人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

牧場主の夜。

大変気が優しそうなカトウさんは常に満面の笑み。

お手伝いさん家族も近くの別棟に住んでおり、誠実そうで屈強なカウボーイの使用人みたいな人もいる。
絵に描いたような本物のファゼンダだ。

部屋に通され温水シャワー(実は貧乏旅しているとほとんど出会わない)も浴びさせて頂き、長旅でバサバサ絡みまくりの髪にはトリートメントが置いてあっったので、つけてみるとしっとりなめらか〜。
女の気持ちがちょっとわかったような。
この頃からたまにトリートメントなんて女子みたいな行動をとりますが、
いい歳こいたおっさんが、めんどくさいのに何故髪を伸ばしているのか理由はまだ秘密です。(笑)


さっぱりしたところで、豪勢な夕食。

カトウさんはほとんど日本語が話せず、日本語で少し話そうとするがちょっと恥ずかしいみたい。
クリックすると元のサイズで表示します


でもこの心遣い。その気持ちがうれしい。

クリックすると元のサイズで表示します


ミソシル。味噌汁大好きの自分が太鼓判を押すほどのデキ。意外!

クリックすると元のサイズで表示します


それにしても牧場だけあって肉がめちゃくちゃに美味いよ。

南米の牛肉の美味さと日本の牛肉の美味さは根本的に質が違う。
日本の肉は柔らかく、霜を入れた超管理され育てられた一つの芸術。
南米の肉は放牧で育てられた野生の味。味も岩塩のみのこれまた芸術。
皆さん、是非本場のシュハスコへ。あいや、また話ずれた。

そして、その強い肉を食べる時のナイフの使い方、テーブルマナーがブラジル人はさすがに格好良い。
俺にはその姿だけで惚れてしまった女の子がいるくらい。
肉を喰う女性の姿が美しいと思ったのはかなり意外だった。


まあ、そんな話やお互いの文化を語り合う
南米の人種感と同じくなんともミストゥーラな夕食。

すべてがあって混じっている。しかし、上手くまとまっている。
そんな南米感がとても心地いい。


10時頃、
リビングのテレビゾンから牛の競売が始まった。

クリックすると元のサイズで表示します

奥さんが一頭日本円で30万円前後の牛を数頭ノートパソコンでポンポンポンと競り落とした。
俺みたいな貧乏バックパッカーからすればすごい感覚。
というより、この家の前に7mのワニが泳いでるのに、ネット普通なの?

カトウさんは飽きちゃって、自分の家の航空写真と敷地をGoogleEarthで俺に見せてくる。
クリックすると元のサイズで表示します

あの・・めちゃくちゃデカいんですけど・・。ホントウデスカ(汗)

明日の釣りに備えてもう寝ます・・。


投稿者:TERU

グアポレのアクアリスト。

釣行記再開〜。

もうどこから書いていないか自分でもわからなくなっていましたけど整理しましょう。

パラグアイ河でバスボートでセルジオさんと釣りしましたね。
その後巨大ワニの画像をUPしましたが、そのワニとツクナレの巣窟グァポレ河に向かっているところから。

まあ、なんでしょう、赤土の直線のアップダウンが延々と続く典型的な風景。
クリックすると元のサイズで表示します

橋が壊れているのは普通です。
クリックすると元のサイズで表示します

これで補修と言えるのだろうか・・。
クリックすると元のサイズで表示します
旅のときは何とも思っていませんが今見ると、足は相当きちゃないですね。(笑)

一日走って目的地に着いた。
ここは日系人ファゼンダ(牧場主)のカトウさんを訪ねて来たのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

長い長い敷地の牧場を抜け大きな家に着くと、
家の前の河でカトウさんらしき人は投網を打っていた。

はあ?なぜファゼンダが投網なんか投げるんだ?
と思っていると、

なんと彼は立派なアクアリストであった。

家の前に泳いでいる魚を飼っているのだ!
クリックすると元のサイズで表示します
とんでもない数のカラシン。
こんなに入れて水が悪くなっていないのが不思議だ。

パクーに・・。
クリックすると元のサイズで表示します

ツクナレに・・。
クリックすると元のサイズで表示します

赤いハイフェソブリコンもいる・・。
クリックすると元のサイズで表示します

水槽も自作らしい。あっぱれです。
クリックすると元のサイズで表示します

これはある意味南米の田舎では
かなり奇特なことでありびっくりでした。

これってホントの魚好き?
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ