人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

ココロのちず。

僕によく似た年齢の人はみんな見てると思いますが、幼きころトムソーヤの冒険っちゅうアニメのオープニングを目を輝かせて見ていたのを思い出します。

そして、今でも口ずさんでいます。

大人になってから読んだマーク・トゥエインのトム・ソーヤー原作はかなり面白い本でした。
まさかこの舞台に自分が行くなどとは・・
小さい時の夢は必ず何かを残すんだなと運命みたいなものを感じます。

自由な獣みたいに疾走ろうぜ!




そして、漫画ついでにお話ししますと、完全にハマってしまうと予想されるので見ないようにしていたワンピースっちゅうヤバヤバ激熱アニメ。

YouTubeでけっこう見てしまいました・・。

最高じゃないですか〜!熱い!熱すぎる・・

このアニメが人気あるなんて日本はまだまだ熱い魂を失ってはいない。

帰国したらバガボンドとワンピースの単行本全部そろえようと思います。




そして、みなさんお待ちかね!

2009年ボンバダアグアの旅は


南北米縦断冒険釣旅!

もっと!もっと遠く!


トム・ソーヤ、ハックルベリーのテキサス・ミシシッピー、
アステカ太陽の国メキシコ、
チェ・ゲバラの愛したキューバ、
ボブ・マーリーの愛したラスタ、ジャマイカ、
ヘミングウェイの愛したカリブ海、
グァテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フレンチギアナ、ペルー、チリ、アルゼンチン・・


どう流れるかは気の向くまま、風の流れるまま。


シュラフとロッドがあればどうにかなるさ。









・・・・いや、すみません・・。

自分が悪者だということを忘れていい人のふりをしてしまいました。

いかんいかん、もっとヒールにならなくては。

心の奥底にメラメラ燃える野心としては
Pirates of Carib!!!



キャプテン・ジャックはどこだ?

財宝は俺のものだ!

まずは現代のカリブを荒らしてくるぜ!!




もうどうしようもないくらいにふざけすぎすぎている
ワタクシの人生に最大のエールを!




じゃ、今からいってきます!!
投稿者:TERU

2009の釣り旅がもう目前!

なんと!まだ前々回の旅の途中しか更新が進んでおらず、去年の旅はほぼ書いていないこの体たらく。
読者にはわかりづらく大変申し訳ないと思っています。



そのひとつひとつにドラマがあり、一生忘れることのできない思い出があるので帰ってからちゃんと更新したいと思います。そこを大事にしたいので。

釣法、ルアーの解説、旅のノウハウなども詳細に書いていきたいと思っています。
ルアーには並々ならねこだわりと経験からくる理論があって思いっきり語りたいです。

しかし、最近、会う人によく羨望の眼差しで見られるのですが、
私は何もたいしたことははありません。
行く先々で色んな人に助けられ、日本でも大勢の方に助けられ、ブログでは読者の皆さんに励まされ、辛うじて自分のすきなことをさせて頂いているのであって、半人前もいいところです。

一生に一度出会えるかどうかのような記録的な魚に会えているのはその人々のおかげですし、本当に色んな運命が重なった奇蹟だと思っています。


夢だけが生きる原動力。
幸せなことに僕には何もないが、すべてがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


自分の夢に向かいまた旅立ちます。

明日、日本での最後の更新。





投稿者:TERU

パクーマニアさんへ。

すみません。熱帯魚マニア以外の方は今回の記事はスルーして下さい。


マニアの中でも特にややこしい全国でも少数派のパクーマニアの皆さんに向けて。
マニア友達としゃべっているノリで書きます。




最近、悶々として眠れぬ夜をすごしているんじゃない?(笑)

長期旅になるのであまりにも待たせるとかわいそうなんでスーパーサービス!
三種だけ紹介するゼ!


これがアマゾン最奥地の“赤い河”のポテンシャル!


どうよこのスーパー太バンド。
クリックすると元のサイズで表示します


やべー!超カッコいいっ!
クリックすると元のサイズで表示します


うぎゃ〜っ!!!!なんじゃこりゃ!!
ウルトラスーパーレッドバンデッド!!
ここまで赤くなるとは・・。
ああ、もう気が狂ってしまいそう。
クリックすると元のサイズで表示します


アレッ、余計に悶々したかな(笑)


これを生で見た時の感動はすごかったな〜。



次回帰国後は何故か現地では有名なのに日本のマニアは知らない究極パクーを紹介しまーす!

今年のルートもすごい魚に出会えると思うよ〜。

と、言うことで、まだカキコしたことのない全国のスーパーマニアのお便り待ってま〜す。(笑)
投稿者:TERU

バタバタ!

ああっ!時間がないっ!

またノートパソコンが壊れました・・。

とりあえず実家のパソコンでUP!

出国日があと一週間もないのに〜。

まあこれから超イカツい鰐動画が待ってたんですけど惜しくも今回の旅が終わって帰国してからになっちゃいますっ!

ツナロッドでこれが暴れる姿を・・
クリックすると元のサイズで表示します

それよりも、気がつけば余白のないパスポート。
しかも水に浸かってボロボロになって表紙が剥げていたりしたので「破損扱い」に。
これでは“よないてっどすてーつ”に入国出来ない超問題がっ!
今回は十ヶ国以上周る最短でも半年以上の長期旅なので以上の問題もあり更新せざるを得なかったパスポート。
今日出来上がってくるので今から引き取りに行ってきまーす!!

旅の詳細は後日っ!


いやっ、出発までに紹介しなければならない猛魚特集も行ってみようか!


お楽しみに!

投稿者:TERU

4mオーバーの鰐が!!

Monster Black Caiman Big Power!!!

竿がっ!竿が〜っ! んがぐぐ!(笑)





投稿者:TERU

今日も釣り。

南米旅と言えば危険というイメージが強い。
治安、ジャングル、蟲、鰐・・・。
しかし、実際はそれほどではありません。

一つ重要なことを守れば。
それは現地に“溶け込む”ことです。
僕的なキーワードは「WILD。」
日本人旅行者を観光名所でたまに見かけますが、
僕の目から見れば完全に野に放たれた「温室育ちの無菌培養された野菜」のようです。
襲ってくれと言わんばかりの青白い顔で奇声をあげてキョロキョロカメラ持って群がっています。
日本のアイデインティティを保つのも大事なことですが、
いらないトラブルを避けることも大事なのではと思ってしまいます。

しかし、そんなこと言う私もえらそうなことは言えません。

釣りだけでなく、私は夜も遊び好きな「悪い男。」
独身で健康な男なので咎める理由は何もありません。
野宿をして節約してでも街では「遊び」に使いたい困った旅人です。
「興味あるものはとことんいったる。」
が僕の生きる指標なので、
釣り以上にどんどん深部へ入り込んでいってしまいます。
深夜2時だろうが欲望にまかせてスラムを歩いていたりします。
前を歩いてる人が僕を泥棒と勘違いして小走りで走り去る姿を見たとき、びっくりすると同時に受け入れられた感というか一体になれた感というか少しうれしい感覚がありました。

何も持ってないものは強い。
この汚い貧乏くさい何人かわからん格好が僕のアーマードスーツなのです。

バス停の物売りなどあまり相手にしたくない人に
街で声をかけられると
「ああ、俺ポルトガル語話せないから。」
とそっけなく言うと、
「ああ、仕方ない。言葉はスペイン語だもんな。ボリビアーノ?いや、ちがったごめん、ペルアーノ?」
と普通に言われてしまう始末。
ここまで本気で言われるとちょっとショックなのですが・・。
って何を言ってるんでしょうか。




ごほんっ、話を戻します。
しかし、ノルチ(北部)ブラジルで大変危険なものがあります。
それは毒蛇であり、毎年大勢の犠牲者が出ます。

釣行記を読み返して頂ければサンフランシスコ河編で書いてありますが、釣り人が出会う危険性がかなり高い。
季節によってはジャララッカやスルククなど最強毒蛇が水辺にいます。
クリックすると元のサイズで表示します
血清キット。2週間前にもこれで命拾いした人がいるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

じゃあ、これ持って今日も楽しく行きますか!



今日も河は元気!ボンバダ!
クリックすると元のサイズで表示します

なんてきれいな瞳をしているんだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

大きくならないタラちゃん(ストライプホーリー)にしてはこれはなかなか大きいね。
前に出し過ぎてせっかくいいサイズなのによく大きさわからん。反省。
なんしかイエイ!
クリックすると元のサイズで表示します


パンタナル水系のこの種のピラニア(ダイヤモンドイエロー)やタライーラがここにもいるということはやっぱりここはパンタナルに生態系が近いのかも。
クリックすると元のサイズで表示します


これの違いがわかる人はイケてますね〜。
クリックすると元のサイズで表示します


現地名ジャグンダ。
パイクシクリッドにあまり縁のないというかこんだけアマゾン支流を周っているのに
あんまりたくさんの種をゲットしていないんですよね〜。
夕日に映えるジャグンダきれいでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します


ピーコックと言えども捕食者の位置でとどまっていられないこの生態系がアマゾンなんですね。
弱肉強食のピラミッドがここでは丸い形をしています。
クリックすると元のサイズで表示します


カトウさんはあまり普段は釣りしないらしい。
自分の土地に琵琶湖の南湖ぐらいの池持ってるのに。
鮨屋の息子が鮨を喰わないのとおんなじみたいなもん?
クリックすると元のサイズで表示します

セルジオさんは相変わらずの釣り好き。日本に出稼ぎに来ていたことがあって
休みの日はいつもひとりでルアーのヒラメ釣りに行ってたほど。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに豊穣な世界で釣り出来るのは幸せだな〜。
セルジオさん、カトウさんありがとう。

夢のような世界って多分こんなのだ。

投稿者:TERU

ワニをペンシルで釣り上げること。

しかし!そんなことでめげる俺ではなかった。

今度は2m位の先ほどより少し小さめのワニを見つけた!

竿もさっきは無謀にもライトアクションの竿だったが今度は少々強めのハードロッドだ。

絶対獲ったる!

極太軸針のST-66を載せた
ブラジル製ペンシルペピーノをキャスト!


ワニは絶対にアクションを止めたらダメだ。
これは鉄則である。
ルアーが止まった瞬間にすべてを見切られてしまう。

スーっと近寄ってくる。

付いた!ロックオンだ!

あせらず平静を装いアクションを続ける。

キタキタキタッ!あと20cm!!

バクッ!!

どうりゃーっ!!




今まで色んな河で何度もバラしたけど
初めて釣りあげた!うれしいなっ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんとリリースしました。
顎の紐を外すのがちょっと危なかった。


爬虫類好き。実際日本中の爬虫類屋さんに爬虫類を卸している仕事をしていたこともあるジュラシックモンスター好きの俺がこうなるのも無理はない。
何でも“古代”を感じる生物が好き。
鰐はその最たるものだ。現代に生きる恐竜だ。


この時から俺の超自己満足ワニハントの歴史は始まるのであった・・。




ps,映像ではその瞬間は映すことはできませんでしたが
船縁にボガで持ち上げた瞬間に鬼のような5回転デスロール!!
クラッチが引っ掛かり竿がミキサーに吸い込まれかるかのごとくバキバキバキと破壊されていきました・・。
この小ささにも係わらずなんたるパワー。
こうやって大きな獲物を殺すのか・・。


改良に改良を重ねた魂のロッド昇天・・

セルジオさんとカトウさんから
「あーあ、ワニなんか釣って竿を折るなんてもったいないよ。」
と言われましたが、まったく気になりませんでした。

だって、俺にはロッドの声が聞こえるんだ・・



我が生涯に一片の悔い無し!!(北斗の長兄ラオウ風・笑)

クリックすると元のサイズで表示します



投稿者:TERU

ペンシルワニバイト。

話の流れ的にもう一度ワニです。(笑)

2,5m級発見!
目の前のブッシュに潜むのはジャカレ・アスーと呼ばれる巨大ワニの高校生クラス!
クリックすると元のサイズで表示します


貴重な爆釣T.Dペンシルをつけているにも係わらずワニを見つけるとつい投げちゃう。

俺ってホントどうしようもないヤツだ。


ひゅ〜ん


バクッ!!

クリックすると元のサイズで表示します

「うおりゃーっ!」

渾身のフッキング!!

しかし、思いっきりすっぽ抜け。

クロカイマンは「何だ?」っちゅう感じの不可解な表情で
ずるずると静かに水に消えようとする。

「待て、まて、マテ〜!!」

ヒュンッ!!



まあ、照れ隠しで愚痴をこぼしながらの
なんとも説明し難い幸福な気持ちわかりますか?


まあお察しの通り釣り竿さえ振ってれば機嫌の良い、ホントに能天気な釣りバカです。


人生後先一切考えてません★




投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ