人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ツクナアズール。

何日もかけて田舎町をあちらに行き、こちらに行き、

クリックすると元のサイズで表示します
人の言葉のわかる鳥と出会い、

クリックすると元のサイズで表示します
トゥッカーノを愛するアラグアイアの男と別れ、

クリックすると元のサイズで表示します
夕日を何度も眺め、

流れ流れて
なぜか今、サンフランシスコ水系にいます....
クリックすると元のサイズで表示します

試しに投げたラーゴにここには分布していないはずの、地元の人も知らないブルーピーコックがわいていました。

ボートを引っ張って来て、地主のファゼンダに了解をとって釣り開始。
俺が使うのはあるスティックベイトのみ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
わー

ボンバダ!!
クリックすると元のサイズで表示します
ああ、なんかまたわけわからんこと誰かに言われそうだなあ-。

小難しい魚に関する日本のモラルは俺にはわからないけど、
楽しくて全部晩メシになった。

ただそれだけだ。





明日からセハダメーザという巨大ダムに行き、アミーゴのネルソンナカムラの主催するピーコックバスの釣り大会に行ってきます。
なんでこのワールド貧乏アングラーTERUにお呼びがかかったのか?

ブラジルのTV番組に多分出演するからかっこいいとこ見せないと。(笑)

世界に出たら誰もが日本代表だもんネー。


投稿者:TERU

紅い炎伝説。完。

最終日、俺はもう完全に焦っていた。

苦虫を噛みつぶすような表情になっているのが自分にもわかった。

いつもは実際はけっこうのんびりタイプの釣り師と自覚しているのだがこの時はちがった。
この金額を二回分だすことはできない。

この宿の主人カルロスがピロテーロなのだが、
激流にはツクナレはいない。と言って止水域を俺に執拗に推める。


この河は水量の多いちょい大きめのヤマメや岩魚
のいそうな渓流を想像して頂ければよいのだが、かなりの激流がある河だ。

普通はトロ場になっている区間をボートでゆっくり流しながら打っていくのがセオリーだろう。

だが、その区間はいくら打ってもツクナレはおろか他の魚のバイトすらない。


いい加減シビレの切らせた俺は、

「なんでもいいから俺の言うとうりにしてくれ。」

と言い放ち、ボートを激流域に向かわせた。

こういう場合のピーコックはマス系のように流しんの脇ではなく、激流の両岸にある浅瀬のわずかな澱みにいると直感した。
そこを立っているのもやっとの状態でキャストし続けた。
すごいスピードで下っていくため、ほんのちょっとの手返しのミスで大事なポイントを通り過ぎていく。
集中力がなく、いいかげんで今までの人生を失敗し続けている俺もこの時は異常に集中した。
無数に滴り落ちる汗が目や口に入ろうとも気にならなかった。
一切の無駄な動きは排し、一度しか打てないそのポイントを10cmの誤差もなく打つことに全神経を集中させた。
スコーピオンXT。手にしっくりくる良いリールだ。
それに合わせカルロスも必死の櫂さばきでボートの態勢をささえてくれた。

しかし、浅瀬の澱みにはかなり大きなビックーダやタライロン、マトリンシャンが待機していて、ルアーを襲ってくる。
ピーコックでないのがわかると、ワザと竿をしゃくって外す。
もう俺には時間がない!

しかし、狙いは間違っていなかった。
ペンシルにアタックしてくる音にピーコックらしきアタックが!


キタッ! が...
思ったよりも嬉しくない。
これが永きにわたって恋い焦がれた魚なのか...

確かに見たことない種だ。
クリックすると元のサイズで表示します



終了間際4時30分。
帰る時間を含めこれがポサーダではぎりいっぱいの時間だ。
まだあきらめなかった。
ぜったい最後にドラマは俺を待っていると信じてやまなかった。
3kmは下ったろうか、1mは落差があろうかというごうごうと勢いのある激流に入った時、

荒瀬の終わりの澱みの脇に3mぐらいの白いプライヤ(砂浜)が見えた。

ネグロ河のアスーで何度も出会った瞬間。とんでもないビックサイズのピーコックは意外にもこのプライヤの水深1,5m程にある段差のラインに付く。
水面からは何の変化も見えないこの段差にスーパービックサイズはステイしているのだ!

来い!!

そこからはもうスローモーションであった。

プライヤ水際ぎりぎりにキャスト。
着水音はほとんどしなかった。
キラッ、チュポッとTDソルトペンシルをアクションさせた瞬間、

その赤い¨炎¨は飛び出した!!



バッカーン!!

赤い!ものすごい赤さだ!

銘竿プレステージのミディアムライトが根元からしなる。
TDソルトペンシルには最高の動きを出させるため強力な針を載せていなかった。
それはこの種は大型種ではなく小型種と認識していたためである。

デカい!!小型種の大きさではない!!

慎重にファイトする。もう手が少し震えているのが自分にもわかる。

ドラグはいつもぎちぎち派なのだが、この時は少しゆるんでいたのが功を奏した。

ドラグを引き出し、何度も深みにもぐろうとする。
赤いブラックウォーターの中でさらに赤い頭部が深い底に突っ込もうとする。

あせらず、パワー勝負にでることをしなかった。見える程に浮かび上がった時口元を見て青ざめた。
皮一枚だ...

神様!たのむ!!

慎重によせると、

「カーマ、カーマ、テルまかせろ!!」

そう言ったカルロスもかなり興奮している。

ガシッ!!口をボガで掴んだ瞬間、フックが伸びて外れた。

うおーっやった!やった!!

グランドン!!

超希少種!!
赤い炎のピーコック!!

ツクナレ.フォーゴ!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


魚でこれほど震えたのは久しぶりだ。

この魚で手足の奮えは魚種の大きさの問題ではなく、
夢の大きさなんだと今さらながらに気付きました。


15年来の見続けた夢がここにかないました。

心配してくれている母、友人、

応援してくれているボンバダファンのみなさん、それにカルロス。

すべてのみんなにありがとう!!


すぐに写真を撮ってリリース....



いや、最後に15年恋い焦がれ続けた姿を

1分間だけ、1分間だけ心に焼き付かさせてくれ、

他種ではありえない赤いアイシャドー、赤い唇、黄金と漆黒の力強い横縞..

どのピーコックにも似つかない独特で最高の美しさだ..
そして、実物のおまえはインターネットで見てきたどのフォーゴより大きく、美しい。


俺にとっておまえだけは特別だったんだ..

ありがとう、チャオ..


すべては成就した。





俺の最高の恋人は今も、あの神秘の河を悠然と泳いでいる。



リオ アズール編 完。





ps、二年ほど前に大きくピーコックバスは学名整理され、新たなる種の名前がつけられました。
しかし、この炎にはこんなに特徴的な種にもかかわらず、今だ学名がつけられていません。

一時は僕も他の種ミリアナエ(Cichla mirianae)のタイプなのか?と臆測が飛び交っていたため確信が持てませんでしたが、
実物に出会って確信しました。
完全に他のピーコックとは違います。

なんかこの種に慎重になっている学者の愛情すら感じます。


そして、熱帯魚マニアのみなさんに一言。
実際私の知る限りでは日本には一匹すら輸入、もしくは密輸入されていないはずですが、
かなり生息域の狭い固有種です。他のアイスポットの数万分の1ぐらいの生息数だと感じます。
あの広い南米の細い河2本にしかいないのですからレッドアロワナ以上です。
ほぼ絶滅のレッドアロワナのようにしてはならないと強く感じます。


くれぐれも欲しいなんて言わないように。w





協力 Pousada Rio Azul
熱帯魚マニアや、珍しい鳥のバードウォッチングの方には超オススメのポサーダです。
清潔で料理もおいしく、貴重な生物、固有種がいっぱいいて、最高なのが蚊がいない!
河でもゴミなんてひとつも見かけることはまずないでしょう。釣り人すらいません。

僕の紹介だと言うと多少安くなります。


時間があればまた、他の珍魚紹介します。



投稿者:TERU

紅い炎伝説。

¨マクロ、アイマーラいるところにアルマータスあり。¨

この呪文で勘のいいアクアリストならピンときたはずだ。

そう、 ¨古代の河¨だ。

かつて地球上にはパンゲアと呼ばれる一つの超大陸があったことを連想させてくれるロマンあふれる河だ。
アマゾン河以南の支流ではシングー河とタパジョス河が最もそれに近い。
異常にでかくなるタライロンとカッショーハのいる河だ。

今回の話はそのタパジョス流域にもっと驚くべき他の要因の重なった世界的にみても非常に貴重な河のお話し。

サンべネヂット河とその支流アズール河だ。

この河川はブラジル政府の保護を受けていて漁師はもちろん、勝手に釣りをすることを禁止している。
有名なタイマスーをはじめ、ライセンスを受けたポサーダ(釣り宿)が3、4つあるぐらいのものである。

故に辺境のアルタフロレスタという街の釣り人でも行ったことのない人がほとんどである。

ブラジルでポサーダと言えば高級の代名詞のようなもの。世界のお金持ちやブラジルの大金持ちしかやってこれない。



困ったことにここに俺の夢の魚がいる!


レッドピーコックバス!!

現地名ツクナレ フォーゴ(炎)!!


今までに俺はここを色んな事情が重なって来ることができなかった。
そして、常にお金が足りないギリギリの旅だ。


どうやって攻略する?


そんなこんなでアルタフロレスタにやってきた。
セントロを見てまわるとかなりつり具店の多い街だ。
他のアマゾン流域の田舎町とは趣きを異にする。
世界の金持ちがやってくるのだ。当然だろう。
つり具屋はポサーダと直結しているところがあるのでルアーを物色しながら話を聞いてみるがとんでもない額だ。
世界に出かけるような一般的な金持ち日本人フィッシャーマンにはあたりまえだろうが、俺には高すぎる。
これだけで旅が終わってしまうよ。とても出せる額ではない。

しかし、神に導かれているというか何というかそうやって探し回っているうちに人づてにある男がやってきた。

アズール河に一軒しかないポサーダの主人であった。
まだポサーダを初めて二年で軌道にのっていないので特別料金で行こうというのだ。

一体いくらよ?
4日間でリール新品一個ぐらいの値段だ.. それでも俺にはキツい..

ええいっ!行ったる!

そうしてアズール河釣行ははじまったのだった!

しかし、翌日その時間になってもその主人はこない。色んなトラブルで到着すると1日はつぶれてしまった。

まあいい。こんなことで怒っていてはブラジルではやってられない。

俺は今まで色んな種のピーコックバスを釣ってきた。
日本人では種でもサイズでも俺が一番だ。
実際、プロアマを含め自分以上釣っているフィッシャーマンを俺は知らない。
それぐらいの自信もある。

多種のピーコックバスのあらゆる状況のフェチや生態を体験、勉強してきたつもりだ。
まあ、着きさえすれば必ず難なく釣れるだろう。そう思っていた。


河に着いた。
やはりというか一番気になっていたこと。
赤い魚を育むのは、進化させるのはブラックウォーターだ。
透き通るような赤黒色の清流だ。

ネグロ河と同じで蚊などの悪い虫がまったくいない。
森が河を守っている。

しかし、初めてなのはブラックウォーターの渓流。
フルキャストで対岸に届きそうな狭くて岩だらけの激流なのだ。

俺は少し悪い予感がしていた。
日本にいるときグーグルアースでこの河をよく見ていたが全域ジャングルの森に囲まれたクモの糸のように細い河だったからだ。
ラーゴなんて全然まわりに見当たらなかった。



しかし、きれいに整備された軽快なエンジン音のアルミボートに乗り込み、すぐにキャストし始めると、その不安は一気に吹き飛んだ。


マトリンシャンの猛攻が始まった。ここのはサイズが異常にでかい。
信じられないパワーで引き倒すがかなりバレやすい。

しかし、なんかブリコンなので釣りあげるとそのかわいい容姿からあのスピードとパワーが想像つかない。
釣った時の嬉しさとパワーが最も釣合わない魚である。

ブリコン最強の魚は悲しい種だ。(二年前山本さんホイル焼きごちそうさまでした。)

そして、あらゆる魚の猛攻がはじまるのだが..







ライトロッドに来たから強かったけどお前じゃないんだよ...
トップに出るなよ...ドラドペンシル割れなくて良かったよ..
クリックすると元のサイズで表示します


なんでライトロッドでペンシルの動きみただけで出るんだよ...
手こずるよ...お前じゃないよ...
クリックすると元のサイズで表示します






俺が持つ小中型種のピーコックバスに対してのありとあらゆるワザを繰り出すのだが違う魚が水面を爆発させてくる。


そんなこんなで時間だけが....






ああっ、もうバスが来ます....当分更新が少し開くやもしれません。遠い河に今から出発です.
最終釣り場にたどりつくまでにまだ4000kmはあります...はぁ...



紅い炎伝説 つづく!


投稿者:TERU@PEXIOTO。

ミリアナエ!

ミリアナエ!(Cichla mirianae)
そういえば、タライロンリバーはタパジョスピーコックの宝庫でもあった。
狙いどうりにキャストすればすごい確立で飛び出てきた。

この秘密の大河は蚊や吸血ハエが今まで経験した中で最強だった。
なぜ、長袖長ズボンなのか。
実は一周間で音を挙げてしまったのだ。気が狂いそうだった。

そういえば昨日、両足が豚足のように腫れ上がって膿が出て高熱がでたので街の病院でデッカい注射二本も打たれたら今はかなり調子良い。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

咬まれる前と後。手を見たらゾッとするでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


こんなにちっちゃいのにデコっぱち。まあ、俺みたいなもんよ。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
もちろん喰ったよ。

XINGUピーコックのメラニアエの写真はかなりパクられて世界的に有名な画像になってしまった
(¨tucunare¨でググってみてね)が、日本では画像使用時には一言連絡してね。




クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンで僕のような釣りをしたい人は必ず全ブラジル1年有効のフィッシングライセンスを買おう。

街には必ずあるロテリアというロト6売り場みたいなところで専用用紙に記入して郵便局で本部に送るだけ。
60レアル(約3000円)で買えるから必ず購入するように!

再生可能天然資源院(IBAMA)は怖いよー。(笑)




投稿者:TERU@秘密。

剛力!!ジャウー!!

アマゾン3大王者のひとつ、怪物ナマズ、ジャウー!!
こいつを求めてリオ テレスピリスという最高の聖地にやってきた!!
最貧のペスカドールと最高の思い出!!
船は借り物、毎日5リッターのガソリンで悩む。最高!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


さあ、ペスカだ!


黄金ジャウーがやってくる〜♪

おなかをすかせてやってくるぅ〜♪

アイツらはグルメじゃな〜い

なんでもペロっリ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

もう1枚!
クリックすると元のサイズで表示します
全国の 南米ナマズマニアよ狂嬉しろ!!

ペスカドール、バタチー二ョがここにはそんなに大きなはいないからってコンクエスト300にPE100プラスワイヤーでやってみたがあっさりブチ切られる。
うそつけ!いっぱいいるじゃねーか!
ようし、ここで俺の本命ナマズリールを投入!!
OFT雷魚70改にダイワ SEALINE石鯛-z 40WHだ!こいつは安くて軽くて強い良いリールだ。ラインはこっちで買った1.00π。何号かわからん30号ぐらい?
ナマズはPEじゃいけない。ナイロンだ。おれにもようやくわかってきてからナマズフィッシングが非常に面白くなってきた。


やるぜ!!あの歌を歌うんだ!

巨大なジャウーもやってくる〜♪

おなかをすかせてやってくるぅ〜♪

アイツらはグルメじゃな〜い

なんでもペロっリ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

ピライーバはかかったら鬼のように走るがこいつは岩場にいて岩の中に突っ込もうとする。
海の底物をやっている人でないとわからないような強さ。
南米王者の名は伊達じゃない。

かなりの大物がかかって岩にもぐられてしまい1時間少々ねばったが捕獲ならず。

しかし、なんとか

ア〜ニマ〜!!!
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
あ〜楽しかった!

剛力!!ジャウー!!



クリックすると元のサイズで表示します
その夜、RIO2016 が決まりました!!

こんなに素直に自国の五輪開催で喜べる子供たちが今の日本にいるだろうか。


俺はブラジルが大好きだ。なんかだか俺も嬉しい!







投稿者:TERU@TAPAJOS

ルアーアングル。

突然ですが一応釣りのカテゴリーなんでルアーのことを今回は少々。

南米では¨ルアー¨なんて言っても通じません。
ブラジルではこう言います。

イスカ アーティフィシアル。

"芸術的な餌"という意味です。

疑似餌と訳す国とは大きな違いがあります。

ルアーとは芸術です。
ピカソのようなアートを感じるものでなければならない。

白一色でもそれはなによりも魚に近いのです。

何を言ってるの?なんて思われる方は帰国後のほったらかしにしている裏ボンバダを楽しみにしておいて下さい。もうサボりません w




じゃあ、ちょっとだけルアー紹介。

こちらで売られているMustad社のミノー。
エレガンチ。
タライロンに大変効きました。
当然フックは交換。こんなの伸び伸び。
クリックすると元のサイズで表示します

牙魚の河は一時間でこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

T.Dペンシルを溺愛しているためもしや!
と思って買ってみたがこちらでよく売られている
AICAS社のルアーはどれもイマイチ。
パッケージを見るとやはりコピーのうまい韓国制。
ブラジリアンルアー特有のアート(芸術)を感じない。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
それよりも接着面が弱いのが難点だ。タライロンの一撃で割れた。
クリックすると元のサイズで表示します

これはあえて名前は書かないが日本のポピュラーかつ超一軍ルアー。
非のうちどころもない黄金比率です。
大事なルアーなのにもう手持ちが2個しかない!
南米牙魚は噛みどころが悪ければ一撃で水を侵入させ、使えないルアーにさせてしまう。
淡水ルアーフィッシングは海と喰わせの間合いが違う。高浮力はとても大事なことです。。
大事なルアーは壊されても何度も治す。それが魂のルアー。

補修はご覧のとうり、穴を拡大し十分水を抜き、たばこのフィルターをつめて瞬間接着剤を十分染み込ませ、乾いてから余分をナイフで落としペーパーがけするだけ。
クリックすると元のサイズで表示します
これは内部のウエイト変更やラトル追加にも応用できる。
南米ルアーフィッシングでは非常に多用する技だ。
いつもしこしこやってます。w
クリックすると元のサイズで表示します
あっ、瞬間接着剤はこっちでもいいのが売ってるよ。




いいルアーだろうけどやっぱり最新のペンシルには内心負けるだろうと思っているルアーフィッシャーマンがほとんどだろう。
オリザラ。
クリックすると元のサイズで表示します
僕は日本の95%のヘドンマニアをあまり好ましく思っていません。
その人達は本気で信じていない威力の知らないコレクターだから。

本当のヘドンマニアは南米に来なさい。
ヘドンは使えば使うほど神である。
クリックすると元のサイズで表示します


あーっ、もうついでだ!

言いたくない。言いたくないよ〜。

ソリザラ!

この補修具合を見ろ!浸水五回の大手術にも耐え帰ってきている。
それほど僕には釣果をもたらしてくれる大事な個体だ。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

ソリザラついでに言うと、
南北米には日本で一般的にペンシルと呼ばれるスティックベイトと呼ばれるルアーとそれとは別に
ジャンピングベイトと呼ばれるカテゴリーがある。
これが日本人がいまいちわかっていないジャンルである。


下から三個がそのジャンピングベイト軍団だ。
まず、真ん中の黒銀カラーのはレーベルのジャンピンミノーである。
究極の名作ペンシルで、半世紀以上姿を変えていない。
これを知らないトッパーなんてはっきり言って終わってる。
すべてのジャンピングベイトのお手本である。
究極のフォルムからしてどこのブラジリアンルアーメーカーが作っても
最高を目指すとこの形になる。
偶然一個だけほこりまみれになって飾ってあったのを見つけたので32レアルもするのに買っちゃいました。


飛んで一番下はもう何年も究極だと叫び続けているKVのジョーペピーノ。
本家本元を超えた感のある類稀なるイスカだ。
何が超えたかと言うと、要はどれだけ強い針を載せれるかってことと手首に負担がかからないかってこと。
この相反する疑問が何の苦もなくはっきり見える方、一から先の十までわかったあなたは南米に来てもちゃんとモンスターと闘ってすがすがしく帰れることでしょう。


そして最後は下から二番目。これは今回見つけたダークホース。
GT ISCA ARTFICIALのジャンピングベイト。こいつのギミックはまだ秘密。


ジャンピングベイトとは水の飛沫が出す音と水面上2cmの失脚、水面鏡面効果を最大限に使ったがっつり喰わせベイトだ。頭と目の良いアスーでもかなりの確立で深い位置まで喰い込む。

ああ、表現が難しいな。簡単に言うとスケボーのジャンプ、オーリーを想像してみてくれ。
スケボーしたことないひとにはなぜスケートボードが体と一緒に空に上がるか理解不能かもしれないが、原理と動きはまったく同じだ。


今現時点で自分の考えられる
トップの究極技はオーリーであるといえる。



ああ、やっぱりこのポル語の環境では文がめちゃくちゃになってしまう。


なんとなく、言いたいことがわかったかな?

おいでよ世界に!













投稿者:TERU@タパジョス水系
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ