人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2010
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

白金を生む河。

またまた釣りのお誘い。

今度は500kmFIATを飛ばして行ってきました。
これでもブラジルでは近場なんですよ。

私がプラチナドラードを狙いに行く場所はサンフランシスコ水系の河。
その河はブラジル西部を流れるアマゾン水系とは交じらない独立水系。

西部は黒人系の比率が大きい。
昔アフリカから大西洋を渡って奴隷で連れてこられたから歴史があるから。
皆さんもご存知カポエラや黒人密教、料理・・
アフリカの香りがほんのり息づく田舎。
クリックすると元のサイズで表示します


アベントゥーラ59でプラチナドラード!!
クリックすると元のサイズで表示します
日本のマニアはなぜかこの種の本当の姿をほとんど知りません・・
すごいドラードなのに・・
別名サンフランシスコドラード。
65cmとまだ中坊サイズなので全然
このロッドのパワーが発揮できません・・
かのドラードも瞬殺でした・・(汗)

爬虫類マニアのみなさ〜ん!!ヘビクビっヘビクビっ!(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

なんか変な色のピラヤ・・
クリックすると元のサイズで表示します

晩メシなので顎をニッパーで切り落とす。
そうしないと大変な事故につながるからね。
多分最強の顎だ。音が違う。
カシャカシャじゃなくてガギガギだから。
クリックすると元のサイズで表示します

えっ?何?ボンバダTシャツ着てないって?
吸血バエのいる灼熱のハードなフィールドでは衣服がハイテクであるってのは凄く体力の消耗を防げるんです。
もう若くはないので・・
すみません、吸血バエがいなかったら着ます・・。

まあ、肩慣らしも終わったところで、
バスに乗って3000km、太古のアマゾン支流奥地に向かいますか!

やっほーい!

投稿者:TERU@BRAZIL

藍より青し。

またもや更新遅れてごめんなさい。

愛しの南米に還ってまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の一月末に9ヶ月間の長旅を終えたばかりなのに
早く南米に帰りたい。アマゾンに一日でも長く身を置きたい。
そんな想いで過ごしていました。

やっぱりこの気持ちは他人にはわからないだろうと思いますが、
愛しいという表現がぴったりの病におちいっています。
何も釣りだけがいいというのではなく、すべてをひっくるめての気持ち。

着いたらすぐに釣りのお誘いがありました。
まだまだここはアマゾンではありませんが、

Serra da Mesa(セハダメーザ)

“テーブルの山脈”という意味の
高地にある異常に澄んだ深いラーゴに突撃。
セーハ・ネグラという昔の池原ダムを彷彿とさせるその恐怖をともなうような恐ろしいまでの透明度の水の場所に行き、あえて、トップしばりでピーコックバスを釣ろうというのでやってきました。

ツクナレ・アズール(ブルーピーコックバス)

深いところからドッパーンとやってくる個体は異常な青さです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


まあ、小手しらべっちゅうか体慣らしは終わりました。

さあ、ボンバダアグア2010'南米旅が今から始まるよ!!
投稿者:TERU@BRAZIL
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ