人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2009
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

鬼ピラニア総出演。

アマゾン河水系からは独立したサンフランシスコ河水系。
ここにも魅力的な魚が多数存在する。

まだまだリオ・サンフランシスコには釣ってみたい魚がたんまりいるのだが
絶対に外せない全ピラニア中一番イカツイ顔をしたこいつを釣ってみたかった!
目がイッってるよ〜。
その名も
ピラニア・ピラヤ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
縦に波打つオーディオのグラフィックイコライザーの様な模様が独特だ。
ピラヤって名前もカッコいい。(笑)






こっちもアマゾンではなく世界最大の大湿原パンタナルのパラグアイ水系に生息する黄色い悪魔。

ジャイアントイエローピラニア!
こいつはベビー。エサ釣り。
クリックすると元のサイズで表示します
エサのポカン釣りで入れ食い!
クリックすると元のサイズで表示します








そして、アマゾンでも異色の太古の大河シングー。

クリックすると元のサイズで表示します

SPバイオレットブラックピラニア!
学名はまだ整理されていないはず・・。
クリックすると元のサイズで表示します

明らかに普通のブラックとは違う種だ。
無数の薄い黒斑があるし、体型も違う。
ブラックの画像は写真がみつからないので初期の釣行記読み返して下さい・・。
そんなに巨大なのも釣ってないし・・。

でもシングーはヤバイ!釣れすぎ!
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりブラック系はズバ抜けてデカイ。
しかもルアーに果敢にアタックしてくる。
激流もなんともないようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来るともうエグい。もはやピラニアのひきではない。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、シングーには最強のピラニアがいる。
そう、まだ日本のピラニアマニアはこの種が最強、最大だということを知らない。

俺が現地で調査した結果、シングー流域の住民はこのピラニアが一番でかくなるという。

初めてシングーに訪れた時、この衝撃に出会って釣り上げることを夢見てきた。
漁師に出会えばできるだけ何を獲ったかみせてもらうようにしている。
その衝撃はデカかった・・。カッコよすぎる・・。
ピラニア・カマリ!
クリックすると元のサイズで表示します

この種は変わった生態を持っているようだ。
深場を選ぶ。そして、このカマリそっくりに擬態する幻のパクーが存在する。
次回パクー特集時に衝撃をお見せしましょう。

大物ではないですが、シングー4度目にしてやっと大型種といえるかな?くらいのをルアーで釣ることができました。うれしい。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ謎だらけの最強カマリを釣りたい!


この広範囲に分布する巨大種をコンプリートするということは南米を大きく旅した証明でもあり自分的にはすがすがしく誇らしいものです。

南米とはその生物相の厚さ、種の多様化を楽しむところ。
大前提に生物が大好きでなければならいというところがあります。
楽しみ方は人それぞれですが、ただアマゾンに行って来たという人と生物大好き釣り人が行ってくるのでは見る世界がまったく違います。

水の中を想像するロマン。アマゾンはいつだって想像を遥かに超えてくれます。

釣りに熱中するとゆうことは自然のすべてを見るということです。

時期や場所によりあらゆる生物相が重なってミラクルなパターンが存在します。
釣りは最高に面白い。

そして、アマゾン中にいつでも帰っておいでというアミーゴ、家族ができた。
これがなによりもうれしいんです。

釣り旅とは本当にいいものです。



まだ見ぬ未知の魚を求めて私の旅はまだまだ続きます。
投稿者:TERU
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ