人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2010
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

Feliz Aniversario Teru!

昨日は私の誕生日でした。

突然のサプライズで今お世話になっているレストランで
働いている人やお客さん、総勢40人からの人が祝ってくれました。

いつも海外をフラフラしている私には
誕生日なんてのはもともと祝ってもらえるものとは初めから頭にないので、
自分でも忘れて過ごしてしまうこともあるのですが、
まず、私の誕生日を憶えていてくれること、
そんな私のために何日も前からケーキやシュハスコの準備を知らない間にしてくれていたこと、
ここ何年も誕生日祝いなんてなかったので
ビデオ撮られているのにマジ泣きしてしまいました。

「パラベンス!テル!!」
そう言われて
みんなひとりひとりと抱擁するのがこちら流なのですが、
ヒクヒク言うぐらい泣いてしまったのでオブリガードしか言えなくて・・

ブラジルはホントに皆優しい。


私は日本でMixiみたいなSNSを全然しないかわりに
ブラジル版のSNSはしています。
今日見てみると、
そこにもお世話になったブラジル中の家族やペスカドールのみんなから
お祝いの言葉が入っていました。

ブラジルはアンデスほど人工物などの世界遺産がなく、バックパッカーには物価高も手伝ってあまり人気がありません。

しかし、人間が作った世界遺産よりもっと雄大な大自然とそこに生きる動物、おおらかでやっぱり優しいお人柄、南米王者の文化が待っています。
深い旅をすればこんなにいい国はありません。

日本人からすればかなりラテン寄りに近い私にはほんとにぴったりの国です。

明日食べるお金もないのに悩んでいない国と
20才の若者が老後のことをを心配している国の違いです。


ブラジルの地方の町にはよくこんなバンダがきてます。
たまに女の子に誘われて行ったりするのですが、
雰囲気はまさにこんな感じ。



上のは現地の臨場感と高揚感を伝えたかったというか、
ブラジルの田舎町のショーはほんとこんなかんじなので、
本チャンのいい音源はこちら。



ノリノリの曲でいつも日本の部屋でも聞いています。
歌詞の内容わかったら笑ってしまいますけど(笑)

ブラジルのポル語は直訳では何もわかりません。
肌で覚えないと。

Vai Que Tá Gostoso?


オッパーさん、ありがと〜っ!
投稿者:TERU@PANTANAL

規制という効果。

カセレス、ドラード少ないとか言ってしまってゴメンナサイ!!

IBAMA (ブラジル環境・再生可能天然資源院)の漁獲禁止効果ってのはすごいわー。

と、言うより熱帯の回復力がすごいのだろうか。




マジでめちゃめちゃいますわー。(関西風でお願いします)

三人投げたら同時トリプルヒットまで起こる始末・・

もうセルベージャいっぱい飲まされてベロベロ。

酔拳釣法炸裂ですわー。

クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐあの情熱大陸釣り人の
酔っぱらい魔人も来るのでアルコール耐性きたえておかないと・・
久々に熱いバトルが・・


ルアーケースもプレゼントしてもらって、
こんな広大なパンタナルに数艇しかないバスボートに乗って
ビールをガフガフ飲んで、
一円も使っていないとはどういうことなんだ・・

大湿原を疾風るバスボート清々しすぎるぜ・・



私はフィッシング・ジプシーをしているが、
大名フィッシングを完全否定したことはない。
むしろそれで行けるような人間になれればなお良いに決まっている。


こういうフィッシング・ジプシーは賛否両論あろうかと思われるが
ただ、自分にはこういう道しかなかった。
自分が実際手にできるアルバイト代、おかれている状況で夢にまで出てくるあの魚をこの手に抱くのはこうするしかなかった。

世界では通用しない、ちいこい日本人のモラルなんかを気にする域にはもういないが、

ただ、最初から

そこに“行くこと”さえあきらめている男にだけにはなりたくない。



どうりゃー!
クリックすると元のサイズで表示します
即刻リリースです。



そして・・

最後にデカいドラード釣ったのに写真がまったく写ってねー!!

クリックすると元のサイズで表示します

っていう。


程、余裕が言えるぐらいのレベルになりました。(笑)




わずかな使用でビッグミノーがこんなのに。(これの実投は200投もしてません・・)
フックのサークル傷がつく前にこれぐらいになるのはけっこうすごいことかと・・。
これが、すべてを物語ってくれるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します


みなさん、魚の写真を撮った後は必ずチェックしましょう・・orz


4日後に本物の猛獣の捜索にかなり奥地まで出かけます。


そう。あのオンサです!!



投稿者:TERU@PANTANAL

日々ダラダラと南米時間。

あっ、小さいけど最初の一匹のビックーダ写真撮ってた。(笑)

いま出しておかないと、一生お蔵入りしそうなんで、とりあえず(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


これも。リクエストが・・
ちなみに写真なんですが、
魚を全開に前に出すのはいつごろからか
みっともなく感じるようになったので、
前には出さないように脇をしっかりしめて写しているつもりなのだが、
誇大広告になってしまっている。

まあ、魚見ればわかるかな。

ツクナレ写真とにかく出して欲しいとキクラマニアからメールが来るので
まあ、とりあえず。
タパジョス水系といえばこのピーコック。

ミリアナエ!! 〈Cichla mirianae 〉
クリックすると元のサイズで表示します




話は現在に戻って、ちょっとヒマができたら
町から外れた野池(いわゆるパンタナールの一部なんだけど・・)
にセルジオさんとチビピーコ釣りで遊ぶ。

天国のような環境で本当に上手いアクションをさせれば入れ食い。

まあ、トップウォーターを勉強するのにもってこいの場所である。

数回変なアクションをさせると見切るのですごく腕の差がでます。

まあ、日本では珍しい、
唐草模様のピーコ!
プレイオゾナ!!〈Cichla pleiozona〉
クリックすると元のサイズで表示します
セルジオさん、めっちゃ優しくてパンタナル一の釣り吉。
パンタナルの私の兄貴的存在。
でも、写真なんかちょっとイカついんですけど・・笑

この沼にはこの2タイプがいる。同一種?ゴールデン系は微妙だ。
クリックすると元のサイズで表示します

これが自生地のエキノの親株。
ここは水草天国。
きれいなブラックウォーターに生きてる。
クリックすると元のサイズで表示します

葉脈が力強い。
クリックすると元のサイズで表示します

花。
クリックすると元のサイズで表示します

うーん、これこそカラクサ。
クリックすると元のサイズで表示します

こういうことも南米では多いから妄想ばかり膨らませず
MLの柔らか〜いロッドを持っておくことはヒジョーに重要。
これは古いAbu Garciaのホーネット。
写真のリールは不具合があったので、もうすぐピュアさんから
パワークランクが届くことになっています・・

ついでにラインを紹介しますと、色々PEラインは使いましたが、No'1はUNITIKAのシルバースレッドPEトップウォーターゲームの60lb。
60lbね、60lb。これだけ40,50lbと編み方違うの。
製造企業が直売してるので100mが千円ちょっとで手に入る(値段も機能のうち!)し、多用しても毛羽立ちも少なく、コーティングの色も良く、当然劣化しにくくて最高!
さすがヒロ内藤さん監修!
是非、80lb、100lb、120lbを発売してくださ〜い!


いや〜、めちゃくちゃ釣れるわー。
癒しの釣りだわ。

動画も撮ったので、
後にスティックベイトのアクションのキモなんかも詳しく解説しちゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します

黒い水はきれいなので蚊はいないし、
お遊びモードなので戦闘服ではないということで。

まあ、ダラダラと。腰は良くなってきてます。

チャオ。

投稿者:TERU@PANTANAL

なんでかパンタナ〜ル。

昨年、私は南北米を長旅をしました。

南北米諸国、アンデスを見た。
それはなぜか。
ブラジル移住を考えていたから。
釣り、環境、風俗、風習を含め、ブラジル以外に私にぴったりの国があるかも知れないと思ったから。

だが、結果やっぱり私はブラジルがいい。

人々はとにかく明るく、ちょっと知り合いになっただけで、もうアミーゴだ。
こんな私も、もう何年も通っているから街を歩いているとあちこちから
「テルー!テルー!」なんて声がかかる。


全色の人種が入り混じり、DNAのいたずらか、
どんな田舎にもチラホラとズバ抜けた美女がいて、
情熱的だ。

食事もこれでもかというぐらい甘く、塩辛く、高カロリーで美味い。笑

そして、何と言ってもフィッシングだ。
もう、説明するまでもないだろう。


釣り、女、食事。


この三拍子が揃って満足できる国なんて世界中探したって意外にない。

どれかひとつが欠けている。



このマットグロッソ州の奥からルーズベルト河を抜けてナマズマニアにはかの有名なチオトニオの滝に行こうかと思ったが、ルーズベルトからポルト・ベーリョまで道が現在つながっていないという噂+近辺に町や村がないので、一旦迂回ルートで体を休めることにした。
舗装されたルートを辿るとカセレスの近くを通るので、
一旦、パンタナールの外れカセレスまで下りることにした。

着くと、やっぱりみんなに温かく向かい入れられ、
相変わらずの悪ガキがわるさをして縄で縛られており、
(去年は私の一眼レフをブン投げられて、奇蹟的に助かった)
クリックすると元のサイズで表示します

今年もいつもと変わらず。



これからドラードを夢見てここを訪れる人に教えておくと、
カセレスは人口も多く、ドラードの乱獲も酷くて、
あまり大きいドラードに関してはいい場所とは言えない。
しかし、IBMAのプログラムでドラードもこれからここは三年は獲ってはいけないため(スポーツフィッシングのキャッチアンドリリースのみ可)
ドラードも多少は増えるだろう。

私の場合、親しい家族に会いに行くってところかな。
セルジオさんもやっと一児のパパイになったので。

一日だけアミーゴのセルジオさんが一緒に行こうと言うので
今回は最後にウルグアイに行こうと思っているので、
時期的にも微妙なのであんまり乗り気ではないが行ってみた。



ボートで流されながら流れの強く当たる倒木の前を打って行く釣り。
流れのスピードの計算とキャストの精確さ、鋭いジャークがキモの釣り。
ドラードのルアーフィッシングの王道とも言うべき釣法。

少しでもコースを外れるとドラードは喰ってこないし、ギリを狙いすぎると引っ掛かって回収のためポイントを潰してしまう。

かなりテクニカルで難しい釣りです。
しかし、ここでも今回のニュータックルの使いやすさが際立ちました。

まさに欲しかったのはこのスペック!

パンタナール・ドラード!
クリックすると元のサイズで表示します

もし、あなたが南米、もしくは熱帯をフィッシング・ジプシーを
した瞬間から必ず思うことを書きましょう。

いいですか、重要ですよ。よく聞いて下さい。

それは、荷物の重さと、竿の長さです。
まず、日本で荷作りします。
「あ〜、半年間の長旅だから、あれと、これと〜。」
はい、もう、既に間違いです。
旅中の100gは普段の1kgぐらいに感じます。
本当に必要なもの意外、すべて捨てていくべきです。
特に衣類は重いです。
高機能アウターシェル、高機能速乾シャツ、厳選すべきです。
荷物が肩にくい込んで奥地に行く気力が失せます。
いいポイントはその奥なんです。

それと同じくロッド。
「え〜と、普通の6,6ftのMHと・・いやいや、怪物がいるから7,3ftのEXHと・・」
もう、既にヤバいです。竿が長すぎます。

6,6ftって短いと思っていたけど
激しいジャークをし続けるってのはこの長さでこんなにも辛いのか?
まず、そう思うはずです。
アクションも現地の人間に比べるともったりもったり
しているのに気がつくはずです。
日本のジャークとはレベルが違い過ぎます。
激しく、鋭い、シルエットで魚をだますのです。
熱帯とは魚が湧いてくるほどいるのにフィッシュイーターはそれを食べません。
その中の異常な動き、もしくは食べられそうになっているものに火が付くのです。
地球を大きく二つに分けて冷帯用と熱帯用にルアーをわけることができます。
だから、日本のバスのビッグベイトは冷帯域のパイク系ルアーを多用するのです。
パイク系ルアーの成績は熱帯ではあまり良くありません。もっさいのです。

日本のオフショア系、シーバス系のルアーは更に激しく動かすと大変効きます。
それと、アメルア。
まず、絶対忘れてならないのはヘドン。
全種もってきてもかまいません。
監督はあなたです。
二軍落ちしたら現地の子にあげればいいのです。

そして、とりわけ素晴らしいのはオリジナル・ザラスプークです。
基本にして、元祖。
単純すぎるこのルアーの偉大さを南米に来て味わって下さい。
このルアーを超えるのがいかに難しいかってことを。
幾多あるこのサイズのペンシルが束になってもかないません。
現行品で十分です。牙魚の河なら数匹で穴が開きます。

素材はボーンであることが、以後、自分の好きなようにラトルを入れたり出したり、切ったり張ったり、曲げたり変化させることができるのでメリョーボア(モアベター)です。(メッキカラーの下地は全部ボーン素材です。)

そして、トップを含め、ジャークで釣るほど面白い釣りはありません。

迷ったなら、6ft以下のMLのロッドを選んで下さい。
十分これで楽しいはずです。
思っているより大きな魚に対応できます。
「MLの竿なんかガイド全部ぶっ飛ぶって〜!」
なんて、よく耳にするんですが(釣具屋では釣り初心者のふりしているので)
言っている人は釣ったことのない人の妄想です。

それでも、どうしようもない大物に出会ったなら、
もう、釣り過ぎて小物はもういらない、
ワールドレコードサイズと闘いたい!
と思ったらビッグペンシルを結んで
最速のリールをセットした
アベントゥーラ59を手にとって下さい。
目の前に信じられないくらいの爆発が起こるでしょう。

あぁ、ちょっと宣伝しすぎかな?
でも、売る売らない関係なく
それぐらい惚れ惚れする竿できましたっ!
何と言ってもこの竿と歩ける自分が嬉しいっ!

過大広告の日本の雑誌風。笑
クリックすると元のサイズで表示します
そして、即刻リリース。

もう手持ちが少ない新品が・・orz 
これもどこの国に行ってもいつでも最高です。
クリックすると元のサイズで表示します




世界の巨大魚を夢見て
フィッシング・ジプシーを本気でやろうと思う人だけ
このアベントゥーラは2本購入されることをお勧めします。
予備は必ずいります。
ほんとどんなトラブルがおこるかわからないからね〜。


これからシュハスコ焼きます。  イテテテ、腰イテー。チャオ。


投稿者:TERU@AMAZON

ああカショエイラ。

記事にタイムラグがあるのですが
流れ流れてこんなところに行ってました。

マデイラ河の源流部。
地元の15才の少年二人を引き連れ
往復4時間も岩を這ったり、崖をよじ登ったり、なんかムシャクシャしていたので無茶をしました。
おかげで滑って腰を強打し、今後の釣りに影響が出るかもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します

たどり着いたカショエラの大瀑布の霧雨で濡れる。
こんな厳ついロケーションなのに
魚は小さいツクナレとビックーダが釣れただけ。
冒険は難しい・・
クリックすると元のサイズで表示します

次はどこに向かおう・・。

やっぱり腰が痛い・・それに足がちょっと化膿しているので
静養のため南に下ろう・・

まだまだ先は長い・・

ゆっくり、ゆっくり進もう・・

投稿者:TERU@AMAZON

狼その4。

今日もどこかでデビルマ〜ン♪

おひさしぶりです。

フィッシング・ジプシーことTERUです。


この河の魚影はすこぶる濃く(三平風)

河で一日中流されていても誰にも会うことはない。
ペスカドールすらいない。
いくらブラジルでもこんな場所はめったなことではない。

本当に最後の秘境に近い場所かもしれない。
インヂオのアウデア族の居住区があり、
その川筋には入って行く事は出来ません。

この場所を探すまで去年は8日間も色んなセダージをさまよったのだ。

本当に誰にも教えたくない場所だ。

去年は怪物に出会えなかった。
だから今年は日本で悩みまくって考えたニュータックルで
釣って釣って釣りまくる!

釣りの本質を磨くのは釣りまくるしかない。

タライロンも色んなパターンで釣り、やっと見えてきた性質がある。

この河にはありとあらゆる色んな古代色の強い魚がいる。

ビックーダ。
やっぱりそれなりにいいファイトするからと言って
タライロンに比べれば脇役と言われても仕方ないわけで・・
気付けば持った写真すら撮っていません。
めちゃくちゃ釣れるんですが・・
クリックすると元のサイズで表示します

カショーロですらしかり。
よく、カショーハ(犬)なので格上げして狼にしたくなりがちですが
この土地ではタライロンのことをロボ(狼)と呼びます。
クリックすると元のサイズで表示します
狼クラスはここではタライロンなのです。



この怪物は日本で見る個体とは全くの別物です・・
イニシエの大自然で大きくなる個体は頭のデカさが全然違う。

鬼はいにしえの怪物に憧れる者にとっては
すべてのフォルムが痺れる程のオーラを放つ。
クリックすると元のサイズで表示します


こんなに人に恐怖を与えられる目を持っている魚を私は知らない。
クリックすると元のサイズで表示します

“鬼”とはこの魚のためにある言葉だ。


出し惜しみします。

最大の“鬼”画像は帰国を待て・・



投稿者:TERU@AMAZON

狼その3。

私の小さなアミーゴのエリアス君。

新潟さんより是非現地の子にへと預かっていたダイコーのロッドとダイワのリール
しかと渡しました!
新潟さんもフィッシング・アンバサダーの一員ですね!
クリックすると元のサイズで表示します
が、しかし・・
わずか1日でタライロンにブチ折られて仕方なく別のロッドに付け替えました・・orz
私は厳選の15個のルアーと100lbPEをプレゼント。
写真のボーマーの新作カドンクアドンクなんていい仕事します。
大型ガラガララトルのステイッピンイメージといったところでしょうか。
日本での知名度は低すぎますが・・

おっちゃんも負けてはいませんよ〜
クリックすると元のサイズで表示します
なんか必死の顔がかっこ悪いですが、タライロンのファイトはこんな顔に
なってしまうんですね〜。それぐらい凄まじいファイトをします。

ところでタライロンにはコバンザメのような珍ナマズがいっぱい付いてるの
知ってました?
クリックすると元のサイズで表示します
外れてもタライロンを水につけてしばらくたつといつの間にか付いています。
噛まれるとけっこう痛い。
クリックすると元のサイズで表示します

ツクナレはピーカンの天気がいいが、タライロンはプロトレックの気圧計で見ると急激に気圧が下がった時に何かスイッチが入る傾向が強かった。

勝負は一瞬、射程範囲に入って火が着いた怪物は追い食いする。
気持ちいいぐらいの完璧なストライク。
構えていてもやっぱりとんでもない力だ。
私にとっては鬼という言葉はこの魚が一番良く似合う。

フィッシング・ジプシーの威厳にかけて
やりました!!
クリックすると元のサイズで表示します
重い、重すぎる・・。

アベントゥーラがなければちょっとヤバかったわ・・。
投稿者:TERU@AMAZON

狼その2。

写真が切れてるっ、切れてるよ〜っ!!
同行しているペスカドールは機械音痴でコンデジすら使えません・・

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても今回使用のGRdigitalVは素晴らしいカメラだな。
一眼あんまり使ってません・・

変な顔していますがこの重量をこうやって持ち上げて
写真を撮ることすら持ったことない人では難しいと思います。

デブと言われたので今回始めて故意にダイエットします。
15kgは痩せて帰るから。(笑)
私の根性をナメるなよ。

クリックすると元のサイズで表示します

新品の海用ルアーが一撃で破壊・・
このルアーはあんまり人に教えたくないな〜。
とにかく、どんなにすごいかはファイトシーンビデオカメラで撮っています。

こんな世界がまだ残っているんですよ。
投稿者:TERU@AMAZON

狼その1。

とりあえず吸血バエとの12日間の闘いは終わった・・
クリックすると元のサイズで表示します
今はこれの倍は酷い・・
もっと酷い足は膿んでこなければいいけど・・
日本人は弱いです・・

タパジョス河の奥地にはすごい太古の河がある。
アベントゥーラ59はこういう所を挑戦するために作った竿だ。
最高の仕上がりだ。
大きいルアーを生きたように激しく、軽くアクションさせる事が出来、
タライロンの剛力にも秘めたる筋肉により耐える。
雷魚ロッドに近いスペックなのにこの扱い易さ、軽快な操作感は
現在他の市販品に類を見ない。
クリックすると元のサイズで表示します
二連釣!!
いくら太古の河といえども個体数はやはり少なく、
連続で釣れるのは中々すごいこと。
ドグッという鈍い音とともに1m以上跳ね上げてルアーに襲いかかり、
締めきったドラグを余裕で突破し、指ドラグで耐えるが
ぐんぐん深みに引きずり込んで行く。
その後は激しいヘッドシェイクのジャンプ。
ビッグサイズ限って言えばなかなかこんなエキサイテイングな魚はいない。
クリックすると元のサイズで表示します
ひとつ注意してほしいのは、これに遅いリールをセットすると、
このロッドの良さが失われてしまう。
今回、限界テスターとしてABUのLJ-3改をメインに
ピュアフィッシングジャパン様より支給を受けているが
100lbクラスのラインを用いらなければならないような対象魚では
現在自分の知りうる限りでは最高のスペックを見せる。
今回の強度テストでも全く問題ない。
飛距離、巻き上げスピード、ホールド感、ドラグ・・
合格レベルと言える。あと少し、ドラグ力は強くなると嬉しいが・・
それでも現在ではこのクラスでは実測では最も強いレベルではないだろうか。
このリールを手に入れてABUをもう一度見直して欲しいと思う。
まさにアベントゥーラ59と最高の組み合わせだ。

オフショアのルアーには素晴らしいルアーがたくさんある。
オーシャンサラブレッドのペンシルに怪物がきて100lbラインぶっ千切っていかれたので、アスー用の大事なルアーをもうなくせないので
タックルベリーでわずか800円で買ったこのピンときたルアー。
GUSTONと書いてある。
クリックすると元のサイズで表示します
自分と関係あるルアーを紹介しなくて申し訳ないが
多分海を知り尽くした人が作っているのだろう。
軽い力で生きた魚のように動かせる。
しかし、特に皮膜の厚いこのオフショアルアーもここ牙の河では
そうもたない。
第一皮膜が剥がれ、第二皮膜がすこしずつ無くなって行き、
今は瞬接でアルミ箔を止めている。

太古の牙まだまだつづく。
投稿者:TERU@AMAZON

非常に残念。

河より帰ってまいりました。

沈静化したようなので流そうと思いましたが、
そういうわけにもいかず・・


何がどうなったか全容を把握していないのですが
私は自分が現地の人間に聞いたことを周りの親しい人に数人話した程度のことが大きくなってしまって・・

しかし、みなさんにはもうお気付きと思いますが・・

その自分が犯した罪のあまりの重責に耐え切れず一人で勝手に異常に狼狽して自爆・自白しているT.K・・


自分の“保身”の為に個人情報をそこまで書くとは・・

まわりの人まで傷つけ
完全に一線を越えてしまった。

もう私の知らない所で違う問題にまで発展しているようだ。


私が一度でも“魂の男”と見込んだ人間がこんなことになってしまうのは非常に残念だ。




そして、ボンバダアグアを炎上に持ち込まなかった
聡明な読者の方々には今回の件は本当に感謝しています。

数千のとんでもないアクセス数でしたが
びっくりするぐらい皆様は冷静な判断で見ておられました。



しかしながら、私は今マットグロッソ州の奥地におり、明後日からまたロンドニア、アクレ州のまだ私が一度も踏み込んだことのない奥地に移動しようかと思うのでコメント欄はしばららくはどうにもこうにも対処できないので認証制にしたいと思います。



最後にひとつ詩を。


俺たちはジェダイだったはず。

フォースを信じろ。

ダークサイドに落ちてはいけない。

ライトサーベルは赤く光っていないか?



旅に戻ります。

投稿者:TERU@BRAZIL
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ