人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

バイト!

いきなり!

ブルーテグー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



レッドテグー!
クリックすると元のサイズで表示します


大好きなテグーが両方見れただけでも嬉しいのに
釣っちゃいました!(けっこう生息地おんなじなんだね- 。意外。)



フックアップした瞬間にありえないスピードとパワーで一気に走ります。
それが無理だとわかると今度はデスロール!
それも無理だとわかると最後の手段はシャーシャー鳴いて威嚇。w

いたずらってわかっているけど、野生の警戒心の強い爬虫類にルアーを食わすには間合やらアクションなどの完ぺきなタイミングが要求されるので、つい、挑戦してしまうんだよねー。



しかし、釣りばっかりはしてられない。
今日は仕入れ!

ドラードのサシミはこちらでは高級料理として人気。
なんと、味はさっぱりとした上品なサーモンという感じ。意外でしょ?
大昔にサケと別れたのかな?でも顔はダンクレオステウス。W
クリックすると元のサイズで表示します


上と下がタンバキーで真ん中がタンバクー。わかる?
クリックすると元のサイズで表示します

いいピンタードが水揚げされたので仕入れ。
レストランの仕入れはこのクラスで1匹約1万円五千円。
俺の夢はこいつの倍クラス。

パラグアイピンタード。

クリックすると元のサイズで表示します
カッシャーラ、スルビン、カパラリ
数あるシャベルーノーズの中でもピンタードだけは別格。
別格のでかさなのだ。俺が南米に来て最も驚いたことのひとつだ。

大型魚マニアでもほとんどの人がこいつが別格のモンスターだということは知らないだろう。
しかも、サンフランシスコ水系とパラグアイ水系の2種がいる。
どちらがモンスターかは、過去のボンバダを読むべし。

俺がこんなこと書くと、また日本中で探す人が出てくるんだろうなw

3匹買って今から調理!
クリックすると元のサイズで表示します


今日のまかない。
男は喰って喰って喰いまくり、
釣って釣って釣りまくるだ!!(色んな意味でw)
クリックすると元のサイズで表示します

草食系男子が日本はモテる? はははっ、終わってるな!
クリックすると元のサイズで表示します



いつもいい釣りになっている時はネット環境にいないからちゃんと更新できないんだよねー。

つまり、今はいい魚釣ってないってこと。w

日本人に向けてブログ書くと、なんかでっかい魚釣らなきゃならないような義務感に囚われて旅自体、釣り自体が面白くなくなっていく傾向になるので注意しなければならない。
自分のためにやってんだから。


ブラジルはけっこう魚の大小のみで釣りの優劣をつけない。

日本人が思っているほどの小さい釣り文化ではない。


楽しく釣る。

これがもっとも重要なことなのだ。

自分にもよく言い聞かせて今からバイト!w
投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL

いつもいつも読者のみなさん、ありがとう!

今回は読者のみなさんに日頃の感謝をこめて画像UP!

まずはns2001さんが好きそうなので
パラグアイバルバード!
クリックすると元のサイズで表示します


そして、数少ない全国のパクーマニアさん救済措置!w


パクーペーバー!

クリックすると元のサイズで表示します


パラグアイイエローコロソマ!

クリックすると元のサイズで表示します
ブラジル人はこれを釣るのが大好き。
極小オモリのトウモロコシ粒ライトタックルで釣るため、
少々の肉食魚より強いヒキがかなりオモロい。


こちらの釣り雑誌に載っていた11kgオーバー。
日本の人には信じ難いかもしれないが1mの鯉より遥かに強い力。
それをライトタックルで楽しむんだから地味だけど実はオモロいんです。
日系人はどこに行ってもこのパクー釣りが大好き。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


ピラマニのみなさんにはジャイアントイエロー。w
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



コリマ二さんにもちょっと。
クリックすると元のサイズで表示します
幻想的な色にうっとり。



おおはしさんにはコレ。
アラクーと亜楽TERU SPECIAL。w

実物と並べると
でっかい亜楽がちいさく見えちゃいます。
クリックすると元のサイズで表示します
フックバランス変更で最高の動きに。
もったいなくて
アスーまで使う気になりません....w

アミーゴが欲しがって、
それを死守するのが大変です。w



プレコ大好きさんにはここから。

近くのリオ ピラブタンガという小川に泳ぎに行くと...
クリックすると元のサイズで表示します

地味だけど何気にいいでしょ♪
クリックすると元のサイズで表示します

ワイルドの輝き。
クリックすると元のサイズで表示します


こんなプレコちゃんもいましたw
クリックすると元のサイズで表示します

地元の人もけっこう水浴びに来ているのだが、
過激な水着のためUPできませーんw


おおっーとー!!初めて見つけたひげひげのブッシーちゃん!!うれしー!!
松坂さんもマツブッシーを初めて見つけた時は同じような気持ちだったに違いない。
キモいヤツほど魚はかわいいのだ。
クリックすると元のサイズで表示します





近くの水たまりみたいな池はもう干上がりかけ寸前。
網戸を外してガサガサに行った。
15分でこんなにも捕れる。その一部。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これはオキ二。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
レストランにはでかい水槽があるので持って帰ることにした。

こんなこともあろうかと一週間前、
ろ過のついていない2m水槽を自作濾過でやりなおしたのだ!
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、こちらはそれもそのはず、
そこいらへんに魚がいっぱいいるのでアクアリウムが発達しておらず、
ろ材やろ過箱などなんてあろうはずがない。
そこで、ブラジルで使われる煉瓦は薄い赤土素焼きなので、粉々にしてろ材にすることに。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ熱帯魚はプロなだけに完璧なろ過システムを即席で作ってしまうんだよねー。
調子が悪かった水槽は見違えるほどに。




そして、昨日、あの衝撃の珍アイスポットが忘れられず、
二年前のラーゴ探検に出るが、地形が変わっており半日森をさ迷いました。

小川に出た!もうすぐだ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その水中はまさに天国。なんてきれいな水なんでしょう。
植物が水をろ過しているのです。
ナウシカを思い出します。腐海の森と同じです。
クリックすると元のサイズで表示します


さあ、そのかなり限られた桃源郷に棲む、美しい姿をもう一度この目に!

勝手に命名!w
レオパードアイスポット!!
クリックすると元のサイズで表示します

あー、最高です....
投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL

お手伝い。

もう、イタズラばっかしてます。w
クリックすると元のサイズで表示します
スーパーペスカドールのレストランで無償のアルバイト。
ボンバダには避けて通れん道なのだ。悲(ブラジルの物価の高さはボリビアから入ってきたオレには異常w)

まかないのドラードの兜味噌汁。
絶品です。
クリックすると元のサイズで表示します

まさに金箔。
クリックすると元のサイズで表示します



働かざるもの釣り旅するべからず。

そういえばKAZZさんに二年前そう言われたっけ。


旅に出る環境をつくることも立派な釣りウマの条件だ!と、今は思う..。
だけど、もう、ラクしてーよー。w

レストランに飛んでくるナンベイオオタガメ。他のタガメなんて比べものにならない凄い力。
危なくて素手で持てないw
触って初めてわかるカッコよさ。
クリックすると元のサイズで表示します



またまた新種ピーコックの巣も見付けちゃいました。
爆釣だったが、小バッチーいじめなのでもう何釣匹りましたー!とかもういいでしょ。
そんなのきらいなのよ。
クリックすると元のサイズで表示します

あっ、後ろに写っている今回すごく役に立っているカメラバッグは防水オタクの社長がつくったWATERSHED社製。
水にも砂埃にもかなり信頼できる。オススメ!


写真と釣りは両立しないとはどこかで聞いた言葉だけど、
今回はそれを打破してみたいのヨ。

だから、片手に一眼、片手に雷魚ロッドで300kgモンスターとヤってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

偶然、予想外の写りで、後で見て痛む肋骨を忘れてほくそ笑む僕ですた。w


オウムも今回はタムロンの望遠レンズだからいい写真が撮れて嬉しいのヨ。
クリックすると元のサイズで表示します

あっ、そういえば今日、スミレコンゴウの群れに出会ったんだ...


今風に言えば.. ウレシス♪








投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL

反省!

後ろには巨大な糞!前には巨大な怪物!

背糞の陣! w

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱ俺の悪いクセは、つい、重いドロドロしたブログになっちゃうんだよねー。

軽いノリノリブログで行くわ! 反省!




投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL

がんばれ!

嬉しいコメントが来ています。ありがとうございます。



今日は旅の近況報告ではなく、ぶっちゃけトークで行きます。

やっぱり、ブログを読んで頂くというのは僕の自我に触れて頂くということなので、体裁の良いことばかり書いていては進歩はなく、粋がった部分もあるとは思いますが、思い切って書かして頂きます。
意見がおありだったり、お気にさわられましたらなんなりとコメント覧にお書き下さい。


他の釣りブログと違う点についての認識はみなさんに通じているのでしょうか。
釣っている魚種ももちろんそうですが、世界の夢の魚がお金持ちや人生で成功をおさめたご老人だけのものではないというところにあります。

実際、僕は日本ではただのアルバイトにしかすぎず、社会的地位、時給は低ランクといっていいでしょう。

こんなに何をやらせても人並み以下の自分が行けるんです。

海外冒険釣行は夢のまた夢ではない。
というところを大事にしたいのです。


行こうと思えば行ける環境にある人はゴマンといるとは思うのですが,
今まで竿持って旅している人には旅中出会ったことはありません。
メールや電話で十人ほど大学生やら会社をやめた人などの相談を受けアドバイスもしましたが行ったという噂も聞きません。


ホント、南米アマゾンなんて行きにくい理由を数え上げたらキリがない。
物価高のブラジル、エアーチケット、ビザ、ポル語、治安、時間...

要はそれを上回る情熱や好奇心があるかどうか。


この旅で
「アマゾンに行って釣りしたいけれどやっぱムリ。」
という旅人に数人出会いました。
理由を聞いてみると、
「どこにどういう魚がいるかわからないし、ガイドブックにも載っていない。」
という理由が大半でした。

それもそうだなと思いました。

自分は超熱帯魚マニアという基盤があり、ずっと追及してきた。
それと超釣り好きが重なってるから自然にこういうことができるんだなと。

けど、こうも思うんです。

ガイドブックに載っている観光地をまわるバックパッカーも攻略本を読みながらやっているロールプレイングゲームみたいで面白味に欠けるなと。
「竜王がここで出る。」
なんてわかっちゃたらなんかねー。

それと、魚が好きで釣りが好きだなんて言う人も多いんですが、
本当に好きなら今までに大小係わらず飼育経験が絶対あるはずだと。
少々値が張っても小遣いはたいて買った、
「俺の一匹。」
がいたはずだと。

釣りもしかり。レインウェアも持ってこずに
「雨降ってきたから帰ろう。」
なんて、今から釣れるんじゃねえか!コンニャローw



自分から見ればみんな好き具合が単純に足りんのです。



自分はヤバいくらい熱帯魚が好きで生きてきましたし、実際私が携わった生物を現在飼育されている方もおられると思います。

釣りのほうで言うと、何やらやっていることがやっていることだけに、
根も葉もない噂を立てられ釣り業界では変人扱いらしいです。

大手釣り具メーカーDさんの営業さんからも人づてに、
「ああ、あの南米キチガイくんですかw」
と言われるくらい結構名は通っているはずですが、私には正式なスポンサーもありません。


こんなことを言っては大変恐縮ですが、今日は本音なので言わせてもらいます。

もうプロと呼ばれる人たちですら自分では何の関心もないレベルです。
この手のターゲットではどんなプロより正確にインプレできる自信もあります。
なんか日本って偶像信奉主義なんですかねえ。解説なんか聞くと笑っちゃいますねえ。

道具だってそう。そのままで最高と思える竿は少ないし、
ルアーも淡水系の流行りのものは自分の中で本物中の本物はそうはない。

海外ルアーかぶれで贔屓しているのではないです。
実際にいいものはちゃんと良いと言います。

それに準じて言う恐るべき事実があります。
中国、韓国製コピールアーの中にとんでもなく釣れる良いルアーがある。
コピールアーは許されるべきものではないが、
大きさも倍近くありコピーであるかどうかは微妙な製品で、
そのルアーの良さを最大限引き出すように逆にチューンされていたりする。
見た目は三流みたいなルアーです。
自分の旅になくてはならない中国、韓国製ミノーがあります。
実際パラグアイなどでファットボディの13cmミノーが僅か2ドルほどで売られていたりする。
元手は一体いくらで製造されているのであろうか、かなり疑問....

そして、どんなに秘境でも釣りウマの子供たちは一発でどのルアーが良いかタックルボックス内で振り分けます。
釣り雑誌など生まれてこのかた一度も見たこともないでしょう。


僕が何を言いたいか理解できる方は多分、釣りウマでしょう。


一から十まで説明すればよいのですが、それでは僕がガイドブックになってしまう。
面白い本も語られるべきことが語られずに深い内容に達する本のほうが面白いでしょう。

そして、すべて明かすことのできないもうひとつの問題があります。
それは、私が矮小なる釣り人の性を持っているということです。
自分の金と経験と時間を使った秘中の秘を簡単に漏らすのはかなり辛い。
モンスターは我がが釣りたい!w



あ、結局何が一番言いたかったかと言うと、

熱い情熱を持った熱帯魚ファン、釣り人のみなさん。

常に新しい道を切り開いて来た人間ははじめは変人扱いだ!!

ありったけの夢をバックパックとロッドケースに詰め込んで行こう!

俺たちはひとつ!
ボンバダアグア!!


クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ慣れない文章おかしいですネ。


wattaさん!
水道管を杖にフラフラ歩いてるちっさいオッサンって最高にカッコいいじゃない!
投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL

感動リバー。

お待たせ!

あれからボリビアでブラジルビザを取得するのに手こずり、ラパス、サンタクルス、プエルトスワレスの領事館へと流れ、やっとのことで3カ月マルチビザをGET!

半年間アマゾンで釣りをするにはこれは絶対必要だったのでこれで一安心。


そして、我が愛しのブラジルに入ってからというもの感動の連続!
やっと本来の爆発!ボンバダらしくなってきた!



まずは南パンタナールコルンバのパラグアイ河で久しぶりのドラードの顔をおかっぱりで拝んでから、どうしても体験しておきたかったボニートのリオ プラッタに潜入!



なんとここはどこまでも透き通る究極湧水!!
世界でも稀なピラブタンガや巨大ドラードとシュノーケリングで流れに身を任せ何kmも下るという超感動パンタナールリバーなのだ!!

今回の旅はこんなこともあろうかとサブカメラにCANONのD10を採用。


さあ、感動の世界にいざ!
クリックすると元のサイズで表示します

ヤ、
クリックすると元のサイズで表示します
ヤ、ヤバイ.. 感動...

クリックすると元のサイズで表示します

あ、クリマタ!
クリックすると元のサイズで表示します

あ、ピラブタンガ!
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
ルールはひとつ。絶対に足を川底に着いちゃダメ!


クリックすると元のサイズで表示します


!!
クリックすると元のサイズで表示します


!!!!!!

クリックすると元のサイズで表示します




魂の感動画像、動画はちゃんと帰ってからね。



次回、珍ピーコックバスと究極ワニハンティング!

コメント待ってマース!
投稿者:TERU@BRAZIL PANTANAL

紺碧。

の空に眠る塩の大地が見たい!!

Salar de Uyuni!!

クリックすると元のサイズで表示します



蒼い。蒼すぎる···。
クリックすると元のサイズで表示します


列車の墓場。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





塩で出来たホテル。超寒くて眠れん。
クリックすると元のサイズで表示します

壁を舐めてみた。ほんとに塩っぺー。
クリックすると元のサイズで表示します




幼い時からの憧れ!
どこまでも続く塩のペンタゴン。
クリックすると元のサイズで表示します




今まで世界の感動する景色にたくさん出会ったけれど
ウユニ塩湖は蒼い地球を感じることが出来る超感動エリア!!

クリックすると元のサイズで表示します

あった!我が日の丸!日本の誇り!
クリックすると元のサイズで表示します






色んなリスクのある旅に出るということは死に近づくというよりも
むしろ、生きているということを実感するためだ!!

クリックすると元のサイズで表示します

なーんて、かっこつけたことを言ってみた。



今日はこのへんで。

投稿者:TERU@BOLIVIR
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ