1:意味は後に解説。
投稿者:TERU@PANTANAL

ワニでテスト。



ワニをリフトしています。
コンデジで撮った数秒の短い動画ですが、
タケさんの漏らした言葉は本心だと思います・・


ブラジリアン柔術のようなロッド。
お、折れる気配がありません・・






つづきは久々に復活しました裏ボンバダで・・

投稿者:TERU@PANTANAL

やっぱりワニは釣りたくなる。

近所の野池にツクナレを釣りに行こうってことで早速到着。

この池には子ワニが結構浮いているのはいつもの
ことながらわかっているのだけど

ついピーコックバスを後においといて
イタズラしてしまう気持ちにさせるのが鰐っていう生物。
なんしかかっこいいのだ。
現代の恐竜。
古代のパワーを感じたくなってしまうのだ。
このブログを見ているような釣り師系のほとんどはその現場に立てば
同じ気持ちになるだろう。

ロッドはABUのML6ftのホーネット。
ABUレボのPE60lbにスカジットデザインのペンシルを
チュパチュパアクションさせるといきなりバクッ!

まあミディアムライトの竿でオカッパリでも
これぐらいの普通種のカイマンなら時間かければとれちゃうんですよ。
まあワニのパワーをこの竿でやると凄まじいですが・・
クリックすると元のサイズで表示します

取り込みが面白ろくって、ワニは地面に足が着くと踏ん張って動かないので
できるだけなだらかなな浅瀬をできるだけ早くスライドさせ、
体が半分以上水から出たら棒きれ持ってきて
怒って噛もうとするのでそのまま噛ませて引き上げる。
だが、このサイズでも凄いスピードのデスロールをするから危ない。
YouTubeで簡単にデスロールで腕がモゲるのを見たことあるので・・

クリックすると元のサイズで表示します

タケさんの面白い動画も撮ってます。
私ケタケタ笑ってお見苦しいですが
世界怪魚釣行記見てね〜。
クリックすると元のサイズで表示します


あっ、ピーコも数匹釣ったけどもういいよね・・
レストランにある2m水槽で飼うんだ・・
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:TERU@PANTANAL

色んなものが届いた。

オンサの旅は今回は断念。

今日も沈没の日々・・

そんな中、ピュアフィッシングジャパンさんと
小川健太郎くんから補給物資が日本から届いた。
いつもお世話になりましてありがとうございます!

郵便って世界の隅々までちゃんと届くってすごいよね。
クリックすると元のサイズで表示します

今回届いた荷物の中にある
Revo ELITE POWER CRANK(レボ エリート パワークランク)
のハイスピードタイプ。
アマゾンフィッシングの今の自分の感覚ではこれが小さいクラス。
ザラクラス以下の小さい系のルアーはこのリールが最適!
強度もありそうだしLJの直系兄弟分のようでこれからの活躍に期待。
クリックすると元のサイズで表示します

おっと、みなさんお気付きになりました?
ヒマすぎとあまりの暑さにこの街でTシャツつくっちゃいました!
さすがTシャツの国。複雑なデザインもわずか5分でPCイジればちょちょいのちょい。
まったくこの国は遅れているのか進んでいるのかわからん国だ・・
染め抜きの多色使いなのに日本の半分以下ほど安い。
速乾素材なので白バージョンの戦闘服はこれでいこう。
クリックすると元のサイズで表示します







そして、やっと辺境泥酔愛好会会長タケが来た!
(敬意を表して海外ではこの呼び名で行こう。笑)


なんか色んな事に疲れきっています・・
詳細は彼の世界怪魚釣行記で。
クリックすると元のサイズで表示します

シルビオさんの赤ちゃんの予防接種に来ました。
クリックすると元のサイズで表示します


ついでに・・
クリックすると元のサイズで表示します


あまりに嫌がる姿を見て子供も覗いて笑っています。
クリックすると元のサイズで表示します


僕たち沈没組みのどうしようもないバガボンドです・・



連続更新多分します・・
投稿者:TERU@PANTANAL

沈没。

沈没。

いい響きだ・・

もう一週間も酔っぱらい魔人武石憲貴が約束をブッチして来ないのでパンタナルの小さな街で待ちぼうけで酔っ払っていて、何か書きたくなってきたので“酔っぱらい更新”ということで。

聞いたことあると思われますが、
長期間の海外個人旅行をしているバックパッカーなどが、
旅行の本来の目的を中断し、
一つの街への滞在を目的としてしまうことを
旅行者の間では「沈没。」と呼びます。

日本人旅行者に多いの東南アジアの都市などで、
宿泊施設や食事などの物価が安くて比較的治安が良く、
夜遊びができて、日本人宿が存在する場所が好まれています。
タイのバンコクなんてものすごい数そんな人がいますね。

今日はちょっとこの旅行者が言う沈没についてのお話。

沈没ってのは一般には忌み嫌われますが、
悪いことではなく、一度やってみるとほんとに居心地がいいもので、
自分を見直すいい機会だとも思うんです。
フラットに返るとでもいいましょうか。
プチシンプルライフです。

日本人でありがちなお金は結構使っているはずなのに暮らしが良くならない。
居心地が悪いってのは何かこう、生活、ライフってのが下手なように感じます。
無駄なものにお金をかけすぎているというのでしょうか。

日本在住のカナダ人、イタリア人、オーストラリア人、タイ人、ベトナム人、インド人などの友達とかいますが、その人達の部屋に遊びに行くと、お金はかかっていないのにいたるところが工夫されていてすごく居心地のいい空間であることが多い。
こういう人達を見ると、
「ああ、バランスのいい人なんだな」って思います。
女性観でもそう思います。
「ああ、この子はバランスいいな。」って
内面から来る美しさってそういうことなんじゃないかって思います。

知らない国で新しい価値観、世界の物価のバランスで考えると、
日本の異常さが見えてくる。
ここがおかしいとか、これが高すぎるとか。
逆に気がつかなかったけど日本のここが素晴らしいとか。
そうすれば直そうと思うところが出てくる。
自分の基準が変わる。

例えば日本は家や土地の値段が私から見ればもうおかしいですね。
それをなけなしのお金で買うために一生を捧げるなんてのは私にはできない。
土地ころがしというビジネスに使う人はおおいにありと思いますが。

電車通勤している身分のサラリーマンが高級時計はめて時計雑誌を読んでいるのをよく見かけます。
こんなの日本だけです。
もう、それぐらい日本は満たされていて、そういう見栄をはる部分にしか
お金を使うところがないとしか思えませんね。
こういう人は私から見て「バランスの悪い人。」
知らないうちに社会のシステムにがんじがらめにされて
もっと素晴らしいものに気付かない人たちです。
ヨーロッパの旅行者とよくユースホステルなどでは朝まで語ったりしますが、
みんな自分に見合ったさりげないおしゃれ感がとてもかっこいいです。
いやいや、勘違いしないでほしいのは
私から見てバランスが悪いと言っているというだけで悪い人ではないです。
私も同じくこの日本の保守的で精緻なシステムからうまくバランス良く抜け出すことも容易なことではないのも承知しています。

最近では沈没を目的として海外に長期滞在する人もおり「外こもり」と呼ばれることもなってきているようであります。
「内こもり。」という流行語をもじって「外こもり。」
巨大掲示板2chをはじめ、日本人の言葉遊びの妙技には時々感性が豊かすぎて思わず吹き出してしまうことがあります。

旅をするひとがみんな持っているのは、

Chenge of my life。

みんな、人生を変えたい、より素晴らしい価値観と出会いたい。

という崇高なる願いからきていると私は思っています


みんなより良く生きたいと思っているのは当然のことです。


我が母国“自殺大国日本”に対してこの乞食同然の私が“経験”としてひとつアドバイスできるとしたら、日本と全く違う文化の南米を見てみるのがいい。



死にたくなくなるんじゃない?

チャオ。



後で読み返してみて変なこと書いてなければいいが・・zzzz・・・




投稿者:TERU@PANTANAL
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ