人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

がんばれ!

嬉しいコメントが来ています。ありがとうございます。



今日は旅の近況報告ではなく、ぶっちゃけトークで行きます。

やっぱり、ブログを読んで頂くというのは僕の自我に触れて頂くということなので、体裁の良いことばかり書いていては進歩はなく、粋がった部分もあるとは思いますが、思い切って書かして頂きます。
意見がおありだったり、お気にさわられましたらなんなりとコメント覧にお書き下さい。


他の釣りブログと違う点についての認識はみなさんに通じているのでしょうか。
釣っている魚種ももちろんそうですが、世界の夢の魚がお金持ちや人生で成功をおさめたご老人だけのものではないというところにあります。

実際、僕は日本ではただのアルバイトにしかすぎず、社会的地位、時給は低ランクといっていいでしょう。

こんなに何をやらせても人並み以下の自分が行けるんです。

海外冒険釣行は夢のまた夢ではない。
というところを大事にしたいのです。


行こうと思えば行ける環境にある人はゴマンといるとは思うのですが,
今まで竿持って旅している人には旅中出会ったことはありません。
メールや電話で十人ほど大学生やら会社をやめた人などの相談を受けアドバイスもしましたが行ったという噂も聞きません。


ホント、南米アマゾンなんて行きにくい理由を数え上げたらキリがない。
物価高のブラジル、エアーチケット、ビザ、ポル語、治安、時間...

要はそれを上回る情熱や好奇心があるかどうか。


この旅で
「アマゾンに行って釣りしたいけれどやっぱムリ。」
という旅人に数人出会いました。
理由を聞いてみると、
「どこにどういう魚がいるかわからないし、ガイドブックにも載っていない。」
という理由が大半でした。

それもそうだなと思いました。

自分は超熱帯魚マニアという基盤があり、ずっと追及してきた。
それと超釣り好きが重なってるから自然にこういうことができるんだなと。

けど、こうも思うんです。

ガイドブックに載っている観光地をまわるバックパッカーも攻略本を読みながらやっているロールプレイングゲームみたいで面白味に欠けるなと。
「竜王がここで出る。」
なんてわかっちゃたらなんかねー。

それと、魚が好きで釣りが好きだなんて言う人も多いんですが、
本当に好きなら今までに大小係わらず飼育経験が絶対あるはずだと。
少々値が張っても小遣いはたいて買った、
「俺の一匹。」
がいたはずだと。

釣りもしかり。レインウェアも持ってこずに
「雨降ってきたから帰ろう。」
なんて、今から釣れるんじゃねえか!コンニャローw



自分から見ればみんな好き具合が単純に足りんのです。



自分はヤバいくらい熱帯魚が好きで生きてきましたし、実際私が携わった生物を現在飼育されている方もおられると思います。

釣りのほうで言うと、何やらやっていることがやっていることだけに、
根も葉もない噂を立てられ釣り業界では変人扱いらしいです。

大手釣り具メーカーDさんの営業さんからも人づてに、
「ああ、あの南米キチガイくんですかw」
と言われるくらい結構名は通っているはずですが、私には正式なスポンサーもありません。


こんなことを言っては大変恐縮ですが、今日は本音なので言わせてもらいます。

もうプロと呼ばれる人たちですら自分では何の関心もないレベルです。
この手のターゲットではどんなプロより正確にインプレできる自信もあります。
なんか日本って偶像信奉主義なんですかねえ。解説なんか聞くと笑っちゃいますねえ。

道具だってそう。そのままで最高と思える竿は少ないし、
ルアーも淡水系の流行りのものは自分の中で本物中の本物はそうはない。

海外ルアーかぶれで贔屓しているのではないです。
実際にいいものはちゃんと良いと言います。

それに準じて言う恐るべき事実があります。
中国、韓国製コピールアーの中にとんでもなく釣れる良いルアーがある。
コピールアーは許されるべきものではないが、
大きさも倍近くありコピーであるかどうかは微妙な製品で、
そのルアーの良さを最大限引き出すように逆にチューンされていたりする。
見た目は三流みたいなルアーです。
自分の旅になくてはならない中国、韓国製ミノーがあります。
実際パラグアイなどでファットボディの13cmミノーが僅か2ドルほどで売られていたりする。
元手は一体いくらで製造されているのであろうか、かなり疑問....

そして、どんなに秘境でも釣りウマの子供たちは一発でどのルアーが良いかタックルボックス内で振り分けます。
釣り雑誌など生まれてこのかた一度も見たこともないでしょう。


僕が何を言いたいか理解できる方は多分、釣りウマでしょう。


一から十まで説明すればよいのですが、それでは僕がガイドブックになってしまう。
面白い本も語られるべきことが語られずに深い内容に達する本のほうが面白いでしょう。

そして、すべて明かすことのできないもうひとつの問題があります。
それは、私が矮小なる釣り人の性を持っているということです。
自分の金と経験と時間を使った秘中の秘を簡単に漏らすのはかなり辛い。
モンスターは我がが釣りたい!w



あ、結局何が一番言いたかったかと言うと、

熱い情熱を持った熱帯魚ファン、釣り人のみなさん。

常に新しい道を切り開いて来た人間ははじめは変人扱いだ!!

ありったけの夢をバックパックとロッドケースに詰め込んで行こう!

俺たちはひとつ!
ボンバダアグア!!


クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ慣れない文章おかしいですネ。


wattaさん!
水道管を杖にフラフラ歩いてるちっさいオッサンって最高にカッコいいじゃない!
投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ